宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「加工用キャベツ現地検討会」の開催

2019年10月18日 17時15分00秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 令和元年10月15日に,JAみやぎ登米キャベツ部会主催で「加工用キャベツ現地検討会」が開催されました。
 登米市のキャベツは,国の指定産地で,「地中海キャベツ」のブランドで栽培に取り組んでいます。近年,加工業務用需要の高まりに合わせ,食味だけでなく加工適性を重視した加工用キャベツの栽培にも取り組んでおり,良品出荷に向けた現地検討を行いました。
 現地検討会では,台風第19号の影響や生育状況を確認し,幸い,大きな被害もなく,順調な生育で,収穫に向けて引き続き丁寧な管理を行うこととしました。
 今回の台風で冠浸水被害を受けたほ場もあり,出荷量の減少が懸念されますが,天候不順下においても需要にしっかりと応えられるように,部会員が協力し,部会として真摯に良品出荷に取り組んでいく意向です。
 普及センターでは,農産物の安定生産に向けた産地の取組を支援してまいります。

 

    <連絡先>
          宮城県登米農業改良普及センター 先進技術班
          〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
          電話:0220-22-6127 FAX:0220-22-7522 

この記事についてブログを書く
«  「JA新みやぎ小牛田いちご... | トップ | 次世代アグリウーマンステッ... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事