宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

大崎市岩出山産の種雄牛候補「稚洋」産子の巡回調査

2020年02月10日 09時40分26秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 令和2年2月5日にJA新みやぎいわでやま地区本部管内で種雄牛候補「稚洋(わかひろ)」産子の巡回調査を行いました。
 県畜産試験場で繋養している種雄牛は,県内の繁殖農家で生産された雄子牛を調査,選抜し,さらにその産子を生産,肥育して肉質調査を行うなど6年あまりの年月と,生産者をはじめ多くの関係機関の協力によって造成されています。
 「稚洋」は,「勝洋」を父として平成28年8月に生まれました。種雄牛候補として調査したところ,特に発育に優れ,兄弟などの成績から良好な肉質を期待されています。試験交配を行い生産された子牛33頭中,いわでやま地区本部管内からは5頭が生産されたため,今回発育や体型を調査しました。
 5頭の生産者は,玉造和牛改良組合の山口組合長や繁殖農家組織「若牛会」の会員で,いずれも和牛改良に積極的に取り組んでいます。その成果として,地元から種雄牛が選抜されるよう期待しています。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      先進技術班
 TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« JA新みやぎ仙台小ねぎ部会連... | トップ | 地域の営農継承に向けて~農... »
最新の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事