miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

一般会計・特別会計

2010-09-02 | Weblog
概算要求が出揃いました。96兆円、これから政治家の手による審議修正がおこなわれるわけですが、この金額は国家予算全体の半額以下です。国家予算の審議では、いつも一般会計の数字だけが表に出てくるので、これが国家の予算だと思っている人が多い。

国家が使っている年間金額は、204兆円余りあります。110兆円は、特別会計の部類であって、使用目的を限定して、徴税したものであるから、予算審議をする必要が無いという理由によって、表には現れて来ないのです。ガソリン税等がその一例ですが、この特別税には、時代にそぐは無くなった、ものが多々あります。

それをそのまま、関係官庁に運用をまかしているので、無駄ずかいや、天下りの資金、埋蔵金などになって、国家財政を圧迫しています。民主党代表戦がはじまりました。小沢一郎元幹事長が主張しているのが、特別会計を含めた、204兆円の総見直しなのです。それによって財源が出てくると言うのが、同氏の主張なのですが、族議員を含めた官僚の抵抗で、歴代内閣は手出しが出来なかったようです。小沢一郎さんに期待してみようではありませんか。http://3821615.at.webry.info/index.html 参照。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 5300年前の男アイスマン | トップ | 能郷白山と能の郷 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知らなかった 国家予算 (そら)
2010-09-04 12:25:52
私は一般会計予算毎年約90兆円が国家予算だと思っていました。三藪グログで知りましたが国が使っている年間予算が204兆円余りあるそうですが、そのうち110兆円が特別予算会計とすると、我々国民に分かるように会計の部類報告204兆円の見直しが必要それによって財源がでてくると思います。小沢一郎元幹事長が主張している、204兆円の見直しが必要と思います。各関係官庁官僚にまかしていては無駄遣いや天下りの資金になってしまいます。
名古屋 河村市長のように大改革を実現できるような国会議員、総理大臣が現れるのをの望みます。 ところが自分たちのことになると、誰一人として口を開こうとしない今の議員は党利略のことしか考えてない。

国の借金862兆円もあるのなら  
その前に先ず130億円の政党交付金を削って
はどうか。 この度の参議員選でタレント候補の多くが落選したが、私は当然の結果でそれでよかったと思う。なぜなら、この人たちが政治について余り知らないし、議員になって何をやりたいかも分からない。そして、今だに続く世襲にも異議を申したい。例えば親が医者でも「はい、そうですか」と簡単になれるものではない。 医学部⇒医師国家試験と段階を踏まえないとなれないし、10年ほどでやっと何とかなるというのに、国を動かす重要な仕事を「今から勉強します」何を寝言をと言いたいです。考えれば腹立ちする思い。国会議員も国家試験制度を導入し、ある程度知識を持った人しか立侯補できないようにしてほしいと思う次第です。民主党 国会議員 どう思いますか。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事