宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

津波被災からの復活 JA仙台トルコギキョウ生産組合

2013年06月28日 17時20分55秒 | ⑧東日本大震災からの復興に関する支援
津波により組合員の半数が被災し,土壌の除塩等で作付が行われていなかったJA仙台トルコギキョウ生産組合(会長佐藤とみ氏・会員15名)では,今年度より組合員全員がほぼ震災前のレベルまで作付を復活させました。
 6月24日に,8月出荷のトルコギキョウと,新たに導入した小菊の生育状況を確認する現地検討会が開催され,津波被災した組合員のハウスを巡回しました。
 自宅やハウス・農業機械も流失した組合員は,仮設住宅から通いながら元の場所にハウスを再建し,仲間の支援を受けて作付を再開しました。復旧と同時にハウスを新設して規模拡大した組合員もいました。
生育は概ね順調で,組合員は以前のような活気を取り戻し,地域の方々に地元で生産された花を届けるため,細心の注意を払い栽培管理をおこなっています。8月には販売イベントも企画されており,賑わいが戻ってくることが期待されます。

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8320
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.jp

JAあさひなりんご部会現地検討会

2013年06月28日 16時50分56秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 JAあさひなりんご部会は部会員数9名で黒川郡4町村あわせて約6haの栽培面積があります。部会では,普及センター職員を講師に年3回の巡回講習会を開催しており,6月25日に今年1回目の講習会を開催し6名の参加がありました。
 当日は参加者のほ場を全員で巡回しながら各々の管理状況や病害虫の発生状況の確認を行いました。
 今年は開花期間の低温の影響や発芽期以降の少雨の影響で結実量の確保や果実肥大の遅れが心配されましたが,平年よりも若干少ないものの十分な結実が確保されており,果実肥大もほぼ平年並みとなっています。
 東北地方南部は6月18日に梅雨入りしましたが,その後の降水量が少なく推移しているため,特に目だった病害の発生もなく,心配されたハダニ類の発生も確認されませんでした。
 普及センターからは,
・これまでの生育状況について
・この時期の管理 仕上げ摘果について
・今後の気象予想と病害虫の発生予想について
等の説明を行いました。
 普及センターでは今後もJAあさひなりんご部会員の技術向上を支援していきます。

<連絡先>
宮城県仙台農業改良普及センター
〒981-8505 宮城県仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8410
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.jp