カフェ こもれび 日記

所在地:日野市南平6-10-5
水曜・日曜日定休 9:00から18:30迄
電話 070-7529-3062 P有

半夏生

2009-07-06 | 写俳

  
           半夏生言葉の海に彷徨いて


(はんげしょう ことばのうみに さまよいて)

写真俳句は「付かず離れず」が大切という。上の写真は蛞蝓の写真だが、これに季語の蛞蝓をいれて「蛞蝓や言葉の海に彷徨いて」とすると、ベタ句となる。写真と俳句が「付きすぎている」からだ。蛞蝓の代わりに、別の季語をいれるようとするのだが、なかなかぴったりした季語が見つからない。とりあえず「半夏生」としたが、もっといい季語があるかもしれない。蛞蝓といえば次の句は面白い句だ。

           正一位稲荷大社の蛞蝓  山田ひろむ

蛞蝓のぬめぬめした生き物の質感と稲荷大社のイメージとが好対照で、これを俳句では「二物衝撃」という。ひとつの句の中に二つの異質なもの同士を組み合わせるやり方だ。写真と俳句の関係については、「付かず離れず」、互いが響きあっていることが大切だ。しかしこれが言うは易くで、なかなか実現しないで苦労している。

↓↓↓写真俳句人気ランキングです。ポチっと押して応援してくださいね♪

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へにほんブログ村 ありがとうございます。


「日々の戯言」へ戻る

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 槿 | トップ | 水馬 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あかね)
2009-07-07 08:56:54
おはようございます。
以前から写真に頼りすぎてる身としては
もう少し心象を詠めればと思っていたところなので
「付かず離れず」のお話、参考になりました。
たまたまですが今朝のアップは
いい距離感だったのではと思ってます←自画自賛(笑)
人間関係も写俳も「付かず離れず」、
ほどほどの距離感がいいのかもしれませんね。
ありがとうございます (miya)
2009-07-07 13:23:11
私も、ベタ句を量産してきましたので、今更何を言う

かといわれそうですが、やはり写真と俳句は少し離し

たほうがよさそうですね。写真の状況説明のような俳

句じゃ面白くないですものね。

短冊に書けぬ願いのありやなし   あかね

作品拝見しました。「短冊に書けぬ願い」とは何だろ

うか、そのヒントは紫陽花=七変化にあり、とは考え

すぎでしょうか。^^

コメントを投稿

写俳」カテゴリの最新記事