宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大島特産果樹研究会のせん定講習会が開催されました

2019年03月29日 13時21分21秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 気仙沼市の大島特産果樹研究会では,大島で採れたブルーベリー「アイランドベリー」の特産化に向けて取り組んでいますが,先日,同研究会主催のせん定講習会が,島内2か所の園地で開催されました。

 講習会では,普及センターの職員が講師となり,樹皮につやが無い古い枝を間引いて若い枝に更新することや,内側に伸びた新梢は外側を向く葉芽の上で切り返すことなどを説明し,実技を行った後に,参加者全員で数株ずつせん定を行いました。

 平成31年4月7日には大島架橋が供用開始となることから,普及センターでは,ブルーベリーやかき,びわなどの特産化に向けた同研究会の活動について,これまで以上にきめ細かく支援していきます。

 

<連絡先>

宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班

〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階

TEL:0226-25-8069   FAX:0226-22-1606

E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 村田町小泉地区に農作物有害... | トップ | 平成30年度みやぎスマート農... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事