宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

石巻農業士会現地視察交流会を開催しました

2020年02月18日 09時15分53秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 石巻農業士会は,令和2年2月3日から4日にかけて,現地視察交流会を開催し,7名の会員が参加しました。 
  今回の内容は,①有限会社 川口グリーンセンターの取組,②ブルーファーム株式会社が企画し,岩出山・鳴子地域の生産者の方々と共に行っている「農ドブル」の体験,③有限会社 今野醸造の取組について現地視察研修を行いました。

 ①有限会社川口グリーンセンター 白鳥代表取締役より「地域農業の担い手として、農地を守る」という強い意志に一同感銘を受けると同時に、更なる規模拡大や事業展開を計画していることについて、経営基盤の安定化が大変重要だということを教えていただきました。
 ②ブルーファーム株式会社 早坂社長より,「農ドブル」で農産物を食文化と共にブランディングをしていることを紹介いただきました。加えて,早坂社長をはじめ、生産者の方々,研修場所を提供いただいた大沼旅館の大沼社長と情報交換ができ、参加された会員の資質向上につながる新たな刺激を得ることができました。
 ③有限会社今野醸造 今野代表取締役から,醸造の施設を見せていただきました。良質な味噌や醤油を製造するために、自ら大豆の作付けを始めたという信念や,地域のことを考えながら大豆の生産から味噌、醤油の醸造に取り組まれ,地域と一体となった活動をされていることに、効率や利益だけにとらわれない本来の製造業の姿を感じました。

今回の現地視察交流会では,会員の情報交換や親睦も図られ,有意義なものとなりました。

 <連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999

この記事についてブログを書く
« みやぎ農業未来塾「農薬の基... | トップ | 令和元年度第2回石巻地域普... »
最新の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事