宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

栗原市瀬峰で“田んぼアート”の田植えが行われました!!

2017年06月05日 10時43分02秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

  平成29年5月28日(日)に“田んぼアート”の田植えが行われました。瀬峰地区では,環境にやさしい栽培方法で育てた農産物を「エコ・せみね」のブランド名で推進しており,その認知度向上と,食と農と地域を結ぶ絆を深め合うことを目的として,“田んぼアート”を制作しています。“田んぼアート”は地域の農業者などで構成される実行委員会が主催しており,今年で10年目を迎えます。今年の図柄は,今年の9月7日から仙台市で開催される第11回全国和牛能力共進会宮城県大会のマスコットキャラクターの「牛政宗」です。

 当日は青空の下で小学生を含む約40人が田んぼのぬかるみの中をあちこち歩きまわり,苗が倒れないように土に挿すこと,間隔を開けて苗を植えることなどのアドバイスを受けながら,紫稲や黄稲を丁寧に植えていました。田植えの終了後には,小牛田農林高校の生徒による全共の候補牛のデモンストレーションが行われ,調教の成果が披露されました。牛に触れる時間も設けられ,子供達は牛とのふれあいを楽しみました。

 “田んぼアート”は栗原市瀬峰泉谷地区にあり,東北本線の田尻駅-瀬峰駅間の線路沿いなので,電車の車内からも眺めることができます。7月中旬頃が見頃となるので,ぜひお越しください。

 

 

<連絡先>

宮城県栗原農業改良普及センター 地域農業班    

TEL:0228-22-9404     FAX:0228-22-6144

この記事についてブログを書く
« 村田ファーミーズで野菜研修... | トップ | 2年目に突入したJAあさひ... »
最新の画像もっと見る

⑦農村地域の振興に向けた取組支援」カテゴリの最新記事