miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

大村知事それは屁理屈と言うものです

2019-09-18 | Weblog
大村知事「かってナチスが退廃芸術と称して前衛芸術と現在アートを否定した歴史がある。誰もが認めるものしかやちゃいけないと言うのはナチスそのもの」・・・これはトリエンナーレに慰安婦像を出したことを問題視した、河村市長の展示中止を求めたことに対する大村知事の批判です。慰安婦像は世界周知の政治運動です、まるで韓国の政治家の様に問題を捻じ曲げた屁理屈で、河村市長を批判している大村知事の偏向思想に改めて問題点が浮かび上がりました。


在日三世の女性「日本産まれ日本育ちで韓国語は喋れません。なので韓国に帰れと言われても帰れません。(中略)在日は資産を凍結されて収容所に送られる事も想像してるし、ナチスみたいにガス室に送る事もきっとこの国はやると思ってます。」この記事はTwitterにあったもので一部のブログでも取り上げられています、恐らく潜入工作員が投稿したものでしょう。たまたま同じ日に大村知事もナチスを取り上げています、知事周辺に韓国工作員がいるような錯覚を覚えます。
コメント   この記事についてブログを書く
« マラソン男女オリンピック代... | トップ | 電線の地下埋設とは・千葉県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事