宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

農業法人の新入社員が“社会人の心得”を学びました

2019年04月17日 11時55分38秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 東部地方振興事務所登米地域事務所地方振興部では,管内企業に就職した新入社員を対象に,社会人としての心得等を学ぶ機会を提供し,地域の発展に資する企業及び人材育成を支援しています。

 今年度の研修は,平成31年4月9日(火)に登米合同庁舎を会場に,14社から31人が参加して行われ,このうち,登米農業改良普及センターからの働きかけにより,農業法人2社から新卒者2人が参加しました。

 朝から夕方までの1日がかりの研修会では,ベテラン講師の助言のもと,少人数グループの討議方式で進められ,社会人の心構え,ルール,スキルを中心に学び合いました。

 昨今,担い手不足による農業法人の経営承継が課題になる中,この研修で学び,感じたことの実践を通じ,将来の法人経営や地域農業を牽引する存在になってほしいと願います。

 普及センターでは,研修会等を通じ,法人経営が抱える課題解消に向けた支援を継続してまいります。

 

<連絡先>

          宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班

          〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5

          電話:0220-22-8603 FAX:0220-22-7522 

この記事についてブログを書く
« 播種機の高速・高精度・汎用... | トップ | みやぎ仙南果樹産地協議会が... »
最近の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事