宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「スマート農業先進県みやぎ」目指して! 水田管理作業を「ラク」にするスマート農業技術の実演会を開催

2019年08月30日 17時53分14秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

  県では,農業者,農業機械メーカー,試験研究機関,関係団体等とコンソーシアムを組み,「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(農林水産省)」に取り組んでいます。

  本実証事業では,生産から出荷までの一貫体系にスマート農業技術を導入し,生産性や経営面での検証,評価を行うほか,スマート農業技術について,農業者や関係機関の皆様の理解を深める活動を展開しています。

  この取組の一つとして,令和元年8月22日(木)に実証農場の(有)アグリードなるせ(東松島市野蒜)のほ場等を会場に「大規模水田作のスマート農業機械現地実演会(第2弾)」を開催しました。今回は,「水田管理作業のスマート農業技術の活用」をテーマに,農薬等散布に用いる「マルチローター(ドローン)」,水田水管理用の「給排水遠隔制御装置(電動アクチュエーター)」,畦畔等除草作業用の「ラジコン草刈機」を取り上げ,マルチローターによる農薬散布作業と「ラジコン草刈機」の除草作業を実演しました。

 当日は,農業者や関係機関の担当者など約150名が参加しました。実演でドローンを操作するのは1か月前に講習を受けたばかりの従業員でしたが,GPSの位置情報に基づき自動で農薬を散布する機能の活用によりスムーズに散布することができました。

  続いて行われたラジコン草刈機の実演では,傾斜地など危険な場所に人が入ることなく,遠隔操縦で除草作業を行うラジコン草刈機の動きを多くの参加者が関心をもって見つめていました。

  また,会場に展示された「給排水遠隔制御装置」は水田に行くことなく,家や事務所からスマートフォンで水管理ができるということで,多くの参加者の関心を集めていました。

  今回,紹介したスマート農業の技術は水稲移植後の基本作業である水管理や雑草管理,防除作業を省力化できる技術であり,農業者の高齢化や担い手の減少が進む中,本県の稲作を守っていく上で重要な技術になると考えています。

  今後「スマート農業機械現地実演会(第3弾)」として,「自動走行コンバイン」による稲刈り,「ロボットトラクタ」等よる耕起作業などの実演会を開催し,スマート農業技術について,広く普及を進めていくとともに,実証事業による成果を活用して,県内すべての大規模土地利用型農業法人へ導入・活用されるように進めていきます。

<連絡先>

宮城県農政部農業振興課 普及支援班

〒980-8570 仙台市青葉区本町三丁目8番1号

TEL:022-211-2837 FAX:022-211-2839

E-mail:nosin@pref.miyagi.lg.jp

この記事についてブログを書く
« 意見活発!きゅうりの半促成... | トップ | 若手女性農業者が農場PRの... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事