宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大崎市営鳴子放牧場で令和元年開牧式が行われました

2019年05月13日 08時50分47秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 令和元年5月8日に大崎市鳴子温泉鬼首にある大崎市営鳴子放牧場で黒毛和種雌牛の放牧が始まりました。当放牧場は,東日本大震災等の影響により一時利用を中断し,平成27年に放牧を再開してから5シーズン目となりました。
 当日は80頭あまりが放牧され,牛たちは早速青々とした牧草を食んでいました。放牧は,生産者の飼養管理の負担を軽減するとともに,牛の足腰を強くし,繁殖機能を改善する効果が期待できます。本年11月中旬の閉牧まで,100頭あまりが放牧される予定です。
 普及センターでは,放牧地の土壌分析を継続的に実施して施肥設計を行うなど,草地の維持や施肥管理について助言していきます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      先進技術班
 TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« みやぎ農業未来塾(就農準備... | トップ | JAみやぎ登米花卉部会スト... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事