山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

2018初滑り①月山姥ヶ岳

2018-12-06 | 2018-19山スキー
山域山名:月山・姥ヶ岳(山形県)
期  日:2018年11月2日(金)
参 加 者:みやぶー(単独)
行動記録:ネイチャーセンター810m(9:50)→姥沢リフト下駅1230m(11:10/11:30)→リフト上駅1510m(12:10/12:30)→姥ヶ岳1669m(12:50/13:40)~姥沢(14:00/14:30)→ネイチャーセンター(15:20)
<天候:曇り一時小雨、霰>

2018-19シーズンは東北ツアーで幕開け!
10月末の冬型で東北中部には結構な降雨量があったので、半分(以上)ダメもとで月山へ出陣!

志津に向かう途中で月山が雲間から見えてきたが、、、雪少ないな。。




ネイチャ―センター三叉路で通行止めは事前に知っていた。
観光協会ホームページで工事車両(電線業者)は通行可で実際にゲートを除けて奥に入って行ったが、どこまで入れるか聞いても分からんよ?との返事。




ヘヤピン途中から平らな車道を延々歩かされるのも、無理して入って何かあるとこれも面倒。
ネイチャーセンターから姥沢まで夏道を歩いても1時間程度なので、潔くよく、歩こう~を選択。




標高1000mからチラホラ雪が出てきた。




姥沢で車道に合流。あれ??タイヤ??のわだちは、冬ごもりに備えたスキー場関係者の最終点検だった。




初雪ともみじ。




ここまで登ると雪もぐっと増えて20㎝以上。ご機嫌(笑)でスキーハイク開始。




リフト下を登る。




リフト上駅は40~50センチほど。やっぱり来てよかった。




寒気が残って姥ヶ岳山頂は視界なしだが、ここまで登れば十分。しばらく視界出るまで待ってはみたがダメだった。




姥沢岳南東面は岩やブッシュが出ていたものの、オープンバーンで雪の感触を思い出して満足。リフト下はベチャ雪でした。




スキー場関係者に挨拶したら褒められました(笑)




この時期にこれだけ滑れれば上出来でした。







明日は鳥海山へ。さてどうなるか。。




コメント   この記事についてブログを書く
« 平標山 | トップ | 2018初滑り②鳥海山万助道 »

コメントを投稿