宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

仙南地域の食材を浅漬けにしてお届け(新しい蔵王漬物センター完成)

2011年08月09日 16時50分59秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成
 平成23年7月29日(金)に新しい「JAみやぎ仙南 蔵王漬物センター」竣工落成式が開催されました。
 蔵王漬物センターは,夏、秋は古漬けきゅうりの塩蔵加工、冬はたくあん漬等漬物を周年販売する施設として,昭和46年に設置されました。
 しかしながら,消費者の嗜好は古漬けからサラダ感覚の浅漬けに変化し,販売店や消費者からも,浅漬けがもっと欲しいとの要望が強かったのですが,浅漬けラインが手狭で生産量を増やせずにいました。
 このようなニーズに対応するため,今までの漬物センターに隣接する形で,新しい蔵王漬物センターを新築することになりました。JAでは,新蔵王漬物センターを仙南地域の農産物高付加価値化拠点施設として位置づけて,生産農家に加工原料(きゅうり,なす,はくさい等)の増産を推進しており,今後,これらの農産物を活用した浅漬け(きゅうり漬け,なす漬け等)が本格的に加工販売されることになります。
 また,昨年,蔵王町産の「日本なし」と丸森町産の「ヤーコン」を利用した「梨キムチ」の新商品開発にも取り組んでおり,今秋から本格販売する予定です。


テープカット


新蔵王漬け物センター

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター  先進技術第二班 
       TEL:0224-53-3431  FAX:0224-53-3138


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 全国農業コンクールで有限会... | トップ | 登米の農業を支える女性農業... »
最近の画像もっと見る

②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事