宮川歯科医院 院長ブログ

堺市西区の宮川歯科医院 院長の宮川和人がブログで色々なことを語ります。

「八丁味噌」の故郷(岡崎市)を訪ねてみた。

2020年10月22日 | 気まぐれ日記

関西、とりわけ大阪で生まれ育った自分にとって、生まれて初めて食べた味噌煮込みうどんの

味は、とても衝撃な出合いだった。

とにかく、味噌の風味が今まで味わったことのない香りとうどんのコシの強さが印象に残った。

いつの日かこの味噌の生産地を訪れてみたいという願望が自然と湧き上がっていった。

偶然にも、JAFのドライブガイドに岡崎市の観光案内が紹介されている記事を目にしたので、

これはよいチャンスだと思い、車にて訪れてみた。

ネットなどの情報から、個人の観光客向けに工場見学が出来ることを知ったので、当日さっそく申し込んでみた。

以前は1万坪ほどの敷地面積があったそうだが、現在7千坪のところで、代々八丁味噌作りを続けてこられたそうだ。

岡崎市のシンボルでもある岡崎城の城主であった徳川家康もこの田楽味噌が大好物であったとの言い伝えが残っている。

いろいろな歴史を刻んでこられた建物の見学の最後に紹介していただいたのが、今も現役で味噌を熟成しつづけている大きな味噌樽

が置かれた蔵だった。

約170年前につくられた昔ながらの木製の樽や昨年作られた新しい樽が見られたことが嬉しかった。

蔵の入り口しか見学出来なかったが、ガイドの方がおっしゃる通り味噌の香りがほのかに漂っているのが感じられた。

見学の後、工場敷地内にあるレストランでデミグラスソースのかかったオムラスを頂いた。

このデミグラスソースにも八丁味噌が使われて、その香りが素晴らしかった。

今度訪れる日があれば、お城の方もゆっくりと散歩をしてみたいと思った。

 

「人生は双六ではない。双六は早く上がった者が勝ちだけど、人生は違う。

そもそも人生には上がりがないから。

人生は遠周りの方が、豊かになることもある。

双六で一回休みになるとがっかりするけど、人生は逆で休んだ(弱さ)事が、休息につながることがある。、」

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「キスリング展」で改めて感じたこと

2020年09月24日 | 気まぐれ日記

 昨年の名古屋市美術館で開催された「岸田劉生展」を訪れて以来、今年からコロナ禍の影響で

興味のあった展覧会が相次いで中止となっていた。

今日、今月から開催が始まったばかりの「キスリング展」が見たくて、

車で美術館「えき」KYOTOを久しぶりに訪ねてみた。

入場券を購入した後、係員の方から名前や電話番号を指定の用紙に記入するように

御指示があり、検温の後、入場出来た。

平日ということもあって、会場はゆっくりと色々な作品を鑑賞出来て嬉しかった。

個人的には、以前から特に彼のどの作品に深く魅力を感じていた訳ではなかったのだが、

彼の描く女性の人物絵にある大きな特徴があることに、気付かされていた。

それはどの人物も顔の大きさに比べて目の大きさが大きく描かれており、

その表情も平面的でどこか物憂げで、虚ろな眼差しをしている作品が多い。

それは彼自身が苦心して到達した女性の表現方法であるように思えた。

それは、彼の親友でもあったモジリアニの影響かもしれない。

それこそが彼の作品が多くの人々を今も魅了しているのかも知れない。

他にも数多くの静物画や風景画が年代別に詳しい解説と共に

展示されていて、とても鑑賞しやすかった。

いずれにしても、このようなコロナ禍の状況でも展覧会で素晴らしい作品に

出会える幸せを感じ取れた一日だった。

 

20歳の顔は、自然から授かったもの。

30歳の顔は、自分の生きざま。

50歳の顔は、あなたの価値がにじみ出る。

             (ココ シャネル)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一押しの本『健康のすべては「歯」と「口」から始まる』 江口康久万 著

2020年09月05日 | 歯のお話

横浜のとある小学校の校医を長年務められ、現在地区の歯科医師会の会長も御兼任されて

とにかく、子供たちへの深い愛情がひしひしと伝わってくる良書だ。

学校歯科医として、10年ほど前、小学校6年生の児童の6割超が、下の奥歯(6歳臼歯)に

う蝕を経験していたことに心を痛めて、むし歯ゼロを目指して奮闘された。

そして、遂に2014年に平均0.13本にまで改善された貴重な記録ドキュメンタリー

である。

一例としては子供たちへのブラッシング指導として、大人とは異なる腕の動かし方や受け入れやすい

ビジュアルを使って分かりやすく説明されておられた。

小学校6年生という年齢で、永久歯しかも下の奥歯にむし歯があるという現実から

どのようにして子供たちに動機づけとやる気スイッチを入れてもらえるかどうか、

その苦闘と苦心の連続が、行間ににじみ出ているところが感慨深い。

お子さんの中で、歯磨きを積極的に取り組んでもらえずに悩んでおられる

親御さんには、是非一読をおススメします。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恥ずかしい話

2020年07月23日 | 気まぐれ日記

今月、コロナ禍の影響で延期になっていた健康診断の検査を受けてきた。

毎年、この時期にいつもお世話になっている地元の医療機関で、

ほぼフルコースの検査だ。

今年は、場所も楷が変わって、リニューアルされたばっかりで

とても綺麗で快適な環境になっていたのには驚かされた。

入口では、きちんと係の方が検温をされていた。

いつものように予約をしていたので、受付で簡単な手続きを済ませた後、

ロッカールームで検査用のウエアに着替えて、待合スペースで待っていたら

しばらくしてから、呼ばれた。

検査はその後スムーズに行われれて、最後の検査が終わって、ロッカーに戻り

着替えを済ませて、受付で最後に挨拶をさせてもらった。

当日雨が降っていたので、出かける前に傘を持ったいたことを後から気付いて

慌てて取りに戻っていたら、傘だけでなく腕時計も忘れていたことに再度

気付かされた。

親切にも受付の方がきちんと保管されていたのが、嬉しかった。

丁寧な対応をしていただき、感謝の気持ちを伝えた。

今回、完全にロッカールームに置き忘れた事が、自分ながら

恥ずかしい思いをした。

これからも、同じことを繰り返すことがないように

気を付けていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒヤリハットの大切さ

2020年05月31日 | 気まぐれ日記

今日、次男が孫を連れて会いに来てくれた。

約2週間程、会わない間に孫が自分で歩けるようになっていたのには

驚かされた。一緒に生活していないので、これからも孫の成長までが楽しみだ。

コロナ禍が一段落したので、息子の方は先週から急に仕事が忙しくなり

家族で買い物に行く時間がとれなかったらしい。

そこで、一緒にスーパーと家電量販店に息子の車で行くこととなった。

必要な買い物を済ませて、自宅に送り届けてもらってから、車から降りた時、

ふと左の後輪のタイヤがパンクしていることに気づいた。

さっそく、息子に伝えたところ、運転中全く気付かなかったらしい。

自分たちと別れた後、

直ぐにいつもお世話になっている近所のディーラーへ立ち寄って

調べてもらったら、かなり以前からパンクをしていたらしい。

今日まで本当に大きな事故に繋がらずに何事もなかったことは、幸運だった。

まだ、コロナ禍は完全に終息したとは言えないらしいが、このような

些細な兆しを色々な分野の人達の目で見逃さないことが、これからもより一層

求められていくような気がした。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動した、ある小学3年生の作文

2020年04月12日 | 気まぐれ日記

 小学生の頃、一番頭の痛い、苦手な宿題が読書感想文や作文だった。

課題の本を読んで、どこに感動したかを簡潔な文章で、自分の思いを

表現することが下手だった。

偶然にも先日あるラジオ番組で、そんな話題にまつわるコメンテーターの方の

お話が聞けてよかった。

その内容とは、そのコメンテーターの方が以前小学校の教師をされていた時、

担任の生徒たちに作文の宿題を出された。

そのタイトルは「自分はクラスで一番頭がいい、自分はクラスで一番利口だ」

といことを証明しなさいという内容だ。

そこで、ある男子生徒が次のような作文を書いてくれた。

「出席番号順に何君は何が出来てすごい。何さんは何が出来てすごい。・・・

クラスメイト全員の事を書いて、最後に皆の長所をたちどころに言える

僕が一番すごい。」と締めくくっていたらしい。

その先生は、彼の作文にに100点満点の採点を与えたらしい。

このような作文の宿題を与えられた時、小学3年生で既に自分自身の長所を

そこまで見つけていられる事に驚いたと同時に同級生に対する

深い、優しさを感じたことが、この先生の心を動かした事に繋がっていた

のかもしれない。

人と人とのかかわり方について、大きなヒントを頂いた気持ちになれて

嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本で最も有名な少女像を鑑賞してきました。

2020年02月24日 | 気まぐれ日記

 先日、自宅から車を運転して名古屋市美術館で開催されいる「岸田 劉生展」を

訪ねてみた。新コロナウイルスの事も気掛かりだったけれど、今回の展覧会はとても

鑑賞しやすい展示内容になっていて、大変興味深い作品が数多く見られたのが

よかった。何よりも人混みが少なく、ゆっくりと鑑賞出来たのだ。

そのような作品の中で、自画像と彼の友人や知人を描いた作品の数の多さに

驚かされた。そのような多くの自画像の中に、彼の画家としての確かな

技法の素晴らしさとセンスの良さがにじみ出ていた。

 

 

近代日本美術の教科書に必ずと言っていいほど掲載されている彼の代表作として

知られている『麗子像』は、やはり写真などで見るより実物を鑑賞されることを

オススメしたい。他にも多くの麗子像が展示されていたのだが、あの作品の存在感は

群を抜いて素晴らしかった。

当時の西洋絵画の色々な技法を学び、模倣しながら遂に彼にしか表現できない『麗子像』を

完成させていったその情熱は、凡人である自分からは想像をはるかに超えるものだったと思う。

残念ながら、若くして病気にて亡くなられてしまったらしいのだが、その輝かしい才能を思う存分開花させて

描いてくれた作品集に、今出合えてとても幸せな気持ちになれた展覧会だった。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口呼吸の改善方法について

2020年01月27日 | 歯のお話

 今回は、口呼吸の改善方法として、次のような方法が一般的に知られています。

 1.口腔マッサージ

   お子さんのお風呂あがりに合わせて行います。

 2.ぶくぶくうがい

   歯磨きの時に行います。

 3.あいうべ体操

   朝食前、夕食前、入浴時(親御さんも御一緒に)

 4.スチーム吸引法

   1日3回、1回10分、21日一ヶ月休みを3クール

 これらの方法を実際に行っていただくにあたって、大切なルールがあります。

 それは、親御さんとお子さんが楽しく、続けていただけることが重要です。

 「継続は力なり」で、今から始めてみましょう。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お子さんが口呼吸を続けていると、どんなことが起きやすくなるのでしょうか?

2020年01月05日 | 歯のお話

 まず、口呼吸と鼻呼吸とを比べてみると、後者の方には

次のような利点があることが知られています。

1.吸い込んだ空気のごみや埃を取り除いてくれる

2.吸い込んだ空気を加湿してくれる

3、病原菌の繁殖を抑える

これらのことが体全体の免疫力アップにつながり、脳が活性化されて筋肉の

パワーが向上することです。

それとは反対に口呼吸を続けていると、喉にあるリンパ組織が直接大きなダメージを

受けて体全体の免疫機能の低下を起こしやすくなります。

その結果として、風邪をひきやすくなったり喘息や様々なアレルギー、アトピー

の原因になることもあるのです。

また、酸素が脳に届き難くなり、将来睡眠時無呼吸症候群の予備群になる可能性も

あります。

さらに、この口呼吸の悪影響としては、お口の中ではむし歯、歯周病、口臭にも繋がり、

歯並びにも影響します。

通常歯は歯列の内側にある舌と歯列の外側にある頬の筋肉のバランスのとれた位置に

並んでいます。

ところが、口呼吸はその舌と頬の筋肉のアンバランスを生み出してしまうのです。

なぜならば、舌の押し出す力がお口を閉じる筋肉の力より、かなり強いからです。

その結果、上顎に対して下顎の成長が遅れて上の前歯が出ているような

「出っ歯」のようなお顔になってしまいます。

次回はこの口呼吸の改善方法をお話してみたいと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『忘年会』の本当の意味とは…

2019年12月31日 | 気まぐれ日記

 2019年の大晦日になって、忘年会について話題にするのはタイミングが遅すぎるかもしれない。

本来の忘年会の意味としては、今年一年を振り返った時に、嫌なことや辛かったことや思い出したくないこと

があった。そんな嫌なことを来年に持ち越すのは止めて、嫌なことは今年でお終い。

今年の嫌なことは、今年中に終わらせるという様な意味合いで

行われるように思っていた。

ところが、この「忘年会」には中国では別の意味合いで使われることがあるらしい。

そのルーツは「忘年の交わり」から来ている。その意味は、年老いた自分の年齢を忘れて学識や才能

のある若者と交わる事を楽しむという事だった。

これは季節や時期に関係なく、これからの自分の生き方に大きな指針を与えてくれる言葉だと

思った。

2020年どんな若者との交流があるのか楽しみにしたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近、感動した言葉(アメリカの消防士さん達の祈りの言葉)

2019年11月20日 | 気まぐれ日記

 今まで生きてきた人生の中で、ショッキングな重大事件の一つとして2011年9月11日に起きた

アメリカ同時多発テロ事件が脳裏に焼き付いている。大勢の人達のの尊い命を奪った悲惨な事件だった中で、

最も多くの犠牲を払ったある職業の方々がおられた。救命救急活動をされた消防士の方々だった。

その消防士の方々が、日々過酷な訓練を行っている中で、ある祈りの言葉を大切にしていることを知った。

なぜだか分からないのだが、とても心に響く内容だった。

このような素晴らしい言葉が、これからも末永く語り継がれていくことを切に望みたい

 『緊急の命令を受けた時、神よ、炎がどこで燃えていようと尊い命を救う力を私に

     お与え下さい。

  年齢に関わらず、小さな子供を手遅れすることなく助け出し、年老いた人達を炎の恐怖から

      救い出す。

  その力を私にお与え下さい。

  どんなに小さく、か弱い叫びも聞き逃さず、素早く火を消し去る力をお与え下さい。

  私が天職に従い、人生の全てを掛けて人々とその財産を守る事が出来るようにお導き下さい。

  そして、もし神よ、あなたの御心で我が命が召されて死んだ時に、我が愛する事、

  我が愛する妻に、恵みを思いっ切り注いでやって下さい。』

   

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日が進歩のないパターン化している時に教わったこと。

2019年10月31日 | 気まぐれ日記

 最近、ある方からのお話の中で、人との関わりが上手く作れない悩み相談があった。

その方がおっしゃるのには、人間関係がうまくいかない所には9割以上人に対する

敵意があるらしい。そういう人はいくら表面的に仲良くしても誰一人好きになれないし、

本当は付き合いたくないのが本音であるとのこと。

これは自分嫌いから始まって、自分の欠点を刺激して内向していく一つの癖、心の仕組みの習慣があるらしい。

これを断ち切る必要があると。

この断ち切る方法とは、「今日は楽しむ」と決め込む。

つまり覚悟して決めて、自分はこうしようと表現することが大事。

他にも「今日は自分の事は話さないで、主人の話を聞いてみようと」決める。

決めると出来る。

決めて無いことはパターン化されて、無意識が勝ってしまう。

決めるということは、自分の意識、自分の表現、自分が生きているという事、それが自信に繋がっていく。

パターン化でどんどん慣らされてものは、つまらない。

多くの人はそうやって生きている。

ところが、決めて生きていくと劇的に良くなることがある。

これまでのやってきたパターンにいつも反応していた自分が小さいなと思えてくる。

今日は自分は何を表現して、私であろうかと思えることが大事。

このような過酷な状況に自分自身が陥ってしまった経験がまだないのだが、

明日からでも、毎日『決めて行動する』ことを始めたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛知県瀬戸市瀬戸物祭りに行ってきました。

2019年09月21日 | 当院へ始めて御来院される患者さまへ

 今週の連休期間に開催されていた瀬戸物祭りに、自宅から車で行ってみた。途中の高速道路で事故があり、渋滞に巻き込まれてしまった。

しかし、昼過ぎに目的地の瀬戸市品野陶器センターに無事辿り着くことが出来きた。

今回は二度目の訪問だったのだが、3年前に訪れていない別の会場を選んでみたかった。

というのも、前回は会場周辺が大渋滞で、遠くの駐車場に車を止めて、徒歩でかなり歩かなければいけなかったからだ。

今回の会場は、道の駅に併設して開催されていたので、駐車スペースも余裕があったのが嬉しかった。

さて、到着するやいなや、ちょうどお昼ご飯時だったので、道の駅のレストランで味噌カツ定食を頂いた。

名古屋に何のゆかりもない自分だが、元来八丁味噌が好きだ。今回も美味しかった。

食事の後、会場の中で、偶然にも地元の中学生が制作していた焼き物の作品を

展示、即売しているコーナーに目が止まった。 それは名古屋名物の「鯱(しゃちほこ)の置物」だった。

近くで見ると、あまりにもその出来栄えが見事だったのには感心させられた。

何点か品定めさせてもらっているうちに、そのうちの一点だけを、母が気に入って購入した。

他にも素晴らしい力作の作品が数多く出ていたので、オークションのような販売方法が取れれば

もっと大勢の人達の注目を浴びて、たくさん売れていたかもしれないかなとも思えた。

いずれにしても、今回の会場は前回と違って、ゆっくりと休みながら見て楽しめたのがよかった。

来年もチャンスがあれば。また訪れてみたい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「クリムト展ウイーンと日本1900」を鑑賞した後に感じたこと。

2019年08月14日 | 気まぐれ日記

 とあるテレビの番組での情報で知ったことがきっかけで、今回の展覧会が開催されている

豊田市美術館まで車で訪ねてみた。

当日は猛暑日だったけれど、大きな渋滞にも巻き込まれずに順調に到着できて良かった。

初めて訪れた美術館だったのだが、まだ周辺に畑が残っていて、なぜか心が癒された気分になった。

今回展示されていた代表作に関しては、以前から色々な所で紹介されていたので、実物を見させてもらったのだが、

深い感激というものが正直に感じ取れなかった。

ところが、ある一枚のデッサンに目が留まった。それは解説によると、残念ながら生後48日目に病気で亡くなった彼の親戚の子供の姿だった。

眠るような姿を描いているとても悲しい場面なのに、なぜだか穏やかな表情を浮かべて、寧ろ「やすらぎ」や「安堵感」みたいなも

が、こちらにじわじわと伝わってきたのだった。

彼自身生涯独身だったらしいのだが、多くの女性との間に子供がいたらしい。

そんな中で、幼くして亡くなったその姿を描き留めようとした彼の「本当のやさしさ」にも触れたような気がした。

こんな偶然いや必然の出会いがあるかもしれないから、これからも興味を持った展覧会には

出来るだけ足を運んでみたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何だか元気が出てこない時に思うこと。

2019年07月21日 | 気まぐれ日記

 ほぼ毎日同じように生活をしていても、時にエネルギーが出てこないと感じてしまうことがあるのは

誰しも経験したことがあると思う。

こんな時にどのようにしてまた回復していったらよいのか、色々と自分なりに試してみたことがあった。

そんなことを、ふと思ったていたら、ある方から面白い方法を教わった。

それはこんな考え方だった。

エネルギーは使わないと自分の中に、ちゃんと入って来ないという原理がある。

例えば、体を動かすのが面倒な時、コタツに入ってテレビを見ていると、段々と体を動かすのが

面倒になる。コタツの上のミカンを取るのも億劫に感じてしまうことがある。

そこで、やみくもに動けばよいかというと、そうではない。

ちゃんと自分の意識したものにエネルギーを使うと,人はどんどんと元気になっていく。

その循環が放出型の循環になっているか、エネルギーを吸引する型の生き方になっているか、

この2つに大きく分類されるらしい。

どんなに何もやらない人でも、心が動く時がある。

その時にだまって、その心が動いた事を信頼して、それにそって行動を行うことで

回復する。

心が動かない時に、無理やりに元気にならなくてはいけないいう事で始めた運動も趣味も全て敗北に終わる。

しかし、心が動いた時、「今日は、天気だ。海を見たらきれいだろうな」とふと思ったなら、

やはり、その時に動いてみる。

それがエネルギーを得る方法である。

思ったらただやってみる。心が動いた時にやることが大切であるとの話だった。

確かに、この方がおっしゃる通りに行動できれば、自然にエネルギーが入ってくることが出来ると思った。

明日からの生活に活かしていきたい。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加