宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

秋まき直播たまねぎの栽培実証が行われました

2021年09月22日 16時47分59秒 | ④園芸産地の育成・強化支援

 山元町の株式会社やまもとファームみらい野では,大規模に露地・施設野菜を栽培しています。特にたまねぎは15ha以上栽培しており,主要品目になっています。

 現在たまねぎ栽培は,ほとんどが移植栽培で行われており,育苗期間が長く,育苗本数も24000本/10a程度と多いため,多くの育苗時間と資材費がかかることが課題となっています。この課題を解決するため,やまもとファームみらい野では,昨年度から試験的にたまねぎの直播栽培に取り組んでいます。9月14日に畝立て,直下施肥,溝底播種を同時にできる作業機を農研機構から借りうけて播種作業が行われました。作業は,一畝当たり(長さ100m)10分前後で進み,スムーズに作業ができていました。今回播種したたまねぎは,来年の6月ころに収穫される予定です。

 普及センターでは,関係機関と連携し,たまねぎの直播栽培技術の確立に向けて支援を行ってまいります。

作業の様子

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター 先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 登米産いちごの早期安定出荷... | トップ | 令和3年度第1回普及活動検... »
最新の画像もっと見る

④園芸産地の育成・強化支援」カテゴリの最新記事