宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JA古川いちご部会が亘理地域を視察しました

2017年02月02日 16時47分07秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

1月24日,JA古川いちご部会が亘理普及センター管内のいちご栽培農家2戸を視察しました。
 亘理普及センター担当者の案内で,亘理町吉田浜にある震災後にできたいちご施設団地を見学しました。施設内では最新式の養液栽培の高設ベンチに「もういっこ」が栽培されており,廃液の確認がしやすい仕様になっていました。そこでは養液の管理方法や,受粉用ミツバチとマルハナバチの併用について説明を受け,気温の低い古川でもさっそくマルハナバチの使用を検討したいという部会員の声が聞かれました。また,JA古川いちご部会では「とちおとめ」を栽培し,芽なし株が出ていますが,亘理の「もういっこ」でも芽なし株が出ていることなどから,育苗期の管理方法についても話題になりました。施設内の装備で,クラウン加温チューブや内張りのカーテン資材,ハウス全体の管理方法等多くの質問が出ました。
  2か所目は土耕でいちご栽培を行っている亘理町開墾場の圃場を視察しました。そこでは井戸水を利用したウォーターカーテンによる保温で「もういっこ」を栽培していました。震災後は井戸水の水質が一定でないためかん水には利用できないが,保温に地下水を使えば経費がかからないことや,土耕はうねづくりや定植は大変だけど,管理はしやすいという生産者の説明がありました。
  今回の視察研修では,部会各人がそれぞれの栽培方法でのメリット,デメリットについて確認でき,今後の栽培に向けて参考になることと思います。

 

 <連絡先>

  宮城県大崎農業改良普及センター      先進技術班
 TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« 平成28年度仙南農業士会研修... | トップ | 農産物直売所出荷者への栽培... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事