宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

土地利用型作物(水稲,大豆)の生産向上を目指し,農業法人を対象に社内技術研修会を開催しました。

2019年03月04日 12時42分55秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 石巻農業改良普及センターでは,平成31年2月21日,27日の2日間,東松島市奥松島地区の1法人に対し,土地利用型作物を対象に社内技術研修会を開催しました。法人では,農地復旧により年々作付面積が増加していることや,水稲乾田直播といった先進技術を導入するなど,安定生産において栽培技術に関する不安定要素が多く,それらの解消が課題となっていました。本研修会では,平成31年産の作付に向けた支援として,普及センター職員が講師を務め,「水稲乾田直播」,「転作大豆」,「土壌肥料」をテーマに説明し,その後,フリーディスカッションで意見交換を行いました。参加者からは,基礎的な内容から応用的な内容の質問まで幅広く出され,大変有意義な研修会となりました。3月からは,種子やほ場の準備が始まるため,実際の作業に立ち会いながら技術支援を展開する予定です。普及センターでは,今後も地域農業の発展を担う法人の支援に取り組みます。

 <連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター 地域農業班班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999

この記事についてブログを書く
« 大唐桑の土づくり・せん定講... | トップ | JA南三陸農業青色申告会パソ... »
最近の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事