山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

鳥海山・鳥越川to千蛇谷(新山北壁&鳥越川を滑る)

2018-08-28 | 2017-18山スキー
山域山名:鳥海山・鳥越川千蛇谷、新山
期  日:2018年4月22日(日)
参 加 者:みやぶー、らがー
行動記録:中島台470m(5:35)→獅子ヶ鼻→鳥越川右岸台地1090m(8:10/8:15)→千蛇谷1840m(10:25/10:35)→新山2229m(11:40/12:30)~北壁滑降~鳥越川右岸台地(13:20/13:35)~獅子ヶ鼻~吊橋(14:05/14:15)→中島台(14:25)
<天候:快晴>

昨日の心地よい疲労を感じながら、今日は東北屈指、本邦でも有数の名ルートといってもいいだろう、鳥越川から千蛇谷を詰めて新山までの北面ロングルートを目指す。

自分にとっては鳥越川千蛇谷は3度目。2015年4月は同じ中島台から、昨年3月には単独で横岡からトレースしていてルートはほぼ熟知しているので、あとは好天に当たることと(途中で荒れたら無事に帰れる保証もなくなる)、昨晩にエネルギーをたっぷりと蓄えた相棒のがんばり如何。

今日は中島台からなので、楽なもんよ~、とラガーにハッパをかけて出発(笑)







吊り橋の先で雪がつながったのでシール進み、あがりこ大王と再会。




今日もパワーを注入~(笑)




獅子ヶ鼻湿原からの新山。遙か彼方のこの姿を見ると、モチベーションはおのずと高まる。




今日は少し風が強いが、視界は良好。絶好の登頂日和だ。




こんな落とし穴に落ちたら、雪の下を流れている沢にもっていかれて出てこれないだろう。




鳥越川台地に上がる。




素晴らしい!!







登るの登るも、、




景色は変わらない。。これが鳥越川。




大斜面を登り切ると、いよいよ千蛇谷へ。










昨日登った文殊岳が右端に見える。




鳥海山神社を振り返る。




シールでブリッジに乗り上げ、新山の頂きへ。




鳥越川から3本目~。




大展望を満喫しました。




新山山頂からGo!




らがーの視線には、




新山北壁の超特大バーン。思わず、声を上げてしまった。




表面に軽く新雪がのった超極上斜面を雄叫び上げながら滑る。







これぞ、山スキー。




今日はどんピシャのTheDAYでした。




北壁をバックに、




鳥越川台地をクルージングするのも、このルートの醍醐味。




何度訪れても、いつも感動させてくれる。さすが名ルートですね。




ありがとう。







また来るよ。







『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 鳥海山・万助道(南面ロング... | トップ | 榛名水沢山 »

コメントを投稿