宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JAみやぎ仙南角田梨部会の現地検討会が開催されました

2019年08月16日 11時32分27秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

  宮城県内有数のなし産地である角田市では,JAみやぎ仙南角田地区梨部会の11人が約13haのなし園を経営しています。

 去る8月5日(月),部会の現地検討会が開催され,普及センター担当者が気象経過,果実肥大状況,病害虫防除及び今後の管理について情報提供を行った後,部会員のほ場を巡回しました。 

 検討会では各園主から施肥,摘果,病害虫防除等栽培概要について報告があり,意見交換が行われました。今年は4月の凍霜害,6月から7月の低温・日照不足の影響が心配されましたが,生産者の努力により,例年どおり出荷できることが確認できました。

 角田地区梨部会では8月21日から幸水を始め,豊水,あきづき,新高の順に10月まで出荷する予定です。主にみやぎ生協や産地直売で販売されますので,ぜひ御賞味ください。    

 

<連絡先> 大河原農業改良普及センター 

      TEL:0224-53-3496 FAX:0224-53-3138