ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

弱気は最大の敵

2012-02-27 21:45:19 | 日記


広島カープの炎の伝説のストッパー、津田恒美さんの言葉だ!
その言葉を胸に、立ちはだかる強打者に、九回ピンチに出て行き、戦って来た伝説の人だ!


ダメだ、ダメだ!
昨日のブログを書いたら、やけに気分が悪くなった

これから、高い山に挑もうというのに



腰が引けたようなことを思うな!


気持ちだけでも挑んでいけ!

三月は攻めだ!

ガンガン攻めていけ!



コメント (2)

五黄土星の二月総括

2012-02-26 19:32:54 | 日記
ちょっと早いが、ブログを書く時間がないと思うので、書けるうちに書いておこう

五黄土星的には、別になにもなかった

しいていうなら、二月に二回(二週間)も仕事の疲れが内臓に来て、風邪気味になってしまった
病み上がりの本日、一週間ぶり?のコンバットをやってきたが、さすがにきつかった
特に、なんかホップしながら膝をあげると、乳が痛かったなぁ

でも、コンバットをやっていい疲れというか、体力が0になったせいで、なんか良いですわ
本日も早寝をしよう。

創作的には、やはり、「これだ!」というのが手に入ったのと、なんていうのかなぁ、しぐささんの存在のおかげで、ドラマの面白さとはこういうものかもしれないというテクニックも手に入った。

まぁ、しぐささんの存在は大きいが、悩みも大きい
来週も来るかなぁ
まぁ、声をかけるというのは、タイミングだろうなぁ~

去年の暮れからの絶望感で打ちのめされつづけた日々も、ここに来てちょっこし和らいだ。

まぁ、悔しいけど、努力しても、手に届かない人は何も手に入れることは出来ない、という前向き精神とは反する、努力にムダなものはない、ムダな努力はするものだ!
と思っている人間には受け入れがたい現実を少しづつだけど、受け入れたのかな

ほんと、悔しいけどね、あんまし面白くないものも連ドラであったり、こんなのに負けたの?と思わずにはいられないドラマもある

でも、それはほかの人が見れば、良いものに見えたのだから仕方がない

自分なりには、自分でこれからもドラマ作りで今以上に成長するし、そういうネタもあるし、ドラマが自分なりにどういうものか、どうすればドラマがより濃厚になるかも、こういう風に魅せると人を惹きつけられるとか、かなり学んだ
けど、根本的にどうもダメなのかな、という弱気ではなく運命を受け入れざるを得ない。

それはほんと辛いモノだが、少し受け入れつつあるのかな
でも、既成のドラマに自分を喜ばすものは、あるにはあるが、ほとんどない。
だから、自分が楽しめるものを作る。

まぁ、負けてるんだけど、誰にも負けない、という気持ちだけかな
プロには、世界が変わらない限りなれないと思う。←これを受け入れるのが辛かった。

作品は作れば応募はするけど、
「プロ、プロ!」
というのは、やめよう。

もっと楽しんで書けるようにしたい。

と、あとは人並みだけど、彼女を作って、笑い話が好きだから、おしゃべりを沢山したいかな

あと、今の会社から解放されて、新しいところで楽しい仲間に囲まれて、楽しくやっていければそれでいい。
それが手には入ったら、運気が最強の今年の五黄土星の願いは叶ったに等しいだろう。

無欲になれではないけど、自分なりに、「どうだ!」というのは、世間的にはどうってことないってこと。
そういうのを受け入れないと、この胸くそ悪い気持ち、負けたと思えない負けを感じながら生きていく辛さは、どうにも耐えられない

ほんと、凄い天才、嫉妬するほど面白い、そんな作品を書く人が現れてくれると俺的には救いになるかな
良い作品ではなく、おもろいやつだ!
行列の出来るラーメン屋のように、もうやみつき
そういうのが欲しい。

まぁ、ほんと普通の幸せが欲しくなった
笑い話で気分を良くする、体調を良くする人間だけに気の合う人に会いたいかな、
ほんと、もう何年も、いや十年以上、心の底から笑ってないかな

三月は、五黄土星的には、気持ちを持ち上げてくれることが書いてあるので、ちょっとその気になって、作品を作り始めたいね。
しぐささんへの気持ちで、面白いのが書けるので

本当はいかんのかもしれんが、ドラマ書きはある意味、人食いだし、大嘘つきでもある。

でも、自分が面白い!といえるものを書いていこう。
そして、日常生活では人並みの幸せが手に入ればいいかな
あの会社から抜け出ることが出来れば、それだけでも十分幸せになれそう。
まぁ、なんの取り柄も能力のない人間は、数かぞえることしか出来ないから、あの会社から、あの人間たちから離れたくても、離れられないんだよね
人生っていうのはほんときついなぁ

三月は前向きに、五黄土星も応援してくれるんだから、自分が面白いと思うネタもどんどんドラマにしていこう。

そうだな、早寝と、もがいてもどうにもならない人もいる、という現実を受け入れることで、何か心の痛みを和らげることが、少しは出来つつある。
そんな心のリハビリをしたってことかな

じゃないと、ほんと辛くてね

三月は自分が楽しめるものを書くぞ
そして、いつかジュールベルヌの「皇帝の密使」に近づけたらいいかな

あとは、日常の普通の幸せを、かな

まぁ、今年は、まだ作品を書いてないので、今までで一番おもろいのを書くぞ!

昨日よりも今日、今日よりも明日、面白いのは未来にある。
だから、書いていかんとな
1、2月、ドラマを考えてきたのがかなり役立っていると思う。

ほんとドラマは奥が深いですわ


そうか、それを人は、

覚悟

というのかもしれない。

けど、俺は往生際の悪いやつだから、もがける内はもがく、

まぁ、今までとは違う、新しい自分らしさを模索してるのかな

でも、面白いドラマを生み出していく期待の方が大きい
それだけ、ドラマの核に、自分のカラーに、踏み込んできたということかな

三月から新作からまず書き始めよう

コメント

病み上がりの先制パンチ

2012-02-25 13:04:06 | 日記


今週は、今月二回目の風邪気味で会社には行っていたが←いかないとひがみとかなに言われるかわからん
ジムは休んでいた。

「ここはガマン、体力回復が優先だ!」

と、

そんなかいもあって、まぁ、なんとか良い感じになってきて、本日、一週間ぶりのジム

「しぐささんと会えるかもしれない」

「雨だけど来てるかな」

と思い、しぐささんが荷物を置いている場所に目をやると荷物がない。

「ん、まだ来てないのかな?」

と思い、スタジオへ。

すると、しぐささんはいました

しかも、おっと


このブログは、ジムに来る人も見てる可能性





なので、あんまし詳細は書けんが、まぁ、いました。

しかも、会釈までした←初会釈です

もう、手が届くところにいる

俺、悩んだね!

「ここは一声かけるべきではないのか?」

かける言葉はもう決まっている。

しかし、こんな形であれなんて、あれじゃないのか、あれか、アレ

悩んだ・・・



そして、声をかけることも出来ず、靴の紐を結ぶ・・・


ただの意気地なしじゃねぇ~か


でも、でもさ、

相手は、しぐささんは、主婦かもしれない

主婦に声をかけるのか?

確かにしぐささんはイヤリングはしていたが、薬指に指輪はなかった。

それにカバンもみたら、宝島社がバックとか付録付きで雑誌を出している系のバックではないのか?

と、思った。

そこで考えた。

「主婦が宝島、読むか?」

「読む主婦だっているだろ!」

「いや、主婦なら、もっと実用的な今日の料理とか着物の着付けとか、そんなんだろ!」

「それはお前の偏見だろ!」

と、頭の中で葛藤しながら、レッスンをしていた。

でも、イヤリングはしてるけど、薬指に指輪がない

でも、会釈はしたぞ!

すると、俺のガン見は、拒否られてはなかったってことか

すると、一歩前に進んだのかな

いやぁ、でも、まさかまさかの先制パンチを食らいました

もう、そんなこんなでなんか、こっちが上の空で、エアロビもグダグダになってしまいました

でも、今日は声かける最大のチャンスだったのに、出来なかった

でも、もし来週、同じようなチャンスがあったら、

・・・かけよう!


そうだ!

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ならぬ、

言うは一時の勇気、言わぬは一生意気地なし、だ!

でも、スタジオの張り紙に、禁止行為に、営業活動、写真撮影、勧誘と合ったが、告白は禁止にはなってなかった
けど、その他に、スポーツ以外のことは禁止とあったから告白はスポーツ以外なのかなぁ

まぁ、いきなり告白はしないけど、それに、人って話してみないと相性ってあるから

と、

創作的には今週は、ドラマ作りに絶対必要なもの、それをとうとう手に入れた感じがした。
しかし、打ち出の小槌というのはないね。


まぁ、来週だ

さて、昼飯を食おう。



「いや、主婦はチラシだ!」

少なくともスーパーで買い物するとき、手を頬に当てながら買い物をする

どうだ



コメント

ん~

2012-02-18 13:19:47 | 日記


どうも二月に入り、連日残業で疲れが内臓から来ている
本調子ではない今日この頃・・・

本日も、スタジオエクササイズでしぐささんをガン見してしまった
けど、しぐささん、いやがってるのかなぁ
本日はどうも目が合わせないようにしていた感があった
ガン見は失礼だと思ったので、自分も意識して、そんなに見ないようにしていたが、見てしまった。

けっしてへんな見方ではない
別ににらんでるわけでもないし、43才のおっちゃんのつぶらな瞳で見ていた。

こんな感じかな、



やっぱ気持ち悪いのかなぁ

でも、目だって合わせ方というのがあると思う
柔らかい視線だと思うけどなぁ

でも、終わってから出るとき目があった←目が合う合わないで盛り上がれるんだから、つくづくめでてぇやつだよ、お前さんは

でも、スタジオエクササイズをしていて、あんだけ広いジム、そういえばあんまし人と目と目が合うことってないね・・・

まぁ、話をしないんだから当然なんだけど、話をすれば人の目を見るから目が合うのは当然
でも、話をしなければ誰とも目が合わないものだ
そういう意味では、良かれ悪しかれ、しぐささんと本日、目があった。
目があったのはしぐささんだけだ

まぁ、ガン見してれば、そりゃ、あいても見てくるよな



まったく、

目が合う、合わない、なんて小娘じゃあるまいし、

ほんと、

つくづく、

おめでたいやつだよ



しかも、人〇さんかもしれないっていうのに

まぁ、町工場と家の往復じゃ出会いもないから、考えればジムに人への好意を抱くのは必然なのかもしれん

まぁ、ほんと、今年は、少しは、なんでもいいから、一つでも、良い方向に物事が進んでくれたらいいなぁ
新しい風っていうのかなぁ、自分のモチベーションを高めてくれるものが欲しいのかな。

創作の方は、思考だけどどんどん研磨されている気がする
本日も創作メモを整理して、ほんと目的を持ってかかんといかん

まぁ、今日はゆっくりしよう。

コメント

もっと攻めていかないと

2012-02-12 18:31:39 | 日記
もっと攻めていかないといかん

どうも消極的だ
それではあかん

もっと広い世界に行きたいのなら、もっとスケールでかく、身の程知らずでいいから、積極的に戦って行かんといかん

どうも色々、悩みすぎたのかな
悩みつかれたし、やっぱ心の赴くまま、気の向くままが自分には合ってるし、それに大きな世界で勝負がしたいんだから、もっと挑んでいかんといかん。

身の程知らずの挑戦者なんだ

攻めこそ全て

どうも狭い世界にいて、なにもかもが狭くなっているのかもしれない。

どんな物事もなるようにしかならんし、そのときに出くわせたら、そのとき動けばいいし、人が考えているほど思い通りにはいかないもの。

もっと自由に、そして、もっと攻めていこう

その方が気が楽だ

ちょうど図書館から去年の江戸川乱歩賞受賞作「完盗オンサイト」が回ってきた。
ちょっと出来れば読みたい。

スケールの大きく、人はスケールの大きさにふれたいのかなぁ
少なくとも、本日、青空を見て、もっと世界を知りたいと思った。

人は何かを表現したいのかな
そして、とてつもなく大きな世界で凌ぎを削りたい、自分を試したい

ちょっと前向きな気持ちが弱まってるのかな

もっと、気持ちだけでも大きく、でっかくやっていこう。



コメント (6)

八百屋お七

2012-02-11 22:12:46 | 日記
の心境です←八百屋お七とは、好きな人に会うために江戸の町に火を放ったとか、その気持ち、わかります、いとあわれ←たいそうおもむきがあるって意だから意味がちがうか、けど、ニュアンスで、「いと哀れ」です

本日もジムで、あの人のことをガン見してしまいました
あの人は、おそらく、

「いやだわ、ひげ面のぶっさいくなおっさんが私のこと、見てるわ」

と思ったことでしょう

目があったし・・・←そりゃそうです、こっちとら、どうしても目がいってしまう

会社でもイヤなことがあったり、関わりたくないと思うと、あの人のことを考える
すると、イヤなことを忘れることが出来る

ほんと、いろいろ考えるんだよね、あの人ことを思うと・・・

あの人はおそらく同世代、それか、もしかしたら、年上
すると、今年で44になる俺と同世代か年上といったら、おそらく、人〇でしょう・・・

そりゃ、考えるよ
せめてどっちなのか、指輪でもはめていてくれたらいいのに
はめてないから、余計に考える
でも40代でも独身女性はこの世にいるし、とか、もう考え出したらきりがない



ほんと、その人は常連さんで、でも、意識はなかったと思う。
年齢も同世代だと思ったし、個性的だとは思うけど、別に意識はしてなかった。

しかし、

「休みの日はまず体を動かしてから、入りたいね」

と思って、去年の秋頃から土曜日も行くようになったスタジオエクササイズ

そしたら、その人をよく見る場所にたまたま行ったら、そこしかなかったから・・・
でも、
そしたら、その人の個性というか、
「ああ、このしぐさは女性ならでわだ!」
と思って、その人に目がいっている内に、いつの間にか心も持って行かれて、とうとう八百屋お七になってしまった

でもさ、相手は99%、人〇じゃないのか

「既婚、未婚問わず、女性はパートナーがいる人は指輪はめてくれよ!」

俺が立候補したらマニフェストに、
「パートナーのいる人は左手の薬指に、指輪をはめなさい」
って書くぞ

なんかさ、ほんと、こんなことって、はじめてだから、好きになった相手が人〇かもしれないなんて、

ドラマではそういうの書くし、そういう小説もあるけど←「失楽園」とかさ、
でも、まさか自分が、片思いでもその立場に立つなんてさ

参ったなぁ

ということで、二月はまだこれといった創作はしてません。
でも、今のこの胸の内、小説じゃないけど、書きつづってみます。
というか、書かないと前に進めないしさ、なんか感覚が刺激されちゃって、言葉が次から次へとあふれ出るんだよね

ああ、ほんと、いい男だったらなぁ
まぁ、誰も見てないからいいんだけどさ

でも、ちゃんと創作しないといけないから、それはそれでおいておかないと・・・
もし、話すチャンスが巡ってきたら考えればいいのかなぁ~

消極的だけど、致し方ない・・・

あんまし、へんなことは出来ん←過去に何度、仲良しになった人にコクって、コクられた相手がバイトを去ったことか

「俺は告白魔じゃない!

けど、別に相手がいやがることなんかしない!そんな性格悪くないぞ
でも、おそらく告白されたことがいやことだったんだろうなぁ~←いと悲し

でも、ガン見だけでも失礼なのに見てしまう自分
どうしても脳に焼き付けたくて・・・

わからんなぁ~

人を好きになるってわからんね


と、おっさんがブログで気持ち悪い気持ちを書いてるなぁ~と思ってもらって結構

43才のおっちゃんだって人を好きになるさ

ということで、創作的なことは、この気持ちを小説にしてみようということぐらいでなんもない。
しかし、なにがあれば書けるか、というのは良く分かっているし、ちゃんとやっていかんとな

自分から、行動しないとなんもならん。

果報は寝て待てでは、寝汗をかくことぐらいしか出来ん。

人事を尽くして天命を待つ、でなくてはいかん。

ちょっと銭湯で温水浴して、会社の疲れをとって、あとちょっとやけぼっくりな八百屋お七の気持ちも沈めて、前に進まんと

でも、この気持ちをしっかり書かないと、前に進めない気がする
あまりにも、気持ちが出過ぎている、露出しすぎている

ほんと、和製ヨンアさんもそうだったけど、前から存在だけは知っている人が、それ以上の存在になったとき←一目惚れじゃないってことだね
ほんと心に浸透する
その衝撃は一目惚れをも凌駕するね

ほんと、まいったです

でも、幸せな気持ちにはなれるけど、今はなにも出来ない
精神的支柱を失いたくない
場所も人も、それがあっての精神的支柱だから

でも、ガン見してたら・・・まずいだろうなぁ

いい男だったらなぁ~
と、43才にして思う今日この頃

さぁ、銭湯で温水浴で気分転換、疲れをとって来よう。


コメント (2)

良い湯だった

2012-02-04 22:55:17 | 日記


ちょっと、まだ体の節々がジンジンするので銭湯に行ってきた。
近所に銭湯があるのは知っていたが、外観から見て、狭いのでは?
と思い、昔から行っていた銭湯に行っていたのだが、それでは行くのに自転車で10分はかかる
そこで本日、思い切って近所の銭湯に行ってみた。

非常に良かった

なにがいいか?

まずそんなに小さくない、良いと思う。
雰囲気も良かった。
外観は古くぼろそうだが、なにか千と千尋の神隠しの湯みたいな感じがしなくもない。
それに商店と住宅がいだけに、あまりお客さんがいないのは店にとっては悲しいことだが、なんか貸し切りっぽくて贅沢な感じがした

そして、湯の温度が熱い。
おそらく、子供連れで来る人が少ないのかもしれない。
だから、入ったら結構熱くて、体が冷えていただけに、最初は入れなかった。
そして、水風呂が大きかった。
ホットカーペット二畳分ぐらいあると思う。
足が伸ばせる。

銭湯で水風呂は俺にとっては最重要ポイントである。
水風呂があると温水浴が出来るからだ。

温水浴とは、まず熱い湯に浸かって体をじっくり温める。
それから水風呂に入る。
すると、疲れているところがジンジンしてくるのがわかる。
大体足首と手首、節々がジンジンする。
このジンジンは、俺は疲れ信号だと思っている。
しかし、熱い湯に浸かり、そして水風呂に浸かるというのを何度も繰り返していると、節々の疲れがとれていく感じがする。
時間でそれを30分ぐらいやると、ほんとになんか体が軽くなる感じがする。

おかげで今、体の疲れが抜けていく感じがしてます

そして、湯に浸かりながら、あの方のことを考えていた
さっきブログで書いたのが良かったのが、自分の中でかなり冷静になれた。
こういうのってラブレターと同じなのかな、
感情の赴くままに文書を書くと、書いたときは自分も熱いから、感情的になっているからいいかもしれないが、時間をおくと、ちょっとこっぱずかしい
だから、ブログで書いたおかげでかなり冷静になれた。
でも、もし、今日のようなシチュエーションに出くわしたら、話しかけてみよう

まぁ、真摯に、丁寧に、礼節をもって話しかければ、相手もイヤな感じはしないだろう
まぁ、そんなに見栄えのない、冴えない俺に話しかけられても嬉しいものではないと思うけど

でも、良い湯だったなぁ

やはり一週間に一回は温水浴をやりに、疲れをとりに行くべきだな

明日は良いエアロビ、良いボディコンバットをするぞ!
夜はサッカー五輪予選があるし、ドラマも少し考えよう。

目的をもって面白いの作ろう

コメント

ドラマっていうのは、

2012-02-04 19:30:04 | 日記
人の記憶の中にある

人が体験し記憶したこと、人から聞いて想像を膨らましたり、何かのきっかけをタネに想像力を膨らましたり、また、取材して想像力を膨らませたり、テレビで見て知ったとか、兎に角、ドラマというのは体験ないし、取材や知り得たこと、タネから想像力を働かせたことでなければ書けないのだ。

今、どうやら熱にうなされている感じがする。

詳しくは書けない

けど、やばかった。

確かに和製ヨンアさんのことを目で追っている自分がいる
それは認める

しかし、

しかしだなぁ、

時を同じくして、もう一人、どうやら気になる人がいる
事情が事情だけに、書けない、聞かれても答えない、見ざる言わざる聞かざる、です

しかし、
今日はもう特にやばかった
もし、ほにゃららがもう少しほにゃららにいたら、俺はコクっていたかもしれん
コクらずとも話しかけていたかもしれん

しかし、

しかしだなぁ、

それは、

それは、

それは許されないだろ!

と思う。

というのも、その人はもしかしたら、あれかもしれない←男じゃないよ

でも、今日はその人のことを色々考えたりしていたら、もうそのこと自体がドラマのネタになってしまった

泉のごとくわき出るわき出る、胸の思いが

おもわず、ヤンシナにでも書いて応募しようかな、と思ったが、これはメンタルが全てなので小説にすることにした。

暮れに書いた小説も小説としてはヘタッピだと思うが、ドラマ的には俺は愛しい
あの小説を超えるドラマは、今の俺には中々書けんし、あの書き方はやめようとおもったばかりだったが、今日、たった一日で、どばっと吹き出たこの胸の思い、小説にしてみます。

でも、小説にしてどうする・・・

先のことはどうなるかわからんけど、小説にして、もしかしたら話しかけてみようと思う・・・かもしれない・・・

まぁ、ただの独り言です。
じゃないと出禁←出入り禁止
になりかねない


人を好きになるとき、一目惚れというものある。
しかし、前から存在を知っていたとき、一目惚れというのはないだろう。
しかし、あるきっかけで、その人のギャップや、雰囲気、しぐさ、そういうものにふれたとき、思わずドキッとすることは往々にしてある。

まぁ、そんなことです
花はいつまでも花なのかなぁ~
そんなものをその人から感じてしまった

思わず、ガン見しちゃった

まぁ、創作はほんと目的をもってしっかりとやらんといかん。
自分なりにドラマのことを考えていたら、それなりに見えつつあるし、本日、どばっと吹き出たこの思い、そのまま小説にしてしまえっていうのもある。

しかし、主人公のモデルがことごとく自分といってもいい
どうしようもなく、情けない男は主人公になりやすいのかな

兎に角、まぁ、がんばろう・・・

ただ、今日のように、あのシチュエーションが万が一、もう一度来たら、ちょっと気さくに言葉だけはかけてみよう。
しかし、

いらぬことは言うなよ!


これが俺の弱点でもあり、見方によっては素直なところかもしれん
両刃の剣とはまさにこのことなのかなぁ

ほんと、先のことは全く読めない・・・
しかし、その先が見たいのは、ゾクゾクしたいのは、自分の性分なのかもしれん

「ええ、俺ばかり悩んでないで、いっそカオスにして、相手も悩ませてしまえ!」←迷惑な話だよ

頭いてぇなぁ~

このブログ、書いちゃいかん
と思って、でも、なんか書きたい胸の内
でも、書いちゃいかんと思って、オブラートに包んだ包んだ

いやぁ、こんな思い、こんな心境、はじめてだよ・・・

こんなのドラマにしても独りよがりなのかもしれんが、なにか少し幸せを感じることが出来るような気がするから余計に大きいのかな・・・

いろいろな言葉が、表現が浮かび上がる・・・

この辺にしておこう。

ただの独り言です

だって今の気分は、

王様の耳はロバの耳、王様の耳はロバの耳


って、言いたくてね

止められなかった、自分を


このブログで書いたこと、もしかしたら小説で表現でたぶん使うかもしれん。
それも気をつけて、省いたけど・・・

ただ、もう一度言わせてくれ、

王様の耳はロバの耳、王様の耳はロバの耳

コメント