山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

厳寒の津軽旅①岩手山系・鎌倉森

2019-04-08 | 2018-19山スキー
山域山名:岩手山系・鎌倉森(岩手県)
期  日:2019年2月6日(水)
参 加 者:みやぶー(単独)
行動記録:網張760m(11:15)→鎌倉森1316m(12:30/13:00)~網張(13:25)
<天候:曇り>

埼玉から津軽まで600キロあるので、出発の日に津軽で山スキーをするのは厳しい。
という訳で、津軽入りする前に岩手山系網張の鎌倉森を軽く登ることにした。




入山口の網張温泉には昼前に到着。全国的に暖冬だが、ここ岩手でも2月とは思えない雪の少なさ。




二日前に降った雨でグサ雪の上に今朝の新雪がのっている。雪質も3月下旬頃のよう。




標高を上げるとクラストがアイスバーンに。クトーの爪がよく効く。




急登を過ぎると眺めのいい雪庇上を行く。




秋田駒ヶ岳。数年前までは何度も通ったが最近は行ってないな。




鎌倉森へ。




犬倉山。何人かとすれ違ったが、ほとんどの登山者はスキー場リフトを使って犬倉山を越えて鎌倉森に来るようだ。




なんといっても岩手山が主役。




滑りは新雪下層のレインクラストが微妙な堅さでまったく楽しめず。




網張温泉で汗を流して津軽へ向かおう。







網張からは、眺める方向によって姿を変えていく岩手山を、南面から東面、北面を眺めながらドライブしました。













明日はいよいよ津軽へ!


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年2月厳寒の津軽旅 | トップ | 厳寒の津軽旅②ストーブ列車&... »

コメントを投稿