宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

酪農家と消費者による産地見学会が開催されました

2018年09月25日 15時56分05秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年9月12日に大崎市鳴子温泉上原地区の片倉正人さんの牛舎や上原酪農指導センターを会場に,みやぎ生協の畜産委員会メンバー13名と上原酪農組合員による産地見学会が開催されました。片倉さんは,鳴子上原地区11戸で組織する上原酪農組合の組合長を務めており,酪農組合員とともに生産した生乳をみやぎ生協へ「めぐみ野 鳴子上原酪農牛乳」として供給しています。
 片倉さんの牛舎は,平成26年12月に大雪の被害を受けて倒壊したため,近隣の離農した牛舎を借りていましたが,本年7月から飼料自動給飼機や搾乳ユニット搬送レールを整備した自宅の新牛舎が利用できるようになりました。
 見学会に参加した方々は,牛舎でこれら作業環境改善のための設備や飼養管理の工夫について説明を受けるとともに,上原酪農指導センターへ移動してから組合員の奥さま方も加わり,手料理の昼食を食べながら交流を深めました。「牛舎が衛生的だ」,「酪農組合員に若い後継者が多く頼もしい」などの感想があり,今回学習したことを各地域に持ち帰って伝達するとのことでした。
 片倉さんは,「新牛舎へ引っ越ししたことにより環境が大きく変わったため,生産が安定するまでには半年くらいかかる。」と語っていましたが,今後は繁殖性向上や増頭に向けて乳用牛群検定の成績も活用しながら支援していきます。
<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      先進技術班
 TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« 蔵王町でイノシシ対策用ワイ... | トップ | 平成30年度宮城県総合畜産... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事