宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JAみやぎ仙南夏秋胡瓜部会出荷反省会が行われました

2018年12月28日 11時49分47秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成30年11月21日(水)にJAみやぎ仙南夏秋胡瓜部会出荷反省会が行われました。
 普及センターからは,今年の生育概況についてお話ししました。今年は生育初期から高温と干ばつに悩まされ,台風の連続発生の影響を受け全国的に出荷数量不足の年となりました。厳しい気象条件の中でしたが,JAみやぎ仙南夏秋胡瓜部会は出荷数量,販売金額共に前年を上回り,順調に出荷を終えることができました。生産者の皆さんの努力の成果が現れた年となりました。
 市場の担当者の方からは,例年の課題となっていたフケ果(果実の先端部が流通中に肥大する症状)も,今年はクレームがほとんどなく,生産者の皆さんの品質向上の意識が向上したおかげとのお褒めの言葉をいただきました。
 今後も普及センターでは仙南地域の夏秋きゅうりの安定生産を支援していきます。

〈連絡先〉宮城県大河原農業改良普及センター 先進技術第二班
     TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« JA加美よつばねぎ部会栽培講... | トップ | プンタレッラ出荷目揃い会が... »
最近の画像もっと見る

③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営」カテゴリの最新記事