宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

みやぎ仙南果樹産地協議会が設立しました

2019年04月18日 14時05分28秒 | ⑥地域農業の構造改革に向けた取組支援

平成31年4月12日(金),JAみやぎ仙南本店で「みやぎ仙南果樹産地協議会」の設立総会が開催されました。
 始めに事務局から設立趣意書の説明があり,その後の役員選出で,会長には,JAみやぎ仙南蔵王地区なし部会長の斎藤氏,副会長には,JAみやぎ仙南白石地区果樹部会長の菊地氏,監事にJAみやぎ仙南蔵王地区梅部会長の我妻氏がそれぞれ選任されました。
 果樹産地協議会は,果樹産地の担い手が行う優良品目や品種への改植,小規模園地整備など果樹経営の基盤を強化する取組に対し,国が支援する事業の受け皿となる組織で,県内では初めて設立されました。
 斎藤新会長からは,近年,仙南地域も高齢化等により園地の荒廃が目立っているが,事業を活用して環境整備を行うことで後継者が就農したくなるような果樹経営に繋げていきたい,と抱負の言葉がありました。
 普及センターでは,今後も産地計画の作成や事業導入に向けた支援を行っていきます。

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター 先進技術第二班
     TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 農業法人の新入社員が“社会人... | トップ | 新たな高収益作物栽培への取... »
最近の画像もっと見る

⑥地域農業の構造改革に向けた取組支援」カテゴリの最新記事