宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

令和3年産の南三陸米新米の出荷が始まりました。

2021年10月11日 11時45分11秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

 9月27日に本年産「南三陸米」の新米出発式が行われ,今年もおいしい「南三陸米」が無事皆様の食卓に届くよう,市長はじめ関係者が出荷を見送りました。

 「南三陸米」は,JA新みやぎ南三陸地区本部管内の気仙沼市,南三陸町及び登米市津山町で育てられ,栽培履歴が明確な「ひとめぼれ」のうち,一等米のみを対象にしています。

 今年は8月上旬まで高温が続き生育がかなり早まった一方,お盆前後は一転して長雨による低温・寡照が続きました。稲の栽培には厳しい条件となりましたが,農家の皆様の努力により,高い品質を維持することができています。

 今年も素晴らしい品質に仕上がった「南三陸米」,秋の味覚としてぜひ御賞味ください。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第51回東北農村青年会議で... | トップ | 農業大学校の先進農業体験学... »
最新の画像もっと見る

⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給」カテゴリの最新記事