宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

4Hクラブ「令和元年度登米市農村教育青年会議」が開催されました

2020年02月07日 10時58分43秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保
令和2年1月19日(日),登米市中田町宝江ふれあいセンターで登米市4Hクラブ主催の「令和元年度登米市農村教育青年会議」が開催され,クラブ員9名が参加しました。

この会議は,登米市農業の将来の中核的担い手となる青年農業者が,4Hクラブ活動を通じて得た成果を互いに発表,情報交換することで,直面する課題の解決方法を探るとともに,農業と農村の発展に資することを目的としたものです。

当日はプロジェクト発表の部2名,意見発表の部2名が発表を行いました。

管内農業士や関係機関等からなる審査員による厳正なる審査の結果,以下の2名が最優秀賞を受賞し,2月1日(土)に仙台市・エスポールみやぎで開催される宮城県農村教育青年会議へ登米地区代表として派遣されることとなりました。

○プロジェクト発表の部
 ・阿部善光「愛を米て農産物を!!~3代目Farmer’s Spirit~」
○意見発表の部
 ・柳渕泰孝「就農1年目。私の夢と目標。」

地区代表となった2名は,審査員からの助言や講評を参考に,発表内容を充実させて,県青年会議へ挑む予定です。

<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班
〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電話:0220-22-8603 FAX:0220-22-7522

この記事についてブログを書く
« にこにこベリー”debut party”... | トップ | JA新みやぎ仙台小ねぎ部会連... »
最新の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事