山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

松井秀喜引退

2012-12-28 | 日記

時事ネタはあまり書かないのですが…

尊敬する、大好きな松井秀喜の引退が、今日ついに発表されてしまった。

星陵高校からジャイアンツ、そしてメジャーのニューヨークヤンキースでMVPに輝き、

その後は思ったような活躍は出来なかったが、テレビでずっと応援をしていた。

そして今日、引退…。

2009年、郷里にある松井秀喜ベースボールミュージアムに行きました。

Imgp0100_2



Imgp0070_2_2



Imgp0072_2




Imgp0074_2




Imgp0079_2_2



Imgp0080_2_2


一番似合うヤンキースのユニフォーム。

Imgp0077_2




Imgp0087_2






Imgp0066_2


松井の言葉は、いつも前向きであり、ひとへの優しさがあり、そして何より、そのプレーする姿がとても素晴らしかった。
ユニフォームの背番号55は憧れだった。

松井が「長嶋監督には一度も褒められたことがありません」と語っていたが、引退した日に、長島が「これまでは、あえて称賛することを控えてきたつもりだが、ユニホームを脱いだ今は、『現代で最高のホームランバッターだった』という言葉を贈りたい」とコメントした。
本当の師弟とはこういう関係をいうのだろう。



松井の言葉…



人間は物事がうまく進んでいるときよりも
うまくいかないときのほうが
本性がでるのではないでしょうか

人間は悔しさとか何かしたいという気持ちが
大きなエネルギーになると思います

悔しい経験をしたからこそ
自分がまだ成長できるのびしろが増えた気がします

どんな道でも進んでゆけば
嫌なことはいっぱいあります
それでも逃げないことだと思います

生きる力とは成功を続ける力ではなく
失敗や困難を乗り越える力

悔しさはそれに耐えられる人間にしか
与えられない

困難な状況のときにいかに踏ん張るかが大切
それが本当の男の強さだと思う

僕は毎年前年までの自分を克服するため
全力を尽くしてきた
そういう僕を見ていてくれた人がいたこと 
それを理解し受け入れてくれたのが
ニューヨークヤンキースだったということが
僕をとても感動させた

僕はニューヨークが好きだし ヤンキースが好きだし
チームメイトが好きだし ここのファンが大好き
それだけです

失敗と上手に付き合っていくためには、
自分で解決できることとできないことを分けて考えるようにしています。
何とかなるものであれば、解決しようと知恵も絞りますが、
自分の力でどうにもならないものについては、あれこれ考えません。
そうしたことをくよくよ考えるのは時間と労力の無駄だし、
精神的にもあまりよいことではないと思うのです。
やはり 「どうにもならないこと」 ではなく 「今、自分にできること」 に集中するしかありません。
残念ながら過去に戻ることはできません。
過去の自分をコントロールすることはできません。
しかし、未来の自分はコントロールできます
少なくとも、過去よりは思い通りにできる可能性を秘めています。
それならば、前に向かうしかありません。

20年間、お疲れ様でした。
感動をありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 神楽ヶ峰中尾根(激パウ) | トップ | 大雲海の西大巓&雨の鬼面山 »

コメントを投稿