宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

第2回みやぎ園芸振興大賞(宮城県知事賞)を受賞しました

2019年04月26日 10時41分47秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 平成31年4月22日,平成31年度宮城県園芸振興大会が開催され,その中で「みやぎ園芸振興大賞表彰」等の表彰式が行われました。大賞には3団体が選出され,当普及センター管内からは,有限会社 杜のいちご(七ヶ宿町)とみやぎ仙南農業協同組合蔵王地区なし部会(蔵王町)が受賞されました。

 (有)杜のいちごは,平成12年から夏秋いちごに着目し,2haで年間63tを生産,化学合成農薬の低減やヒートポンプの導入による燃料コストの削減に取組み,平成30年にはグローバルGAP認証を取得しました。今後は,冬季もユーザーニーズに応えられるような栽培体系を構築し,杜のいちごグループの更なる発展を目指したいと語っています。

 みやぎ仙南農業協同組合蔵王地区なし部会は,栽培面積70haで幸水,豊水等を生産し,主に仙台や京浜市場へ出荷しています。県内で唯一,日本なしの選果場が稼働しており,平成29年にベトナムへ輸出を行い,続いて,平成30年には香港へ輸出しました。今後も香港への輸出を計画しており輸出の取組は,農家所得の向上や生産拡大につながることが期待されています。

 

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター 先進技術第二班  TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

この記事についてブログを書く
« 放牧事業の安全を願い牛魂祭開催 | トップ | 今年も「にいつき軽トラ市」... »
最新の画像もっと見る

②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成」カテゴリの最新記事