ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

スターウォーズ、フォースの覚醒から見る長編

2015-10-24 08:35:50 | 日記



スターウォーズ、フォースの覚醒、楽しみですね

このスターウォーズサーガは、ある意味、スカイウォーカーの一族のお話にも見える。

1から3がダースベイダー(アナキンスカイウォーカー)

4から6が、その息子、ルークスカイウォーカー

そして、7、フォースの覚醒からは、たぶん、レイア(ルークの妹)とハンソロの子供(兄と妹?)の話。
ダースベイダーの残骸を見ると、どうやらそうなのね。
ルークがジェダイマスターになって・・・

ただあの黒人の人、最初は帝国軍の人なのかな、その人がジェダイの武器であるライトセーバーをもって今回の宿敵(兄)と戦うのを見ると、あの黒人はジェダイ?

となぞは多いが、でも楽しみ。

ここからは、創作する者としては、このドラマを、長編をどうやって引っ張っていくのか?

宿敵はカイロンレイというのかな、

ただ、祖父に当たるダースベイダーの意思を受け継ぐ。

それだけでは、なんかドラマ全体を引っ張っていく力に欠ける気がする。

かといって、アメリカ生まれのドラマが、民主主義を否定するかのような、設定、哲学は持ってこないと思う。

議会の腐敗が続き、それに嫌気がさして、有能な一人の人間が支配してこそ、世界は成り立つという大義をもって、ダークサイドに落ちていく。
ダースベイダーのように、

っていうわけでもないだろう。

そう大義なのかな、

読者、視聴者を引っ張っていく、しかも、長く(長編)、

それが、ダースベイダーのあとを継ぐでは、継ぐのはベイダーの哲学、信念、もひっくるめたものでないと、ちょっと薄い気がする。

そう、長編とは、そういう壮大さがないと、中々、

それは単純でいい。

議会の体たらくに辟易し、宇宙の平和のために暗黒面の力を借りてでも、俺が成す。
祖父、ベイダーのように、
でも、大義は出来、世界観も成立する。

といろいろ考えてしまうが、まぁ、楽しみです

これは絶対映画館で見るぞ!

映画館で映画を見るのは、スターウォーズ3以来かもしれない

三部作だけに、一部で掴み、さらに、やられたり、いろいろあるでしょう。

やっぱ、4~6が一番出来がいいと俺は思うので、それを超えるには、どういうアプローチで見せるのか、

それは楽しみで仕方ないし、勉強させていただきます

創作の方は、TBS連ドラが落ちるも、また、長編を楽しませるにはどうすればいいのか?
と考えに光明が出てきたので、

まぁ、兎に角、小説と構えて何も書けないのはよくないので、シナリオ形式でもいいから、長編を、と考えている。

それを小説に脚色してもいいし、シナリオと小説のあいの子でもいいと、

兎に角、THE小説!というものにしり込みして、何も書かないのはよくない。

と、まぁ、本日はボディコンバットがあるので、まぁ、せめて整理ぐらい出来たらいいかな。


コメント

忘れてた

2015-10-18 23:50:20 | 日記
自分がスタジオエクササイズが好きなのは、一つにというか、100%かもしれないが、ボディコンバットで思いっきりストレス解消出来るからだろう。

昨日は、ボディコンバットに、本日は、ボディアタック

でも、思った。

こんなにスタジオエクササイズがはまるのは、確かに、100%、レスミルズだけど、やっぱお客さんも大入りで、

そして、みんなスポーツ好きだし、前向きな人たちなんだよね。

そう、ジムにくる人は、やっぱ前向きだよ。

ジムで走る人も、楽しいから、が基本だけど、

確かに陰口をいう人も中にはいると思うけど、そんなの少数


自分は、どうも知った顔の人でも、なんていうのかな、コンプレックスというか、町工場だし、手取りも残業がなければ19万だし、

なぁ~

と、なんか自分が情けないなぁ~と思う気持ちがあるのかな、


でも、たまたま知った人がいて、その人を通じて、知っているけど話したことのない常連さんと話し、

やっぱ、みんな前向きなんだよね。

スポーツ大好きだし、

ジムはそんな前向きな人に出会えるから、気持ちがいいのかな。


今週は常連さんが少なかったせいか、掛け声もすくなく、ちょっと盛り上がりに欠けた感じがする。

今週の土日は大入りで、めっちゃ盛り上がってくれるといいな

さて、創作もやらんとな。

と思って、ノートを買ってみた。

字が汚いからノート派ではなかったが、ちょっと字が来たなくてもいいんだ。

ネタを考えているときは、ノートで、作品を書くとき、パソコンにすればいいんだ!

でも、やっぱジムはいいなぁ

ちなみに「掟上今日子の備忘録」は、一話完結だけに、こういう風に10回?、12回進むのかな。

一話完結の弱点なのかなぁ~

俺は次週に引っ張る形のドラマが好きだなぁ~

コメント

ん~

2015-10-12 21:37:54 | 日記
どうも、休みの過ごし方がへたくそだなぁ~

そう思ってしまうのは、おそらく、休むことよりも、プロになってガツガツ行きたいってやつなのかな。

よく芸能人も、特に芸人かな、アメトーク見ると、「テレビ出たい!」とか、楽屋に長々といてしまう、とか、

そういうやつだろうな。

たとえば、本でも出したら、おそらく、町中の本屋に、特に神保町、いや、大きな書店があるところで、自分の本が売れるかどうか、

見てくれる人がいるかどうか、

そういうのを見たくて町に出るだろう。


やっぱ、究極の楽しさ、過ごし方っていうのは、自分のやりたいことをやる。

ことだろう。


確かに、コナミのボディコンバットも俺の人生には必要だし、ボディコンバットを受けて、スタジオを出て、そこでこと切れたら、

それはそれで俺自身は納得する人生の終わり方の一つだ。

けど、やはり、娯楽ドラマも、

これは、もし自分が結婚して子供が出来たら、子供にも創作を受け継いでほしいと思っている。

夢がかなわなかったら、

「父の無念を晴らしてくれ!」

と、それぐらいの気持ちがある。


まぁ、難しいな。

土日はコナミでエクササイズを楽しみ、本日は、創作メモをやったけど、思考がほんと変わりに変わった。

正直、一行で、その料理(ドラマ)が上手いか、不味いかわかる、程度でいい。

と、そこら辺まで、今までの考えがそぎ落とされている

ただ、劇画村塾の小池一夫先生の教え←劇画村塾とは、高橋留美子さんや北斗の拳の作者や、ドラクエのプロデューサーとか、一流を輩出した小池先生の生徒たち。

その小池先生の教えでは、この俺の、ようは一口で上手い不味いがわかる、的思考での創作法は、あまり受け入れられないだろう・・・

全ては、作品作りで証明していくしかない。


しかも、これから小説だけに、400枚は行きたい。

それは、俺の好きな作家、シドニィシェルダンのように、面白さで、あっという間に上下巻読んだ!

ぐらいでないと、お客は離れていく。

それを、たった一行でやろうというのだから、ほんとやってみないとわからない

そう、そして俺の最大の弱点は、取材力、専門知識の無さ。

これが大きいな。

ノーベル賞を抗生物質でとった方のゼミの内容でも少々しっていれば、ネタ的には悲劇で、痛快、サクセスを好む俺としてはどうもペンが走らん、キーを打つ手が走らんが、あるにはあるのだが・・・

そこ行くと、やっぱシドニィシェルダンはいいなぁ~

さて、下手な休みを過ごしてしまったが、明日から会社だし早く寝るか。

コメント

作る気を持って作らんと、いかんな

2015-10-12 00:07:06 | 日記


どうも今年も、自力優勝消滅したので←まぁ、コンクール落選でプロになれず、という意味です。

まぁ、小説にしても、完成させる気になってガツガツやらんと、完成なんてしない。

けど、その前に、ネタだ!

明日もコナミの祝日プログラムがあるが、明日は、ちょっと創作メモと、ネタ捻出かな。

どうも、いっぺんになんとかしたがる悪い癖があるのかな、

なんにもならないのだが、今あるモノよりも、新しいモノに傾倒していく自分がいる。

でも、明日はなんか吐き出せたら、いいかな。


さて、深夜に財宝はないから、寝るか

ん~、でも、明日はうまいラーメンでも食いに行きたいな


コメント

日テレ土曜ドラマ「掟上今日子の備忘録」の感想

2015-10-10 22:34:48 | 日記
芸能界は、結婚ブームというか、例年になくやけにビッグカップルが多い

今、女優さんで気になるのは、新垣結衣さんかなぁ~

なんか、リーガルハイで新垣さんの印象は変わった

そんな気になる人が主演で、原作は本は読んだことないが、西尾維新さんといえばライトノベル?

では超売れっ子!

そんな人のミステリーならぜひ気になる

と思い、第一回を見た。

これこそアイデアが仕込まれているドラマなのだろう

めっちゃ面白かった。

なんか、今年初の連ドラかもしれない。

次回も楽しみだなぁ~

朝の連ドラ「朝が来た」も見ようと思ってまだ見てない。

評判を聞いてからでもいいかな・・・

「まれ」はダメだったね・・・

俺的には「まれ」は、番宣でアウトだった。

なぜ?

主人公はダメな父親をみているせいか、「夢はなく、公務員になる」というスタートから始まった。

ようは掴みだ!

その掴み、なんか面白そうなにおいがしなかった。

結局、なんか、途中で出てきてなった姑を出したり、ヤフーの記事に書いてあった。

アップアップで半年泳いだってことかな・・・

でも、掟上今日子は、アイデアがめっちゃ若々しいし、新鮮に見えた。

エンドロールで脚本家の名前が出ていたが、野木さんというヤンシナ出身者だ!と思った。

これは日テレスクールに行っているとき、「脚本家は小説家のお抱えにならないと食えない」と聞いた。

野木さんは、小説化、有川浩さんに気に入られた。

だから、図書館戦争も書いてると思う。

そして、今回、掟上今日子、脚本も面白かったと思う。

ヤンシナも久しぶりに、出てきたって感じなのかな。

新垣さんが好きだから、掟上は全部見ると思うが、感想は一話完結だけに、この感想と変わらないと思う。

なんか久しぶりに楽しみなドラマが出てきたな

ちなみに、大河ドラマ「花燃ゆ」は、内容はいいと思う。

残念ながら、キャストがちょっと幼さがありすぎる気がする。

玄人好みって感じはしなかったんじゃないのかなぁ~


もっと、大人っぽい役者さんを使ったら、視聴率も変わったのでは?

と思ったなぁ~

まぁ、それも好みの問題だけど・・・


この三連休、風邪が治りかけだから、体を休めればいいのだが、やはり、日々のストレスを吹き飛ばしたく、本日はコナミ、ボディコンバット、明日はボディアタックに水泳かな

月曜日は、ちょっと美味しそうなにおいのするものを作ろうと思う。

どうも、沢山、いっぺんに作ろうとするからいけんのだが、

ただ、掟上今日子のような、作品は俺には書けん。

それは才能的に、俺にはその才はない





コメント