宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

露地なすの栽培講習会を開催しました

2018年05月17日 15時37分38秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営
JA古川なす部会では,4月23日に大崎市古川のJA古川営農センターで露地なす生産者を対象とした栽培講習会を開催しました。講習会には生産者8名が参加し,本年の栽培に向けた管理作業等の確認を行いました。
 はじめに株式会社渡辺採種場の担当者から定植作業の準備と定植後の管理について説明があり,風よけとしてなすと同時にソルゴーを植栽するのが有効であると指導がありました。次に普及センターから農薬の適正使用と昨年度問題となったオオタバコガやナメクジの防除について説明しました。生産者からはソルゴーの播種方法について質問があり,生産に向けて意欲が高まっていたようです。
 本年の露地なす定植は例年通り5月下旬頃となる見込みです。普及センターでは,露地なすの安定生産のため今後も継続して支援していきます。




<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班
 TEL:0229-91-0726  FAX:0229-23-0910
この記事についてブログを書く
« 亘理町のカーネーション生産... | トップ | 宮野森小学校で田植体験の校... »
最近の画像もっと見る

③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営」カテゴリの最新記事