宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大崎管内3カ所で「だて正夢」「金のいぶき」現地検討会を開催

2019年07月02日 14時16分19秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 令和元年6月27日に大崎市岩出山でJAいわでやま主催「令和元年度『だて正夢』『金のいぶき』現地検討会」が行われました。
 検討会には生産者や関係機関など20名が参加し,大崎農業改良普及センターより「ひとめぼれ」と比較した品種特性や追肥の重要性について説明しました。昨年も現地検討会を行ったほ場の生産者からは,「検討会での指導に従って追肥を行ったところ,期待以上の収量だった。」との意見がありました。
 大崎農業改良普及センター管内は,「だて正夢」では県内作付面積の約20%,「金のいぶき」は同じく約15%を占めており,さらなる生産拡大と品質向上が期待されています。
 7月11日にはJA加美よつば,7月17日にはJA古川の生産者を対象とした検討会を引き続き開催することにより,生産技術の向上を図ります。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      先進技術班
  TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« 第54回宮城県ブラックアンド... | トップ | 「栗っこズッキーニ」がテレ... »
最新の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事