宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JA加美よつばねぎ部会栽培講習会が開催されました

2018年12月28日 11時29分31秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成30年12月25日にJA加美よつば主催のねぎ部会栽培講習会が中新田支店で開催されました。講習会には生産者30名の他,講師として(株)横浜植木,普及センターの担当者が参加しました。今年は8月以降の台風の影響で,ねぎが折れたり倒伏する被害があり,さらにタネバエとタマネギバエが例年より多く発生するなど,ねぎ栽培が難しい一年でした。
 講習会では,初めに(株)横浜植木の担当者から倒伏しにくい品種の紹介があり,続いてその品種に適する作型や施肥等の栽培管理について説明がありました。品種以外にも,防鳥ネットを利用した倒伏防止用の支柱の設置例について,写真を交えて説明がありました。
 次に普及センターから,タネバエとタマネギバエの生態と防除について説明しました。両種の被害は春と秋に多い傾向があること,未熟な堆肥や被害株の臭いに誘引される性質があるため,堆肥は完熟したものを使用し,植物残渣はほ場にすき込み後作定植まで期間を十分確保して分解させること,定植時の薬剤処理を確実に行うことを指導しました。
 生産者はねぎ栽培や病害虫防除について積極的に意見交換することができ,有意義な検討会となったようです。本講習会をきっかけに,適正な栽培及び病害虫管理が実施され,より高品質なねぎが生産されることが期待されます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター 先進技術班
 TEL:0229-91-0726 FAX:0229-23-0910

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 第三者認証JGAPの取得に向け... | トップ | JAみやぎ仙南夏秋胡瓜部会出... »
最近の画像もっと見る

③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営」カテゴリの最新記事