山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

苗場山(赤湯から旧道赤倉山周回)

2018-07-21 | 2018山登り
山域山名:越後・苗場山(新潟県、長野県)
期  日:2018年6月23日(土)~24(日)
参 加 者:みやぶー(単独)
行動記録:
6/23 赤湯林道(11:40)→赤湯(13:00)<テント泊>
6/24 赤湯(5:15)→旧道→赤倉山1938m(7:20/7:30)→苗場山2145m(9:45/10:10)→昌次新道→赤湯(12:40/テント撤収/13:50)→赤湯林道(15:15)
<天候:晴れ>

3年前の秋に神楽峰から苗場山に登って赤湯に泊まったが、そのときに極楽の幕場があることを知りました。なので、梅雨の晴れ間を狙って、赤湯ベースに赤倉山旧道から苗場山、昌次新道を周回してきました。





やってきました~




雨が降る前に急いでテント設営して~




幕営料ではなく、入浴料500円を払います(笑)




これ以上の極楽はないでしょう。




忙しない日常から解放されていく…。










今回のメインミッション!三湯しました(笑)


この春にリフォームが完成。内装がとても綺麗になってました。




今日のテントは3張でした。







沢の音で目覚ましがまったく聞こえず、、かなり寝坊をしてしまい出発(汗)


峠の分岐、ヤシャ平から旧道へ入る。赤湯宿泊の方はすべて昌次新道のようでした。




思ったより良い道で快調に登れました。







平標山が大きい。




赤倉山東尾根は下部を上手くルート取りできれば快適なツリーランが楽しめそう。




赤倉山山頂は残念ながらまったく展望なし。おまけに虫も。。







苗場の山頂湿原が近づく。




左端が赤倉山、南に続くナラズ山、佐武流山。




中津川源流を囲む深山の峰々。右手の岩菅山がひときわ大きい。




山頂湿原の小沢を越えると木道が続く。







鳥甲山。







秋山郷からの道を合わせると、さっきまで人がいなかったのが嘘のように賑やかに。




苗場山山頂。




休憩はそこそこにまた一人の空間を楽しむ。







この谷も滑ってみたいね。




熊ノ沢源頭は素晴らしかった!!




昌次新道は暑くて熱中症になりながらやっと水辺へ。




テント撤収して下山しました。








『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 上越国境稜線・居頭山(ノミ... | トップ | 燧ヶ岳 »

コメントを投稿