宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

いちごの防除研修会を開催しました。

2019年10月31日 17時14分07秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 いちごの生産現場では,潜在感染株による本ぽへの菌の持ち込みや水はねによる伝染が問題となっています。そのため,令和元年10月21日にJAいしのまき情報センターにおいて「いちごの炭疽病および萎黄病に関する研修会」(JAいしのまき,石巻普及センター共催)を開催したところ,生産者約40名,関係機関約20名など多くの方が参加しました。
 基調講演として栃木県農業試験場研究開発部病理昆虫研究室室長の福田充氏から,炭疽病,萎黄病の発生要因と対策,また参考として,その他のいちごの病害について,写真を多く用いながら分かりやすく説明,紹介を頂きました。
 次に情報提供として,園芸振興室の松谷氏より,今年度本格デビューを迎える宮城県育成いちご新品種「にこにこベリー」の生産振興及び販売プロモーションについて説明をいただきました。
 生産者からは,「病害の見分け方について参考になった」という意見が多く,「説明が分かりやすくタイムリーな話題だった」と好評でした。この研修会をきっかけに,いちご病害の防除の基礎を見直し,より徹底して対策を行うことが期待されます。


<連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第2班
  TEL:0225-95-1435    FAX:0225-95-2999
この記事についてブログを書く
« 水稲種子生産物審査を行って... | トップ |  鬼首でそばの収穫体験が行わ... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事