ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

見たドラマ

2016-04-30 11:31:18 | 日記
「早子先生、結婚するんで本当ですか?」

第一話、第二話を見たけど、なんか作為や策謀がなく、ほんとほのぼのと、暇を感じることなく楽しく見れるドラマだ

また、ヤフーでは辛口批評が多いが、やっぱ「とと姉ちゃん」は面白い

今週は、弁当を間違え、高い松の弁当を配った人にも謝りに行く心意気

それに本日、疑いをかけられての再試験で、勉強を教えてもらった苦手に思っている綾の心意気っていうのかな、

テストに出ると常子に教えといて、自分はそこを空欄にして、常子へのカンニングの疑いがないことを証明する。

そういう心意気の週だった

こういう些細なエピソードで感動を与えることが出来るのは、やっぱ脚本家の腕だと思う。

時代に翻弄される時代なら、時代がイベントを与えてくれる、刺激を与えてくれるが、平和な時代は時代が与えるのではなく、ほんとこういう心意気に気づくか、そういう反射神経が作家にあるかどうか、だと思う。

ほんとこのまま進んでいくと視聴率は、ますます上がっていくだろう。



コメント

朝ドラは、役者の登竜門だな

2016-04-29 23:14:14 | 日記
今、松下奈緒さん主演の「早子先生、結婚するって本当ですか」の第一話を見ながら書いているが←原作モノらしい。

そこに出ている出演者が、「あさが来た」より、雁助さん、千代さん、が出ていて、「ちりとてちん」のかんちやしほりさんに、そもそも松下奈緒さんが「ゲゲゲの女房」

日テレでは「花子とアン」の朝吉を演じていた人が良く出ている←この人は「ゲゲゲの女房」でアシスタント役で出ていた。

宮崎あおいさんも「純情きらり」、竹内結子さんも・・・

それか大河ドラマなのかなぁ~

でも大河はある程度、場数を踏んだ人かな、

綾瀬はるか、上野樹里、仲間由紀恵

仲間由紀恵は、「花子とアン」、朝ドラに出たなぁ~

綾瀬さんの朝ドラもいいなぁ~

でも、朝ドラは新人だからなぁ~

有村架純さん、松岡茉優も「あまちゃん」か、

清水富美加さんは「まれ」?


女優の登竜門でもあり、イケメンの登竜門、綾野剛「カーネーション」、向井理「ゲゲゲの女房」

そうか、NHKに関わってない売れっ子は、新垣結衣さんぐらいかな、

さて、いい加減、メモを、

ちなみに「とと姉ちゃん」、視聴率ますます上昇

でもヤフーのコメントでは、みんな「たいしたドラマじゃない」ってコメントが多い。

その大したドラマがないドラマを面白く見せる腕が凄いっていうことが、わからんのかなぁ~

何気ない、ささやかなもので感動を生む、というのは大変なこと。

維新はある種、革命、三百年つづく徳川の世が終わるのだから、

そういう動乱も、会社のはじまり、とか、何もないなかで、感動を生むというのはどれだけ凄いか


「早子先生」俺、好きだなぁ~

脚本家って、おそらく、女優さん、好きになるだろうなぁ~

っていうか、やっぱひたむきな姿に人は惚れるのかなぁ


コメント

やっと起きれそうかな

2016-04-29 22:31:19 | 日記


いやぁ、昼にボディコンバットを受けてきたが、もうきついなぁ

ゴールデンウィーク、初日は、ボディコンバットをやって、家で寝て、って感じ。

明日も行くけど、ゴールデンウィーク、毎日いったら、スポーツして寝て、スポーツとして寝て、

でゴールデンウィークは終わってしまう

でも、スポーツは好きだし、お気に入りのインスの人のボディコンバットだし、

ん~

でも、彼女は二十代、三十にはまだ時間が・・・

俺とは二十も違う

でも、もし、ヤンシナで大賞とったら、アプローチしたいな

まぁ、ありえないことだけどね

いつも見送ってばかり

彼女が幸せになるのは、いいけど、せめて彼女のコンバットは受け続けられればなぁ

そうか、三十になってないってことは、俺の落選三十年の方が彼女の人生より長いってことか

まぁ、歴史は繰り返される。

私は、ただ泣く泣く見送るだけで終わるのかなぁ

消極的だなぁ~

三十年もずっと落選してると人格も性格も楽観的にはなれないかなぁ~

母の日も世間では騒がれてるけど、見るのが辛い

二十六年も闘病生活していたのに、その二十六年で何も親孝行できなかった。

それどころか、死ぬ一年前ぐらいから、お見舞いに行くと、泣きながら歯も全てほとんど抜けて声にならない声で、俺に「ごめんね」と言っていた。

母の日特集は辛いなぁ

両親が健在な人は親孝行してください。

人生の意味があるのなら、幸せ、かな。


昨日、クローズアップ現代で、介護を苦に母を殺害した五十歳の人が、裁判官に「母の分まで長生きしてください」といっていたが、それを言われた息子さんが、先日琵琶湖に身を投じてしまった、というなんともやるせない事件があった。

そういえば、先週、バクホウフライデェにもと人気タレントの「高橋里香」さんが、今は、義父母の介護にすべてを投じている姿をみて、「あんな可愛い人だったのに、今は苦労してるんだなぁ」と思ったけど、高橋さんは、自分の両親に出来ず後悔しているから、義父母には、と必死にやっている姿に、なんかいつか幸せが訪れることを願わずにはいられなかったなぁ。


でも、インスの彼女は、おそらく、ナイスガイと結婚して、幸せになるのかなぁ。

気立てもよさそうだし、可愛いし、なんか、仲睦まじくソファで旦那さんと談笑している姿が見える。

そこには俺はいないなぁ

さて、明日も彼女のコンバットを受け、夕方に帰省するか、

その前に、メモった創作学を書いておかんと、


実家に帰ったら、どうしても安易に逃げていて、面白いネタではあるが、逃げていたネタを書くぞ。

人物名を書いて、五ページでいい。


さて、メモを書いて、寝るか。

ちなみに「僕のヤバイ妻」の視聴率はよろしくないとか、←東スポに相武紗季さん、濡れ場損とか、書いてあった。

なんかよかったけどなぁ~


コメント

昨日、リオ五輪開幕まで100日

2016-04-28 19:26:57 | 日記


ということで、リオ五輪開幕までを目標に、俺も何か作品を作ってみようと思う。

勿論、作りかけでいい。

あと99日、

何か作りたいなぁ

明日から二連チャン、お気に入りのインスのボディコンバット

いい休みの入りは、本日の早寝から始まる

今日は23時半には寝たいな

そのためにも早めに銭湯にいって、クールダウンだ

コメント

今日のとと姉ちゃん、良かった

2016-04-27 18:36:05 | 日記


思わず、感動の涙

ほんと15分だから必ず山を作る。

それもまたいいし、ほんと常子が大人だなぁ~

それにキャスティングがいい

森田屋の面々も、大地真央さんの大女将もいい!

このキャスティングの妙は素晴らしい!

この質、さすがNHK

いいドラマは、役者にも多大な恩恵をもたらす。

ほんと、まだ始まったばっかりなのに、「あさが来た」を超えるな

しかも、この部分は実話ではなく創作エピソードだと思う。

脚本家さんも凄い


もう、さすがNHKだ

コメント

やっぱないなぁ~

2016-04-27 07:55:55 | 日記
昨日、ちょっとチャンネルを付けたら、ドラマがやっていた。

木村佳乃が出ていて、けっこう見てしまった

調べたらフジテレビの「僕のヤバイ妻」

そして、脚本家は黒岩勉さんという2009年のヤンシナで佳作をとった人だ。

俺より若い

というか、テレビドラマを書いている大半のヤンシナ出身者が俺より若い

そして、才能がある人は確実にいる

やっぱ、自称35才だから、どうみても47の俺にはない←応募は年齢を間違えて48才で応募しちゃったけど、まぁ、1才上に書いたからってたいした影響はないが・・・

やっぱ、ないよ

プロを目指すなら小説しかない

どうにも、寝かせ続けているネタが二つある。

ちょっと世界観とか、定まってないというか、考えるのに「これはきついな」と避けてきたネタだ。←自分の能力がそこまでおっついてない

でも、作品として昇華出来れば、間違いなく代表作になる

やっぱ、簡単な道を、安易に書けるモノを探すより、挑戦した挑戦作でないとあかんよなぁ~

まぁ、ヤンシナ応募作「ラストダンス作品」は、落ちたら今年のテレ朝、そして来年の創作テレビに回して、その後公開かな

もう一つの荒唐無稽は、創作テレビに出して、小説に変えてもいいかな・・・


コメント

脚本なんて誰でも書けるんだなぁ

2016-04-25 00:53:22 | 日記


録画した朝ドラ「とと姉ちゃん」を見終わった

明日が楽しみ

脚本家は、西田さんという、もとお笑い芸人をして、大学も学習院法学部と・・・

コンクール出身者ではない

こうみると、ほんとある程度、勉強して大学行けば、少なくとも俺よりは、はるかに頭もいいし、ボキャブラリもある

人間関係も、友人、信頼できる人、日常で関係する人、0人、いや、会社の大人げない大人がいるからマイナス

それよりかは、はるかに有意義な人たちに囲まれてるだろう。←仕事でも。ヒロインの常子は大人だなぁ

三十年落ちっぱなし、原稿捨てられっぱなし

ほんと、こういうポンと出ではないと思うけど、自分の無能さ加減を痛感させられるなぁ


でも、俺は俺の娯楽道を進むしか能がないのだから、まずは手元のネタを始末するためにも人物名を決めんとな

でも、しばらく「とと姉ちゃん」という半年間だけど、楽しむ柱が出来た


いやぁ、かなわんなぁ

コメント

とと姉ちゃん

2016-04-24 23:56:10 | 日記
なんか、はまった

朝ドラって、ヒロインの幼少時代って結構はまらないんだけど、なんかはまった感じがする

大河ドラマ「真田丸」も、気持ちはバラエティって感じなので、録画はしてるが「行ってQ」を見ているも、ついCMのとき、

チャンネルを回すと、真田丸で止まる

やっぱ面白いドラマは一口でわかるね

つい見入ってしまう。

竹内結子さんも出てるし、言い回しが現代っ子的な感じなのもあえてなんだね←確か、悲しむのを辞めた、とお付きの女性が信繁に言う。「なるほど、それで明るい設定にしたんだね」

やっぱ、いいドラマを見ると、役者って楽しいだろうなぁ~

作り手はいいドラマを作る。

脚本家はいいドラマを作れば、売れる

しかし、売れるのは脚本家だけではない

役者も売れる

ほんといいドラマは、それに関わる全ての人に恵みをもたらす

朝ドラのヒロインは、ちょっと好みじゃなかったけど、良いドラマはなんともい思ってない女優さんまで良くなる

好感度が上がるって、このことだね

少なくとも俺の中ではヒロインの好感度は上がった

コメント

フジテレビがリニューアルするには、

2016-04-24 02:15:21 | 日記
まず、カトパンがフリーになって、夜のスポーツ番組がはじまった。

第一回をみて、正直、ゆるいなぁを思った。

それは、スポーツなのに、ゲストがさんまさんだった。

さんまさんとフジのつながりは、長い。

さんまさんだけではない、めちゃイケもとんねるずも長い。

タモリさんの「笑っていいとも」を切ったのに、切れずにいる。

月9も、正直、昭和の遺物だと思う。

ラブストーリーって中々長編では難しいモノがある

フジが変わるには、さんまさん、めちゃイケ、とんねるずさん、月9を切る処からはじまると思う。

フジにはなんかファミリー的なものを感じる。

安藤裕子さんもそうかなぁ、

人の場所を変えても、なにも変わらない。

さんまさんも俺的には食べ物でたとえるならカレーだと思う。

カレーは人気者、国民食と言えるが、使い方をあやまるととんだことになる。

たとえば、マツタケごはん、鯛めしでもいい。

そういう雰囲気の番組に、さんまさん=カレーが入ってきたら、マツタケご飯は、もうマツタケご飯ではない。

マツタケの入ったカレーを食べたに変わる。

鯛めしも、さんまさん=カレーが入ったら、鯛めしを食べたではなく、鯛の実が入っているカレーを食べたになってしまう。

カレーは、入らなくても、店にあるだけで匂いがカレーのにおいになってしまうな、凄い影響力だ


カトパンがMCではじまったスポーツを見たとき、少なくとも本格派とは思えなかった。

サタデー、サンデースポーツには勝てない番組だ

おそらく、そう長くはないかも知れない。

さんまさんは日テレで、人気番組「踊るさんま御殿」をやってはいるが、あれはMCがさんまさんでさんま色に変えられる番組だからいいが、前にクラブワールドカップサッカーのメインパーソナリティになって、優勝したバルセロナのメッシにインタビューしていたが、なんか中身のない、タダスベリのインタビューで終わった。

さんまさんはゲストで使う芸人ではない。

カレーはゲストにはならないよ。

定食を荒らすよ!

根本的になたを震える人でないと何も変わらない。

日テレは、けっこう番組から、素人をスターにするのが上手い感じがする。

元気が出るテレビとかもそうだったし、今なら月曜から夜更かしの桐谷さんとか、イモトも素人ではないが、行ってQでスターになった。←他局で見たことがない。

結構、自局でスターを作り、その面白さを独占するのが日テレかも知れない。

キライな芸人第一位の出川哲郎が今では人気者だ!

正直、俺も出川が見たいと思った。

それも行ってQの力といっても過言ではない。

お嬢(河北麻友子さん)との絡みは最高!


電波少年もそうか、猿岩石から有吉が出て、

テレビ欄を白紙にして、考えた方がいいのでは?


フジも、「料理の鉄人」とか「服飾工房」とか「カノッサの屈辱」とか、面白いのあったよ。

今は、素人力の時代なのかも知れない。

逆に、NHKなんてほんと斬新だと思う。

もっとも変わった局かもしれない。

朝ドラも、オリジナルもやるが←「まれ」のようにこける確率は高いが

朝ドラも、実在した人に着眼点を当てて、作るようにしたらヒット作が多くなった。

他にコントもあるし、何より、UFOとか扱った「幻解!超常ファイル」「ファミリーヒストリー」「ドキュメント72」・・・

と、着想が面白い!

NHKにこれをやられると、プロフェッショナルの部分も強いし、多種多彩になったといっても過言ではない。

迷走するフジ

いったいどこへ行く


寝よう。


日テレは、みのもんたの昼の「おもいっきりてれび」も、朝の「ズームイン」も切ったんだよね。

それがフジには出来るか?

色々なことが、今、問われてるな・・・

月9の福山さんも、「龍馬伝」の余韻が残るうちにやったのなら、もっと高い数字が取れたかもしれない。

ちなみに、NHKで面白いドラマが始まる。

番宣からして面白かった

中々、番宣で面白い!と思わせる番宣、ないよ

トットてれび、おすすめです

たぶん、おもろいと思うよ。

ほんと番宣から、いい匂いがした



いや、今は、生き方の時代なのかも知れない。

ファミリーヒストリーも、朝ドラの実在する人物も、全ては生き方だ!

20代の新人が一番あやうい。

しくじり先生でも「はんにゃ」が、実力がなかった、といっていた。

処女作にして、消えていく人は多い。

なぜなら、結果、実力が備わってないからだ。

芸人を見ても一目瞭然だ。

野球も二年目のジンクス・・・

新人賞をとって、息が長い選手は少ないのかも知れない。

そのチームの枢軸になっている選手は新人賞を取ってない人がほとんどかもしれない。



コメント

もっと遊ばないと

2016-04-24 01:29:20 | 日記
今週のゴロウデラックスを見た。←ドラマを作る人にとっては、作り手さんが垣間見える貴重な番組

今週は、芥川賞直木賞作家とオフ会、お花見編だった。

男性は、朝井さん、羽田さん、女性は、柴崎さん、桜庭さん

なんかいいなぁ~

芥川賞、直木賞、本屋大賞、いいなぁ~

けど、もう審査されるのは嫌だなぁ

もっと、遊んで、作品を作らないと、それだけの余裕が欲しい

創作学も、よりシンプルになった感じがする

思考って結構、湾曲すると思う。

紆余曲折っていうのかなぁ~

でも、そこを経ていくと、湾曲していたものが、直線に、最短距離になる

でも、プロっていいなぁ~




コメント