宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

平成29年産たまねぎの定植が無事終了しました

2016年11月10日 16時53分12秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 JA加美よつばでは,たまねぎの播種から収穫,調製までの作業体系の機械化や施設整備に取組み,生産振興を図っています。普及センターでは,機械化一貫体系に適合した育苗管理や除草管理の定着に向けた支援を継続しているところです。
 昨年は暖冬傾向で推移し,春先も気温の高い日が多かったため,全体的に収量は増加しましたが,抽台により収穫を断念したほ場もみられました。そのため,今年は播種時期を遅らせることや育苗培土の変更等について助言し,苗は概ね順調に生育しました。定植作業は,10月20日以降,JAが導入した畝成形機や移植機等により順次行われました。
 普及センターでは,たまねぎ産地の生産力向上に向けて,今後も病害虫防除指導や効率的な除草対策の提案等を行う予定です。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター 先進技術班
 TEL:0229-91-0727   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« つぼみ菜栽培講習会の開催 | トップ | JAあさひなまつりが開催さ... »
最新の画像もっと見る

③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営」カテゴリの最新記事