山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

燧ヶ岳硫黄沢滑降

2018-07-29 | 2017-18山スキー
山域山名:会津・燧ヶ岳(福島県)
期  日:2018年4月14日(土)
参 加 者:みやぶー、はしけん
行動記録:キリンテ橋1030m(5:00)→七入1070m(5:20/5:30)→橅平1350m(6:15/6:20)→メラッパシ田代1650m(7:35/7:55)→東田代1800m(8:10/8:25)→燧ヶ岳2346m(9:50/10:15)~硫黄沢1640m(10:35/10:55)→東田代下(11:10/11:30)~橅平(12:00)~キリンテ橋(12:30)
<天候:晴れ>

前日に檜枝岐観光協会に電話したら、車はキリンテ橋までで通行止めとのこと。除雪はすでに終わっているが、御池まで開通するのは来週以降のようだ。
となればチャリの出番で、静かな裏燧を楽しめるだろう。

夕方から荒天予報なので日の出前に出発。




今日はどんな微笑みを見せてくれるだろうか。




はしけんが行ってしまう、、




Myチャリはヘヤピンが登れず~ギブアップ(笑)




スキーでショートカットだ~







遠回りの車道経由とそう大差はなかったみたい。




七入沢のブリッジを渡って橅平を行く。山毛欅に付けられた目印は何のためだろうか。




急斜面を登ると、




御池からの車道を横切る。今年はすでに沼山峠まで除雪完了してるようだ。




今日のルートはお気に入りのメラッパシ田代経由で行く。







東田代は吹き下ろしの強風が吹いていた。山頂はもっと吹いてるだろう。







燧ヶ岳山頂♪




至仏山はすでに雲に覆われていた。




越後側はまだ晴れている。




視界が持ってくれたので、予定どおり硫黄沢に滑り込もう。




大斜面を滑る。




前日の新雪が重かったがまずまず。










小尾根を乗っ越して、




あとは一気に。




登り返し点までアッという間。




フェーン現象だろうか、暑い!




上手く斜面をトラバースして東田代下から再びGo!




パラシュートがあったら、きっと空を飛んでました(笑)




チャリにまたがれば重力に任せるだけ~




よくがんばった!!~by Myチャリ(笑)








『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 下り俣沢からタカマタギ | トップ | 盛夏の白馬三山① »

コメントを投稿