宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

平成30年度第1回大崎地域農業改良普及活動検討会を開催しました

2018年09月14日 09時20分35秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

 普及センターでは,農業者や地域住民に理解され,効率的で効果の上がる普及指導活動を推進するため,毎年外部の委員(普及活動検討委員)から御意見を頂く大崎地域農業改良普及活動検討会を開催しており,今年度第1回目となる検討会を9月4日に開催しました。
  はじめに,普及センターとして最も重点的に取り組むプロジェクト課題の対象である,あ・ら・伊達な道の駅農産物出荷組合員の今野氏の露地ぎくと湧き水を活用し昨年から,せり生産を開始した農事組合法人葛岡のせりの生産現場を視察し,日頃の普及活動や現場での課題などについて地元生産者との意見交換を行いました。
 その後,大崎市岩出山総合支所に会場を移し,今回の検討課題である「地域資源を活用した中山間地域での園芸品目の生産拡大」についてこれまでの活動状況を説明し,今回御出席いただいた4名の委員からこの半年間の普及活動に関する評価や,今後の活動に対するアドバイスをいただきました。
 課題の設定については,「中山間地域の所得向上につながる,資源特性を活かせる対象品目を選定しており効果的」との意見をいただいたほか,若い担い手の育成を重要視する意見を多くいただきました。
 普及センターでは,今回いただいた貴重な提言を今後の普及活動に活かし,生産者から頼られる普及活動を行っていきます。
 
<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      地域農業班
 TEL:0229-91-0727   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« 宮城県農業大学校の先進農業... | トップ | みやぎ農業未来塾を開催しま... »
最近の画像もっと見る

⑦農村地域の振興に向けた取組支援」カテゴリの最新記事