宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

集落営農法人の視察研修を行いました

2017年03月03日 18時09分29秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 組織運営の改善や人材確保等の課題解決に向けて、色麻町の農事組合法人「グリーン・アース大原」が視察研修を行いました。
 始めに、収益向上を図るため、(株)渡辺採種場瀬峰研究農場において、導入を検討している露地園芸作物について情報収集を行いました。作りやすいハクサイの品種や、これから播種時期を迎えるナスやホウレンソウの品種について講師の説明を受けました。
 次に、集落営農組織の先進事例である農事組合法人三田鳥営農組合(栗原市若柳)において、法人の成り立ちや概要、組織運営体制、活動内容について説明を受けた後、大豆センター内の見学をしました。三田鳥営農組合は、県内初のぐるみ型集落営農法人であり、JAから大豆調整作業を受託することで周年雇用を行っていること、機械や施設装備は最小限として経費の削減に努めていることなどの説明を聞きました。参加した構成員はいずれの視察先でも熱心に質問をしており、今後の法人運営の参考とすることができました。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター 地域農業班
 TEL:0229-91-0726 ,0727   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« 女性参画研修会を開催しました | トップ | 地域農産物を活用した加工研... »
最新の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事