陽だまり工房"お地蔵さん"(私風、癒しの地蔵絵)

地蔵絵紹介と,佐賀弁での日々の“どおって事ない出来事をブツブツと独り言”のブログです。方言でのコメント大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おりきん ばっちゃん♪

2018年02月13日 | どおって事ない日々のあれこれ♪

          きょうも きのうに続く 雪 雪 雪 なんちゅう寒さやろうか

         朝からボタボタと ふりよっ   体中 肉襦袢に肉布団 巻きつけたごた 

         体型しとるとに寒さは人並みに 感じて 困ったもん

 

 

去年から 練習している民謡 さいきんは歌詞をみなくても歌えるようになってきた

年令重ねるほどに  覚える 事が大になってきた

覚えた民謡とは おりきんばっちゃんのうた

明治、 大正、昭和と、蓮池から佐賀に出てきて、佐賀弁で

三味に合わせて歌いつづけていたそうである。 また、「おりきんばっちやん」の民謡は

本来、一番だけが伝わってきたが、

近年、願正 寺参りの歌詞なども加わり、ユーモアたっぷりに歌われているそうだ。

  1番  おりきんばっちゃん どけいくかんた めくすい瓶どまぶらさげて

        つっくるびぃ~て はなたれて

        あたしゃ よかんくうじの くろださんに めのようじょう

       いつからや

       おとちいから

       そりゃまた きつかない

         とこでんしんばしらに づくにゅうどんば うったくらんごとない

   解説

       おりきんさん 何処いくの? せなかまるめて 鼻水だして

       私は 与賀小路の黒田病院に 目のちりょうに

       いつから?

       おとといから

       それはたいへんね 電信柱頭をぶつけんようにね 

と こんなような事だと思う。 歌っていてとて おかしく楽しい

明日は2番を載せたい。    

  

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加