無実の無期懲役囚・星野文昭さんの再審開始と早期釈放を実現するために、宮城県を中心に支援を広める活動を行っています。
みやぎ 星野文昭さんを救う会



 本日、岩沼市近郊で、みやぎ星野さんを救う会主催の「団結!芋煮会」を行いました。13名の大人と2名の子どもで、にぎやかに、すがすがしい秋の一日を満喫しました。詳しくは、明日報告します。とりあえず手元にある写真=恒例の絵手紙=です。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 『愛と革命』の本屋展開に熱中していますが、お知らせです! みやぎ星野文昭さんを救う会 恒例の「団結!芋煮会」を今年も同じ岩沼市の郊外で行います。秋の一日を大自然の中で、ゆったりと語らいながら、すごしましょう。2年前から始めた星野さんへの絵手紙も作りましょう!芋煮汁と鳴門金時いもを食べながら徳島に思いをはせ、交流を深めたいです。初参加もちろん大歓迎!参加希望の方は、コメント入れるか、青柳までご連絡ください。(写真は、昨年の芋煮会風景) . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月8日、みごとな秋晴れ!4年目の芋煮会を行ないました。大人12人(平均年齢は高かった☆)で、芋煮を作り、鳴門金時の大学芋、スイートポテト、うどん汁などのご馳走を楽しみました。お腹がいっぱいになったあとは、昨年に続いて、星野さんへの絵手紙作り。金時芋、すだち、かぼちゃ、ゴーヤ、ほおづき、彼岸花、なす・・・などを見ながら絵筆と格闘。素敵な絵葉書がたくさんできました。途中から、東京から被災地を見に来ていた3人の方が合流。みんなで雀踊りやフォークダンスを習ったりしました。詳しくはまた! . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




秋晴れの一日、みやぎ星野主催の芋煮会が恒例の岩沼で開催されました。徳島から送っていただいた芋を食べ、焼酎を飲みながら、親睦を深めました。落花生収穫や星野さんへの絵手紙を書く時間も作りました。スライドショーの写真をご覧ください。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 先日、みやぎで育てた徳島の鳴門金時いもを何本か徳島・星野さんを救う会に送りました。徳島の方から、お礼の電話・メールをいただきました。「11・7日比谷でお会いしましょう!」とのことです。甘みが少ないので大学芋にして持っていこうかと考えています。 写真は、徳島の方がメールに添付してくれたもの。芋の後ろに写っているのは、2011年星野カレンダーです。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10.11 いも掘り大会の写真です。 本文をご覧下さい。 . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




去年より大きく育ちました。 本文の写真もご覧下さい。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 10月11日、みやぎ星野文昭さんを救う会の第二回「団結!芋掘り・芋煮の集い」を行いました。週間予報の雨模様も前日からすっかり吹き飛び、気持ちのいい芋掘り日和となりました。大自然の中、大人15人、子ども6人の参加でにぎやかにゆったりとした一日でした。  この夏の異常な暑さ続きで、芋の生育が心配されましたが、畑の持ち主の方の様々な工夫によって、昨年より大きい金時芋がたくさん収穫できました。星野さんに写真を送りたいと思います。  本日は、東京の新橋の新事務所開きが行われています。団結を広げて、星野さんを一日も早くとり戻しましょう! . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 10月11日、みやぎ救う会恒例の「星野さん奪還!鳴門金時芋収穫祭として芋掘り・芋煮会を行います。今年は、宮城も猛暑で雨が少なく、芋が育つか心配でしたが、写真のような大きい芋もできたようです。  広々とした、芋畑でおいしい空気をいっぱい吸い込んで、芋掘りをしましょう!楽しいですよ。苗を送ってくれた徳島の救う会にも、掘った芋を送りたいですね。行きたい方は青柳までご連絡下さい。または、コメントに入れて下さい。 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 酷暑が続く7月の週末、Yさんたちが、星野芋の苗の水遣りに行ってくれました。以下、Yさんからのメールです!水遣りに行ける人大募集中! 「夕方、久しぶりに芋畑に行ってきました。  今年は暑くて日照りなので雑草もがんがん伸びます。  雑草がたくさん生えていて一時間かけて草取りをしました。  芋掘りが楽しみです。 」 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )