miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

マラソン男女オリンピック代表内定

2019-09-15 | Weblog
9月15日の東京マラソンでオリンピック代表が内定しました。男子・中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)の2名。女子・前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)の2名。

設楽悠太は最初からひとり旅を演出したが、これではとても持たないと見切りをつけ、女子の部にチャンネルを切り替えた、前田穂南は体形も走行姿も美しく25キロからのスパートで鈴木を引き離し独走態勢に入り2位の鈴木と600m程度の差をつけ優勝したがどうやら熱中症に罹った様子で、医療班の手当てを受け優勝インタービューを受けることが出来なかった。


優勝のテープを切った時は、ニコリ笑ってゴールインしたが緊張が解けると同時に、一気に症状が出たのだろう美しい走行姿は最後まで崩れなかった。2位鈴木と3位小原怜(天満屋)は最後の直線コースに入るまでは100m程度の差があったがゴールインでは10mまで小原が追い上げていた、あやふく女子オリンピック内定は天満屋が独占するところだった。鈴木は初マラソンで優勝し今回が2度目のマラソンだと記憶しているが、素晴らしい素質を持った可愛い女性です名大出とのことですから頭もいいんでしょう。オリンピックでも前田、鈴木で優勝を争ってもらいたいものだ。
コメント