ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

10月総括

2011-10-31 23:06:50 | 日記
10月は、久しぶりに落ち込みが酷かった
それは、まだ終わってはいない。
この会社とストレスと付き合いながら、夢を追うというかなりきついけど、夢がない人生なんて考えたことがないし、叶わぬ夢でも追い求めて行きたいのかな

客観的に、10月を見れば、
シナリオを一作、オーソドックスだが、オーソドックスを作るつもりで作ったから、それはいいことかもしれん。
ただ、二作目は、やはりオーソドックスだけにストレスに押しつぶされた感じはする。

わくわく、どきどき、それが俺の求める娯楽、エンターティメントだから、

あと、震災以来、やはり俺にはジムがないとあかんということも、一週間の工事休館で思い知らされた

ボディコンバットは俺の心を無心にしてくれる、ストレスの疲れと、前向きなスポーツの疲れは別物とそれも身をもってしった。

中々、無心にしてくれるものは、日常ではない。
ジムで前向きになり、ストレスをいなしながら、前に進んでいく。

がんばっている人に、がんばれというのは酷な話だが、
がんばらなくていい、ちゃらんぽらんでいいという気持ちで気持ちを軽くして、そして、自分のやってきたことに自信を持つこと、

俺に必要なのは、

「自信を持つ」


11月、いや今年は本を読む、それと、11月はテレ朝があるのでシナリオを直して送る、そして小説も直してみること、

時間的にそんなに多くは出来ないと思うけど、ゆっくりでいい、

まぁ、アマチュアっていうのは、みんなそんなものなのかな、
なかなか、条件がいい状況で夢を追える人はいないもの、
それでも、みんな前に向かって進んでいく。

そりゃ、人生、苦しいときもある。

けど、

いつか笑えるときがくる、

昔の苦労が笑えるときがくる、

そう思って、前に進んでいくんだな、


まぁ、予定通りにはことは進まないけど、11月は今読んでいる図書館から借りている本を読んで、そして、テレ朝を直して応募出来れば、11月はそれでよしとしないと、

堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び、
前向きな気持ちだけは忘れずに、
進んでいけば、いつか笑えるときがくる

ほんと、今は精神的支柱の体育館、そこに集う人が俺に前向きな気持ちを与えてくれる。
ボディコンバットが無心にしてくれる。

慌てず、スポーツを楽しめばいい

自信を持って、
前向きな気持ちで、


コメント

廃案

2011-10-30 03:29:17 | 日記


一週間前に3ページ書いて、ずっとキーボードを打つ手(筆)が止まっているシナリオ(ヤンシナへ送るつもりだった)を、廃案にした

ちゃんと、ラストまでドラマはある。
いや、どんな作品にもドラマはある。
でも、不味くてはダメだ!
万年一次落ちの俺が更にマズイといっているのだから、よほどのことだと思う。

確かにテーブルに料理は存在する。
しかし、それが不味ければ意味がないのだ!
三つ星レストランのシェフが作る料理を食うことは小学生でも食えるし、うまいマズイは小学生でもわかる。
けど、食べることが出来てもシェフと同じものが作れるか?といえばそれは別。
はっきり言えば作れないだろう。

今書こうとしていたのも、確かに50ページのシナリオにはなる。
しかし、マズイのだ
自分なりの原因として、
まず一本調子、これはあかん
一本調子だから、甘いというか作品がお人好し、
確かに、俺は最後は救いのある感じで終わらせたいというのがあるから、どうしても甘くなる。
それを世間では読後感が良い、というのかもしれない。
それだけの作品ならいいのだが、やはり一本調子が気になる

それと、どうしても思ってしまう

「だから、なに?」
「(そんなこと)どうでも良いことだよ」

と、その言葉を振り払うだけの娯楽性がドラマにない
面白いドラマなら、読者、視聴者の心を掴む!
掴むから、「だから、なに?」「どうでも良いよ」という気持ちは出てこない。
出てくる気持ちは、「次どうなるの?」
そういう、前向きな気持ちが出てくるのだ。

しかし、今、書いているのは、そりゃ、話にはなる。
昔の俺なら、出すことを目標としているなら、おそらく楽しみながら書くだろう。
別に書けば、そんなに楽しめないことはない。
こないだ書いたテレ朝に送るのも、ある意味、一本調子かもしれん。
というか、ショートは一本調子になりやすい←だから、俺の中で「異世界奇譚」は、振れてる分、好きなんだけどね

ここが、書いていて難しいところだね・・・
どんな作品にもドラマはある。
けど、それはテーブルにおかれた料理のようなもの。
その料理にもうまいマズイが存在する。
味覚ってやつなのかなぁ

まぁ、難しいな・・・
普通のドラマといえば普通のドラマ、
確かにネタはオーソドックス発進だから、致し方ないんだけど、

しかし、廃案に決定した最終的な決め手は、バスタイムをしていて、

「これ、もし、役者だったら、この主人公を演じて、役者は楽しいだろうか?」

面白いドラマは、書く人も楽しいし、演じる人も楽しいし、見る人も楽しいとみんな、WIN、WINの関係だと思う。

これから小説という世界に行くにあたって、ただテーブルに料理をおいたではダメなのだ

それに今は、前に進みたいという気持ちが強いので、廃案にした
オーソドックスだから、そう考えると別に悪くはない・・・
けど、自分の好みの味ではないということかな、

って、こんな時間に書くことでもないが、なんか意志をはっきりさせて、前に進みたいから・・・

競馬も負けたし・・・

兎に角、まずは一冊、図書館から借りた本をざっと読みする。

下読み作家の本は、けっこう見るとこ見てるなぁ~と痛感させられる
ただ、こないだ書いた俺の小説はどうもネタ的にもアウトっぽい感じがした

でも、まずは、この本を読んで、それから、テレ朝に送るシナリオを直して、そして、こないだ書いた小説を直して、新作ドラマを考えよう。

まぁ、廃案にしたシナリオも、気が向けば書いてもいいし、もしくは大改造してエンターティメントになるのなら・・・
まぁ、可もなく不可はある、だなぁ~


ちなみに、カーネーションが良い色づきはじめました
朝の連ドラです
パッチやをクビになってから、そして、今週はミシン修行、
来週から、糸子がますます、躍動します
来週が楽しみ、そう思えるドラマになってきました


まぁ、ドラマっていうのは、問題があって答えがあるもんじゃないから、難しいといえば難しい・・・


さて、寝ないと、明日はエアロビにボディコンバットだ


コメント

だいぶ、上がってきたかな

2011-10-29 06:02:30 | 日記


なんとか、少しテンションがあがってきたかもしれん

やっぱ、スポーツの力というのか、スポーツは人の気持ちを前向きにするのかなぁ

十月ももう終わりに近いが、どうしても、3ページ書いて止まってしまっているシナリオがある。
理由は分かってる

ネタ的に、つまらん、というかいかにも50ページ程度書ければいいや、的なネタ
そして、ドラマが1本調子
1本調子のドラマは得てしてつまらん、退屈になりやすい
書くのが退屈なら、読むのは暇もつぶせないだろう

じゃぁ、1本調子を改善すればいい
確かに出来る、

けど、

ネタがほんとあまりにも50ページのシナリオが限度的なネタで、ネタということさえもおこがましい感じがする

でも、一応、ラストダンスじゃないけど、テレ朝、ヤンシナに1本ずつ出したいからなぁ~

それから小説だ。
小説も〆切が春が多いだけに、もう今からだと時間的に間に合わないので再来年になる。
でも、こないだの小説は出すところは決まっているが、次のは出来ればメフィスト賞で編集者に見て欲しいからなぁ
だから、〆切は作品が出来た時点になる。

そうだ、小説が出来た時点でそれが応募になるから、チャンスはあるんだ。

今は自信をもって、気持ちをあげていかんとな

本日は土曜日ということもあり、朝のエアロビで汗を流して、まったりしながら、まずはシナリオを五ページまで行けばいい

さて、もう一眠りするか、



コメント

自信を持て

2011-10-24 22:47:00 | 日記
今、俺に必要なこと、

それは自信を持つことだ!

今までやってきたことは間違ってはいない。
やってきたからこそ分かるし、見える、それにカベにぶつかっても乗り越えることが出来るんだ。

確かに、ずっと負け続けている。
そんな自分に自信を持てなんておかしいかもしれない。
しかし、やってきたことは間違ってはいない。

問題は勝ち負けじゃない。
そんな低いところでくよくよするな!

お前に今、必要なのは、勝ち負けではなく、自信を持つことだ。
確かに一つの勝利にまさるものはないかもしれない。
それでも、やってきたことに間違いはない。

今、必要なのは、「自信を持つこと」

「自信を持て」を口癖にしろ!
体にすり込め!
くよくよするな、凹んでいるな、
長いこと戦って学んできたものは、間違いなく自分の自信にしていいものだ。

自信も持て、決して見失うな!
やってきたことは間違いではないんだ、けっして地獄の淵に飲み込まれることはない。

自信を持て、
自信を持って、進めば生き生きとした自分の目指す娯楽が書ける。
ジュールベルヌやアレキサンドル・デュマが歩いた道を歩くことが出来るはずだ!

自信を持つことを忘れるな!

胸に刻め、

自信を持って良いんだ!
それだけ、戦ってきたんだ!

自信も持て、


コメント

スポーツ三昧

2011-10-23 21:12:40 | 日記
だったかな

ボディコンバットでもかなりいい汗がかけた



創作的には、ほとんどなんもせんかったけど、それはそれでいい。

まずは、ストレス解消が先かな、
これからの休みの入り方っていうのを今週は手に入れた気がする

スポーツを軸にやっていけば、自ずと気持ちも前向きになり、前に進むさ

そして、しっかり目標は持ちたい。
そのために、小説系のHPをメインに持ってきた。

漠然とした目標では中々実感がわかないので、
そして、目標は大きなな方がいい。

今は、シナリオを書き、こないだ書いたシナリオをテレ朝に向けて直しを入れて、それからこないだ書いた小説を直す。
そして、ヤンシナに向けてシナリオを直して、また小説を直して応募する。

と、やることはちょっと地味で、もっとエンターティメント性を求めたい。

兎に角、今は前向きな気持ちが欲しいから、出来る限りスポーツを軸にやっていこう。

さて、本日も良い感じでクタクタになったが、少しで良い、まずはシナリオを書こう。

さて、そのためにもまずはバスタイムかな

前向きな気持ちが大切、それをくれるのがスポーツだ!
だから、スポーツに時間をさくのは今はよしとしなければいけない。


コメント

一年たった

2011-10-21 23:03:14 | 日記
あの、ねずみ騒動引っ越し戦争←詳しくは、カテゴリ「リアルドキュメント文明は何処へ」参照

そう、あの闘争から、

「引っ越すのなら精神的支柱のそばがいい!」

と、ほんとかなりそばに来て早一年が経ちました

まぁ、部屋が一階ということもあって、家が湿気気味で除湿器は欠かせません。
一年で部屋にナメクジ二匹つかまえました

まぁ、でも、前のところはほんとボロ屋で、精神的支柱まで自転車で五分くらいだったのかなぁ~
でも、バスタブに入ることは出来ませんでした。
それを思うと、今は、バスタブに入れてバスタイムを手に入れました
どのバスクリンを使おうか、そんな楽しみも出来ました

でも、やっぱ、精神的支柱のそば、歩いていけるというのがいい

本日もやはり会社で単純労働ストレスに人間関係ストレスと、もうストレスしかなく、

「こんな気分じゃ、良い休みなんて送れないよ!」

と思い、体育館にいって気分転換にスタジオエクササイズでも・・・

と思ったのですが、外は小雨がふりはじめ

でも、私の言葉に、


行かないで後悔するより、行って後悔しよう


という気持ちから、仮眠ととって、体育館へ歩いていった←そう、雨だろうが台風だろうが歩いていける距離に住みたかったからここに引っ越したんだ

そして、金曜日の夜はボディアタックになったんだね。

ボディアタックといえば、うちのエースが水曜日にやりはじめたとき、少し通ったが、創作もしていたし、それに、

月曜日のボディジャム、火曜日のボディコンバット、水曜日のボディアタック、木曜日のパワフルヨガと体幹トレ、

もう出ずっぱりで、ちょっと創作もせんと、と思い、月曜日と水曜日を削った。

でも、本日は、どうも会社で受けるストレスでなんか気分がモヤモヤしていたので、そんなモヤモヤを解消したく、小雨の中、あるって行った。

ボディアタックはまえに出ていたとき、あんまし人が入ってなく、しかも、今日は雨、

「こりゃ、出る人いるかなぁ~」

と行ったら、はじめは五人しかいなかった

「ああ、やっぱがらがらだ」

でも、五人でもやると思って待っていたら、結局十人になった。

男性は俺と、ボディコンバットで俺が分からなくなると鏡越しに見たりしてお手本にする正統派のコンバットを見せてくれる人かな、

それと女性は、エアロビで見る人、コンバットで見る人、が五人ぐらいいたのかな、
でも、その中にホームが工事中のとき赤塚までやってきた人が三人いた。

そいで俺は思ったね、


どんだけどん欲なんだ!


これは皮肉でないよ、嬉しいさの表現です

だってさ、スポーツやるために赤塚まで行ったり、小雨の降る中でもこうして、体を動かしにやってくる、その前向きな姿勢がいいじゃん

たった、10人だったけど、スポーツにどん欲な10人と出来たことは嬉しかったなぁ~

その気持ちが嬉しくて、なんか気持ちが良いね。

そして、久しぶりにボディアタックを俺は舐めていたのを思い知らされたね
確かに、前もハードだったけど、エアロビ要素があるハードさだと思ったんだけど、ほんと走りっぱなし、足あげっぱなしで、一曲目でもうヘロヘロ

しかも、10人で端っこでやっていたから、なんか1フロアを一人でやっていた感じ←なんて贅沢な
しかし、まぁ、鏡に映る自分の動けなさが、ほんとぶざまなこと

「ただの足のあがらないおっさんだよ」

そして、リズム感もない。

右足あげて左腕を出すという対照の動きが出来ん。

でも、やってるうちに、

「ああ、へたでええねん、かっこわるくてええねん、ようは楽しんだもん勝ちや!」

と開き直り、思いっきり動いてきました

そう、スポーツはへたでOK、見栄えが悪くてもOKなんだね!
ようは、それを楽しめるか、いや、それを楽しんだもんが良い気持ちになれるってやつなんだね

だから、久しぶりのボディアタック、楽しめました

それに、会社のもやもやも、なんか体動かしたせいでスッキリするね、スッキリ爽快って感じになった

良い休日を送りたければ、無心になるというか、スポーツで汗を流すのが一番なんだね


いやぁ、でも良かった

金曜日のボディアタックは外せないな←かなりハードだけど、それがいい。無心に近い境地が得られる
それが良い休みへの気持ちの入り方になる。

なんでも、入り方って大切、ドラマもはじめの入り方とか、休みも入り方ってあるね。

ちなみに、私の今見ているドラマでオススメは、
まず、日テレの火曜深夜のアニメは面白いね
今、なんでも漫画大賞にも選ばれた「ちはやふる」っていうのやってるんだけど、録画しておいて良かった
とても、入りが良いし面白い、歌もいいかな、

そして、朝ドラの「カーネーション」もはじめはちょっとそんなに積極的にはみなかったけど、今は、見るようになった。

番宣だけ見て終わってる
と思ったのは「家政婦のミタ」かな、
どうも全く食指?触手?
まぁ、触手が伸びん

でも、「ちはやふる」は面白い

さて、昨日からシナリオを書き始めた←3ページ書いた。
やっぱ小説の本を読む前にシナリオを書いて、そして、シナリオを終わらせてから小説の本を読んで、そのまま、こないだ書いた小説の手直しに直結させたいと思ったので、

この土日で15ページまで行くといいなかな

引っ越して、1年たったけど、基本は何も変わってない、いや逆にこれから自信作というか、自分が面白いと思ったものを人工、意図的に、もう生み出せるようになったにも関わらず、その手始めのヤンシナ三作が、一次も通らなかったのは、正直ショックでした。
まじで、この三つのうちどれが大賞になるのかなぁ
どれを選ぶのかなぁ
ぐらい思ってたからね。

大言壮語吐くやつだなぁ~と思ってもらってもかまわない。
そんな俺に、
「これが娯楽だ!」
という作品をぜひ見せて欲しい!
そういうのが大賞になって欲しい!

受賞作やほかの作品見て、失望するのはイヤだからね

そんなショックいらんねん。
面白さで圧倒されたショックが受けたいねん。


でも、今、書いているシナリオ、こないだのもそうだけど、オーソドックスです
悪くはないと思うけど、好んで書きたいとも思わないかな・・・

あくまでも小説のための取材作品だからな、フフフ

さて、バスタイムして少しは弄るか、明日でもいいし、

でも、ボディアタックして、気持ちよかった!

どん欲な10人のその前向きな気持ちがほんと嬉しかったなぁ
前向き精神、いただきました

コメント

帰ってきた精神的支柱、上板橋体育館

2011-10-19 00:30:26 | 日記
「涙」

もう嬉しい

もう昨日から、なんか気分が良かった

もう待ち遠しかったね

気分は、まさに、

「遠足を楽しみにしている子供のようだぜ、フフフ」

って感じ

そいで、会社から帰って、メシ食って、目覚ましつけて仮眠して、出かけた。
外は寒かったね。

「う~ん、こんなに寒いんじゃ、夜に赤塚体育館に行くのはきびしいなぁ~」

と思い、我が精神的支柱、上板橋体育館へ行った。

そして、体育館の灯りを見たとき、思わず思ったね、

「翼よ、あれが上板の灯だ!」

と自転車に乗りながら

もうこの一週間の工事で一体どう変わったのか、興味津々、

まず、ロビーに入るとやけに灯りがまぶしかった

「まさか、変わったのは照明なのか?」

そして、スタジオのある二階へ、

ちょっと心配していた、スタジオ半分説←勝手に俺がブログで書いただけだ!
でも、スタジオは弄られてなかった。
マシーンのあるフロアの灯りもそんなにかわらんかったなぁ~
そして、更衣室へ、

「あれ、更衣室までの通路が広くなったか?」

と思わず思ったが、広くなるわけはない
錯覚です

でも、更衣室に入るとやけにまぶしかった。

そこで思ったね

これから冬にかけて、また輪番休館日があるかもしれんのに、明るくしてどうするんだ

と、

でも、ストレッチするところも明るかったなぁ~

そして、いつものように体を動かして、ボディコンバットへ

「あれ、スタジオが開くのが早いんじゃないか?」

と思ったら、前のプログラム(太極拳)の開始時間が早まり、終わるのも早くなったんのね・・・
気がつかなかった

そして、スタジオへ、

いやぁ、広いね

申し訳ないけど赤塚よりはるかに広い!

赤塚の五倍はあるかもしれない←でも、赤塚に行ったとき、二階の体育館が何も使われてなかった。もったいない!せっかくなんだから、二階でボディコンバットとかやればのびのびやれるのに、と思った。

いやぁ、でも、スタジオは明るかったね
まぶしすぎる

そして、ボディコンバットがはじまったら、エースが、

「照明がLEDになりました」

といっていた。

なんだよ、それだけかよ、精神的支柱がなくなってどんだけくじけたか

まぁ、でも、今日のボディコンバットのお客さんの入りは、なんとなく大入りとまではいかないような気がしたなぁ
いつもいる常連さんがいなかったり・・・

でも、赤塚っ子や上板橋サラもやってきた

そして、ボディコンバット

やぁ、いいね、広いっていうのは!

右に左に、動くだけで足に来るね

それにパンチもサイドキックも回し蹴りも、もう回したい放題だね

それで思ったね、

「ああ、こんなにのびのび、全開で出来るから、クタクタになるんだなぁ~」

また、エースは広いスタジオが似合う

右に左に、容赦ないげきが飛ぶ

もう無心になれるね、

解脱するね

あれは、解脱コンバットだなぁ

そして、頭から流れ落ちてくる汗がしょっぱかった
なんか、久しぶりに頭から流れ落ちる汗を感じた←一週間ぶりなんだけどね

でも、まさに、この広いスタジオが大海原なら、したたり落ちる汗が海の水だね

上板橋に海を見たね←なわけねぇ~だろ

でも、汗ってしょっぱいだね、ほんと久しぶりに感じましたわ。

そして、なんか今日はきっちり終わってしまって、もう少し五分ぐらいオーバーして欲しかったなぁ
と思った・・・

でも、まぁ、またはじまったわけだし、

体幹トレもあるし、エアロビもある

縦横無尽にステップを踏みたいね

夜のプログラムにエアロビがないのが残念だなぁ~

でも、おろかった

なんか、この一週間の休みで、改めて精神的支柱の存在の大きさを思い知らされましたわ

それに、広い

これじゃ、赤塚の人に、

「こんな広いところで、のびのびやりやがって、上板のぶた野郎!お前はセレブ気取りか!」

とは言わないけどね、たぶん

でも、恵まれてるなぁ~、としみじみ痛感

いやぁ、ほんとおもろかった、

まさに、


遠足を楽しみにしている子供のようだぜ!


って、意味わかんないよ


いやぁ、まぁ、おもろかったし、嬉しかったってことですわ。

ちょっと、前向き精神がなくなっているだけに、しばらくは、ジム中心でいけたら行きたいな。

これを見ているブログの人は、創作系の人が多いのかな、

良いですよ、スポーツ

へたでいいんです、楽しめればいいんです。
でも、水はもって行ってください。
命の水です、めっちゃ汗かきますわ
この爽快感、解脱感、無心、それを味わったらもうやめられません


ああ、日曜日が待ち遠しいなぁ~
エアロビもあるし、縦横無尽にステップを踏みたいなぁ

コメント

まず、本を読もう

2011-10-16 22:59:26 | 日記
もう一つのオーソドックスなシナリオを書くつもりだったが、心が折られ、ズタズタにされてかなりきつかった
けど、本日、赤塚体育館にいって、なんか潤いを得た

やっぱ、スポーツはいいし、上板橋体育館をホームにしている人が、わざわざ赤塚までスポーツをしに行く。
その前向きな気持ちが嬉しいじゃないですか
やっぱ、スポーツは人を前向きにするね

でも、折れた心がよみがえり始めている。
そして、ここでオーソドックスなシナリオを書くのも・・・
オーソドックスってカタカナで書けばなんかカッコついているけど、ぶっちゃけ、「ありきたり」だからね
そんなん書いてテンションあがらん!

そう思って、読まなければいけない本がある。

まず図書館から回ってきている本二冊、

小説新人賞は、こうお獲り遊ばせ―下読み嬢の告白
クリエーター情報なし
飛鳥新社


と、

スーパー編集長のシステム小説術―才能なんていらない!
クリエーター情報なし
ポプラ社


この二冊は図書館から借りてるから、今月中に読まないといけない。

そして、買ったはいいが読んでない本二冊、


ミステリーの書き方 (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社


と、

ミステリーの書き方
クリエーター情報なし
幻冬舎



この四冊、兎に角、まず図書館から借りてるのを読まんといかん。
本を読むのは苦手だし、遅い、仕事もある。

そこで速読は出来ないけど、ちょっとバスタイムしていて思いついた方法で読んでみようと思う。

それは、ダイジェスト読み

本もそうだが、必ず作者が読ませたい部分、ようは売りがある。
しかし、買い手である俺は、作者の苦労話より、自分がこれから創作する上で必要なもの、ようは俺の血となり肉となるものをかいつまんで読めばいい。

まぁ、本もそうだが、シナリオも見せたい部分っていうのはある。
特に短編で応募作は多いかもしれない。
ダイジェストにしたら、三分の一は削ってナレで始末しても全然OKだろう。

俺的にはシナリオで、そのシーンが見せたいから、ドラマを作ったというやり方は良いやり方だとは思わない。
俺も若いとき、初心者のとき、それをやった。
このシーンが見せたいがためにドラマをつぐむ。
つぐむといえば聞こえが良いが、ようは置きに行くといった方がいい。
置きに行くドラマは、キャラも薄く、内容も浅い、ダイジェストにしたらばっさり切っても痛くもかゆくもない・・・
それが置きに行ったドラマ、だからキャラも非常に弱い、浅い、なぜなら、暴れさせると見せたいシーンが破綻してしまうから、それでは自分の中でドラマも破綻してドラマが作れなくなるから、

だから、見せたいシーンまで置きに行く、長めの自己紹介や、雑談、会話劇ともいうがガールズトークのようなもの、好きな子の雑談なら聞いてみたいものだ
あと興味のないシーン、見せたいシーンが破綻しない、どうでもいいシーンで時間をつぶす、などいろいろとかさましはある

今は、ほとんど置きに行くようなドラマは作らないようになってきていると思うけど、特に小説でそれをやると暇なんだよね。
明らかに暇を感じる。
小説やドラマは、好きで見る、暇つぶしで見る、時間があるから見る、と積極的に見る人もいれば、暇つぶしで見る人もいる。
それを本だとお金をだして、空いてる時間をつぶそうとしているのに、買った本で暇を感じたら本末転倒である。

次書こうとしていたシナリオが、これもまたオーソドックスで、小説にしたら明らかに弱い!ドラマが弱すぎる!

置きに行ってるとは言わないが、もっと弄りたりない気はする

今は、まず本を読もう。
どうせ読む必要がある本だし、まぁ、1本シナリオは作った←テレ朝へ出す予定、来月のことだ。


火曜日から精神的支柱が戻ってくる
失ってしる存在の大きさ
存在が大きいのは分かっていたんだ!
月曜日が祝日だと、体育館は第二月曜日が休みなのに、祝日で火曜日が休みになる場合がけっこうあった←体育館の休日が第三のときは、
もう、それがいやだった!
それなのに、今回の一週間

ほんと、存在の大きさをいやっというほど感じました。

でも、赤塚体育館という存在と行き方が分かったのは良かったのかもしれん。
でも、もう赤塚には行くことはないのかなぁ~
また祝日プログラムのとき、なにやるか?

ああ、でも、帰ってくる!
精神的支柱が帰ってくる!
なんか嬉しい

それに今回、仕事の悪性の疲れと、スポーツの疲れは別物、質が違うことも分かった

なんか、かなりしょげていたけど復活できそうな気がする


でも、今日は早めに寝よう。

でも、ちょっとはダイジェスト読みで、本を少しでも読もう、止まっている車を動かすように、手をつければ読み始めるだろうから、







コメント

良かった

2011-10-16 16:25:06 | 日記


昨日まで会社で仕事、そして、人間関係ストレスに辟易していて、精神的に疲れていた

本日、1日しか休みがなく、体も疲れているから、迷っていた。

「精神的支柱は休みだが、赤塚でボディコンバットがある・・・行くべきか、やめて寝てるべきか」

でも、俺の格言で、


行かないで後悔するより、行って後悔しよう


そして、整理券が1時間前に配られるから早めにいった。

ボディコンバットの前にエアロビがあったのだが、もしそれに出て、ボディコンバットの整理券がもらえず、出れなかったいやだったのでエアロビは見てるだけにして・・・

しかし、結局、定員満員にはならず←前にスタッフにきたときいっていた通り

そして、エアロビに出ていた人もボディコンバットに出れていた。

そして、ボディコンバット

やっぱ良かった

俺の精神的支柱のエースがやるのとは、ちょっと違うが、でも、良かった。
ちなみにエースのはハードです
もうインターバルに息あがってます

でも、ほんと良かった。

体は会社で心身ともズタボロだったんだけど、あの会社での疲れと、スポーツでの疲れは疲れの質が違う
ほんと心地よい疲れで、なんか、寝ていても会社の悪性の疲れはとれないと思う。
それをスポーツで、ボディコンバットをやったおかげで体が軽くなったし、心も気持ちよくなった

ほんと良かった

そして、良かったのはそれだけじゃない

ボディコンバットのあとはボディパンプなんだけど、ようはバーベルエクササイズですね。
でも、女性に人気があるんですよね!
行列が出来ていてコンバットより多いかもしれん。
まぁ、それを尻目に帰ろうと下駄箱に、行列を見ながら出て行こうとしたら、

な、な、な、

なんと、


上板橋サラが並んでるじゃないか!




久しぶりに見た

思わず、上板橋サラって書いちゃったよ!

もしこのブログ見て、いやな思いをしていたら、と思い、分からないように「あのお方」としか書かないようにしていたんだ←でも、ファンが多いんだね、上板橋サラでの検索があるときは「みや文明」よりある

まぁ、このブログに出てくるスターだからなぁ

でも、サラが並んでいたね。

ボディパンプをやるサラは見たことがないだけに見てみたいなぁ~と思ったが、あまりにもそれじゃ、ストーカーじゃねぇのか、と思い、後ろ姿だけ見て、名残惜しく帰ってきた。

ん~、スターは日頃の鍛錬を怠らないんだなぁ~

それとも、上板橋サラは、赤塚の方なのかなぁ~
でも、赤塚サラではイマイチ・・・
上板橋サラの方がネーミング的にかっこいい

いやぁ、いいもの見た
もう会社で大人げない大人、もう声も姿形も見たくない人ばかりみていたせいで、ボディコンバット、ながめていただけに終わってしまったが、楽しそうだなぁ~とエアロビを見ていて、そして、帰りにサラの後ろ姿を見た
やっぱ、かっこよさがある

赤塚をホームにしている人かもしれんけど、やっぱきて欲しいなぁ
俺もファンだけど、ほかのファンのためにも

あとやっぱ、上板橋からも赤塚にいっていた人はいたみたいだったけど、案外少なかったのには驚いたかな・・・
俺は、上板橋の人が押し寄せて、また整理券をとるのもやっとになると思っていただけに・・・
まぁ、火曜日には、あるからね

そこで、我が精神的支柱の上板橋体育館がどうなってるのか、様子を見に行った。
そしたら、テニスはやっていた
まぁ、テニスコートは関係ないからなぁ~
そうだな、テニス仲間、卓球仲間を作って、スタジオエクササイズをしたいときは、テニス、卓球をしてみたいかな、
テニスはしたことないが、
でも、まぁ、創作もしないといけんからなぁ~

そして、体育館はなんか工事っぽいことをしていた。
精神的支柱の心臓部、エクササイズのスタジオは空調でも直してるのかなぁ~と思った。

火曜の夜はしっかり寝坊しないでいかんと、

でも、本日の赤塚、ほんと良かった!

心身とも会社でボロぞうきんにされて、悔しいし、心身ともに疲れ切ったいたけど、そんな中、赤塚にいったけど、ほんと行って良かった。
体力値が0にはならなかったけど、いい汗かきました。

これから、精神的支柱でエースのコンバットで、体力値0になります
車の運転もなんも出来ない、もう自転車で帰るのがやっと、完全燃焼させてもらいます


ほんと、赤塚、ありがとう!

コメント

がんばらなくていいよ、

2011-10-15 19:26:42 | 日記
知らず知らずのうちに追い詰めていたのか、もう会社はやめようと思った。
まぁ、ハローワークには行くようにするけど、どんな職業についても、仕事は面白い仕事には就けないと思う。

ようは人に恵まれればいいのだが、それも難しい。

なら、習い事をやるのもいいのかもしれない。
シナリオとか小説とか、同じベクトルをもった人にあえれば、いいのかもしれないと思った。

まぁ、今回は、冷静に考えると家と、あの会社の往復、それ以外なしというのがまずかった。

世界を見失ったといってもいい。

あと、これは本にも書いたが、一番難しいのがオンとオフ、
それもまた、ジムがないというころでオフがなかったのもダメだった。

こういう自分で追い詰められたとき、昔、自分に言い聞かせた言葉を思い出し、それでなんとか落ち着かせた。


その言葉は、


十分、がんばってるんだから、もうがんばらなくてもいいんだよ、ちゃらんぽらんでもいいんだよ


そう、人がなんと言おうと、俺は俺なりにがんばってるし、
ほんと、そんなに気張らず、ちゃらんぽらんになることも大切なんだ!

今、俺に必要なのは、ちゃらんぽらんな軽い気持ち、

会社は、何も求めず、日々生活できるお金だけ、それだけ、ほかは望むな、ほかは考えるな、


でも、まぁ、年末に六万円ぐらいはボーナスが出ると思うから、来年はなんとか、こんなご時世だけどフリーターに戻ってもいいと思う。
それから、地方の田舎で農家の仕事に作くでもいいと思う。

この精神的支柱のある体育館を離れるのは辛いけど、将来を考えれば、それもありなのかな、

兎に角、十分がんばってる、そんなにがんばらなくていい、ちゃらんぽらんでいいんだよ。

今日はゆっくり休もう

コメント