ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

とりあえず、創作メモまとめる

2011-01-31 01:17:03 | 日記
なんとか、やらなければいけないことをやった。
けど、スポーツニュースでアジアカップを見る度にアドレナリンが出るのか、非常に疲労するなぁ

この闘志を作品に向けたい。
でも、その前に文藝春秋の文学界新人賞だ!
これが今年の最大目標だからな。

でも、ドラマはそんな簡単にはできない。
今から、それなりに仕込んでおかないと、
良いドラマを書きたければ、それは必要なことだ!

これから俺が戦いを挑むのは、ベストセラーという平積みの猛者たちだ!

あと、ちょっこし、シナリオネタも1本ぐらい仕込んでおきたいかな

でも、まずは、今あるネタをもう一度精査して、処方箋を書いてものになるものと、そうでもないものと、分けなければいけないかな。

明日から、会社で考えることをとりあえず、見繕ってみたし、面白いのを書くには、がんばらんといけんということかな

でも、しばらくは一時ないし一時半には寝たいかな。

ので、おやすみなさい。

明日はボディジャムだ!




コメント

精も根も尽き果てたぁ~

2011-01-30 20:17:35 | 日記
もうヘロヘロです

本日のボディコンバット、エアロビして仮眠をとってからいったのだが、寝て起きてあれだけハードなエクササイズはあかんのかなぁ~
体がついていかん
けど、めっちゃ汗びっしょりかいて、ほんと精根尽きましたわ

でも、やらんと、
創作メモを書かないといかん

大河ドラマ「江」は見るのをやめた
どうもあかん!
作品がお人好しになっている。
あまりにも時代がよく使われ有名だけに、キャラ命なのに、キャラがお人好しではちょっとインパクトが弱すぎる。
三姉妹なら、やはり「宗家の三姉妹」←映画
を見たいかな。

でも、創作メモを書かんと
しかし、体が
それほど、今日はアジアカップの優勝でテンション上がり睡眠不足だわ、で、ほんと一月はなんか睡眠がうまくとれなかったなぁ~

二月は応募して、あとはまずは一時前には寝るようにしたい。
ちょっと、ゆっくりして、血を小説書きの血にしなくてはいけない。
次回作は見えているが、その次の作品の仕込みというか、そういうことをしないといけない。
そのためにも、このたまった創作メモをまとめんといかんのだが、ほんと全てのエネルギーを出し尽くしました。

なんとかだましだましでもいいから、出来たらいいかな。

コメント

1月総括

2011-01-30 09:05:44 | 日記
「でも、寝汗が凄いのかな?」

どうもぐっしょり

本日はエアロビにボディコンバットで前向き精神を注入して、ぜひ、創作メモをまとめなくてはいかん

それをやらんと前に進めない。

と、なにげに明日は一月最後なので、とりあえず一月を総括する。
やっぱり一番は、ヤンシナ応募作を書き上げたこと。
これに尽きる
しかも、愛おしい作品になって、なにげに一番良い作品になったことかな。

ちょっと調べたら九月に中断していた作品を完成させて、
9月から10月にリアルドキュメント「文明は何処へ」、ねずみ騒動引っ越し戦争ですね、きつかった
そして、11月にテレ朝応募作を書いて応募し、
12月に、やってやった感のある作品を書いて、「これでヤンシナはやめてもいいかな」と思ったけど〆切まで二ヶ月あるので書いたのが、1月作品、

これがほんと切なくて、文藝春秋の文学界新人賞に応募するのが切なくて愛おしいと思っていたけどそれを超えてしまった
その小説で、芥川賞を!
と大きな野望を抱いていたが、なんかこないだの芥川賞をとった西村さんの作品が凄い感じがする

でも、シナリオ書きの血を小説書きの血に変えなくてはいけない

1月はそういう意味ではしばし、シナリオとはお別れかもしれない。
でも、ほんと満足できる。
たとえ落選しても、作品に関しては書いたことに大変満足です

そういう意味で宝物が出来たことにほんと満足

そして、この数ヶ月、深夜三時まで起きてやっていて、体的にはかなりきつかったけど、創作的には得るものも多く、ほんといいスタートを切れたと思う。

おみくじ的には今年はいいと書いてあったけど、ほんといい年になればいいなぁ

あと、良い環境で創作したい

一月を締めくくるためにも、創作メモをまとめんといかんな。







コメント

眠れん

2011-01-30 05:23:05 | 日記
「興奮して眠れない」

三時に寝たと思ったら五時前に起きてしまった。
体が興奮してます

とりあえず朝飯を食べたが、ニュースが見たい!
TBSで五時前にニュースをやっていたが、映像なしで伝えた
報道のルールなのかな、放映権とか、そういうのがあって、まだダメなんだね・・・

いやぁ、本日はジムで体を鍛えて、そして、エアロビ、ボディコンバットをやるぞ!
と思っていたが、睡眠が思うようにとれない

グダグダ過ごしながら、なんとか体を休めて、いくしかないな!
でも良かった。
休みの日で

夜のサンデースポーツに、やべっちFCが楽しみ


ちょっと、眠りが浅くても寝なくちゃ


コメント

日本優勝

2011-01-30 02:46:43 | 日記
「うれしい!」

泣いちゃったよ!

どこのチームもがんばってるんだけど、俺、日本人だし、こうやってがんばる人が報われるのがほんと嬉しい

いやぁ、ほんと日本は全部厳しい試合ばっかりだったけど、こういう厳しい試合をやらないと強くならないんだよね。
だから、オーストラリアも強くなるし、日本と死闘を繰り広げた国はほんと強くなる。
アジアのレベルも上がる。
そんなアジア大会だった感じがする。

ほんと予選でヨルダンにやっと引き分けたときは、正直、一試合でもザックジャパンが試合を出来てチームワークがついて行けばと思ったけど、優勝してしまうなんてほんと凄い!
ほとんどの選手を使ったのも凄いし、あんまりザッケローニ監督の能力が取り上げられると、アズーリ(イタリア)の代表監督にもってかれてしまうかもしれない

でも、これで七月のコパアメリカ(南米選手権)にいけるなんて最高だ!
いったいどんなチームでいくのかな?
ロンドン五輪を目指すプラチナ世代が入ってくるのか?

いやぁ、嬉しいなぁ~

ちょっとテンションあがっちゃうよ!
見ていて、あまりに厳しい試合なんで、見ているだけでこっちがスタミナ切れしちゃったけど、いやぁ嬉しい

日本人選手がどんどん海外に行ってるけど、もっといきそうだし、決勝ゴールのクロスをあげた長友選手はほんと活躍していたから、ビッククラブに行きそうだなぁ

いやぁ、嬉しいなぁ!

もっと見たいのに、テレビ終わっちゃうし、

もっと見たいゾ!

でも寝ないとな!
明日はエアロビにボディコンバットだ!

最近、筋トレもあまりやってないから、ちょっとビシバシ鍛えないといかん

でも、嬉しい

やった!

コメント

準備は出来た

2011-01-29 23:22:40 | 日記


いいバスタイムだった

創作メモは本日はまとめることが出来なかったが、バスタイムで良い考えが浮かんだり、わかっているんだけど明確にとらえてないものが見えたときって、なんか嬉しい

風呂にも入ったし、あとはメインイベントのアジアカップ決勝戦を待つのみ

もうドキドキしてきました

オーストラリアとどう戦うのか?
もう楽しみです

明日は、ボディコンバットだしなぁ

なんかいいんじゃないですか!

ドラマはちょっと大河ドラマ「江」は、はじまったばかりだが、なんかつかんでくれないなぁ
どうしてか、考えたら、それなりに答えは出た。
全く、ドラマっていうのは、底なしだなぁ
ほんといつまで学べばいいのやら
でも、発見や具体的にわかっていたと思っていたことが更に具体的というか実体になるとほんと嬉しい

ああ、あとちょっとだ!

がんばれニッポン



コメント

とりあえず、プリントアウト

2011-01-29 19:16:02 | 日記


シナリオ的には難点だらけだろう
おそらく、10点ぐらいかな

けど、ドラマは、たとえ落選しても、作品に関しては満足といえる

ほんとそこだけ・・・

でも、シナリオを読んでいる人なら、100%あかんやろうなぁ~
可能性があるとすればシナリオ形式というのをあまり知らず、ドラマを楽しむ人なら、可能性はあるかも知れない

一応、修正してプリントアウトしたが、もう一回は読み直したい。
二月に応募できればいいかな。

本日は、あとは創作メモを書いて、アジアカップを楽しみたい

中々、これでOKというのにはならないものだなぁ

明日はエアロビにボディコンバット、
そして、次回作とか今年書く作品とかの仕込みをしていかないといかんなぁ~


コメント

良いバスタイムだった

2011-01-29 04:25:17 | 日記


こんな時間にテンションあがっちゃっていいのかな

でも、なんか落ち込んだから、今度はあがってきたのか?
バイオリズムっていうのは、リズムというからには落ち込むときもあればあがるときもある。

そりゃ、俺の人生、底ばかりはいつくばっているけど、でも、1月作品は俺にとって宝物といえる作品になったし、次は小説、これが今年の大本命!
文藝春秋の文学界新人賞だ!

でも、1月のシナリオがことのほか愛おしくなってしまったので、ちょっとなぁ

でも、今年というか去年から文藝春秋の文学界新人賞が狙いだったので、どうしてもそれはやりたい。

リアルドキュメント「文明は何処へ」、内容はネズミ引っ越し戦争という予定外のことが起こったために、予定外にも、シナリオを書いてしまったが、それはそれで良かったのかな?

でも、まずは文学界新人賞だ!

そして、狙うは、「江戸川乱歩賞」「このミステリーが凄い」「日本ファンタジー大賞」の三つだが、
ちょっと敷居が高いかな

ようはプロになれて、いい創作環境のもとで創作活動出来ればいいので、もっと応募も少ないのがいいのかな?

金はプロになってから、作品書いて稼げばいい!

でも、もっともっと勉強は必要だな

さて、いい加減に寝るか。

明日は、書いた作品の手直し、読み直しと出荷準備をこの休みは一通りしておきたい。

それに夜はアジアカップ決勝がある。

楽しみです

さて寝よう


コメント

2011-01-28 21:20:07 | 日記
これが、娯楽創作家を目指す人間の性なのだろうか・・・
それとも貧乏だから・・・

アジアカップとか見ていたけど、結局、やることはないから、どうしたら面白いドラマが書けるか?
そんなことばかり考えてしまう。

会社にいっても基本、孤立、というか、なんでもそうだけど、サッカーもそう、会社の人はやる前に、「日本は韓国に勝てない」とか、勝手に決めつけるんだよね
ワールドカップのときもそうだった。
「日本、ダメダメ」といいながら、「この人と話をすると面白くない」
けど、会社に前向きな人なんていない、
口を開ければグチばかり

だから、俺は、マスクをして誰とも話さないよ!
という姿勢をとって、頭では、どうしたらもっと面白くなる?
と考えている。

オンとオフが大切なんだけど、やっぱ貧乏なんかなぁ~
42才、手取り17万6千円
上を見たらきりがないのはわかる。
ちゃんとバスタイムも今はある。

でも、なんか創作したら、ちょっとスキー場にでもスキーをしにいってみたい←いったことがないけど、スキーをしてみたいなぁ

作品を完成させて、一週間ぐらいまったりしていたけど、一番嬉しいと思ったのは、やっぱ作品を作ったことなんだよね。
特に、今回は、作る度に、
「これが俺の中ではナンバーワンだ!」
と思いながら、12月に作ったのが一番と思いきや、1月に作ったのが一番になっている。
昨日より今日、今日より明日、
そういうものなのかな。

今週は創作メモだけは色々書いたので明日はその整理と作品の修正に入りたいかな。
出荷できる準備はしておきたい。

まぁ、いいものを作ったと思うけど、それはあくまでも俺の目線であって人からの目線はまた違うだろう。

けど、会社は、もういるだけで吐き気がするぐらい、人間に辟易しているし、だから、一人こもって創作のことばかり考えてしまう。

今年は、いい環境が欲しいなぁ~
そりゃ、引っ越してジムが近くなったのとバスタイムが手に入ったのは良かったけど、
いつまであの連中を存在を感じなくてはいけないんだと思うと中々辛いものがある。

そんな辛さを忘れさせてくれるのはジムとあとは娯楽ドラマを作ることしかない。
宝物になるドラマを作るんだ!
そういう意味では12月作品も、出来た時点は宝物になると思ったけど、よもやの1月作品、まさかこんなに愛おしくなるとは思っていなかった。
創作的にも境地というのを見た気がした。

さて、グダグダはこれぐらいにして、時間があれば創作メモを整理するか!

だんだん、自分の中の血がシナリオから小説へいこうしはじめてきている気がする。

でも今年のテレ朝か来年のヤンシナに向けて、なにかドラマのネタは仕込んでおきたいかな?
やっぱりダメでも1本は書いて出したいかな。

さて、本日は残業で疲れたので少し夜寝をしよう。
ストレスも発散できるといいなぁ。


コメント

なんか、わくわくしてきた

2011-01-23 14:08:56 | 日記


人間というの不思議なもので、相手が大きければ大きいほど、ファイトが沸いてくる
これから小説へ向かうと思うと、その大きさに圧倒される。
出来る出来ないは二の次において、小説には俺をこの世界に叩き込んだ、魅了した作品がある。
そりゃ、俺は活字を読むのが苦手だからラジオドラマだったけど、原作は小説だ!

ジュールベルヌの「皇帝の密使」
四年間毎日聞いた。
もうセリフを全部暗記してしまうぐらい聞いたと思う。
そこで使われたオープニングテーマ曲、エディジョブソンの「テーマオブシークレッツ」も四年間リピートでそれしか聞いてない。
五年目ぐらいでやっと飽きて、聞くのが少なくなったくらいだ。

アレキサンドル・デュマの「モンテクリスト伯」←巌窟王ですね!
波瀾万丈の冒険活劇、面白かった
名作というより最高傑作ですわ。
ジュールベルヌの「皇帝の密使」も神の域ですわけど。

そして、コナンドイルの「シャーロックホームズの冒険」
これはBBC、グラナダテレビのジェレミーブレッド主演のテレビで見たが、
たった45分間であの娯楽の凝縮度といったら凄い!
赤毛連盟とかまだらの紐とかあるけど、六つのナポレオンやプライオリスクール、這う人、第二の血痕、銀星号事件、バスカビル家の犬もあるなぁ~
もう、おもろいのオンパレードですわ。

そして、これはラジオドラマで聞いたダニエルキイスの「五番目のサリー」
ダニエルキイスというと「アルジャーノンに花束を」が有名だが、俺は「五番目のサリー」が好きだな。

ほんと、小説は凄い!
今なら、ダンブラウンの「ダヴィンチコード」「天使と悪魔」

シドニィシェルダンの「ゲームの達人」「明日があるなら」←これはDVDで見た
読んだのは「遺産」「天使の自立」「時間の砂」「億万ドルの舞台」などなど、やっぱ面白い!
シドニィシェルダンはもとは映画会社で脚本書いていた人だったかな?

基本、本は高いので俺は図書館で借りて良ければ、ブックオフやアマゾンの中古で本を買うも、読んで買ったのは、
雫井脩介さんの「犯人に告ぐ」←これが直木賞をとらないのが不思議だった。

ドイツで映画にもなったが日本未公開で、見れない、「女教皇ヨハンナ」
これは面白かった。
まだ買ってないか、でも買いたい。

アニメにもなった傑作では田中芳樹さんの「銀河英雄伝」とか「アルスラーン戦記」も面白い。

そう、小説の世界は、まさに娯楽の猛者がうようよしているのだ!

そんな中に、このボンクラ、身の程知らずが飛び込んでいこうとしている。

でも、人間、ちっちゃいことでちまちましてるとフラストレーションというかストレスがほんとたまっちまうんだよね

シナリオでは、ほんと残念でならないが、小説の世界で、負けが自覚できる、負けて悔しいけど、これなら納得出来る、そう思える世界が、巨人が俺の前に出てきた。

本日の情熱大陸、直木賞作家のビックマウス、通尾さん、
ビックマウス、けっこうだね。
それぐらい、「お前ら束になっても俺には勝てねぇんだよ!俺の域までこれるか!」
そんな作家、俺は好きだ!
だから、「なにくそ!」と思ってがんばれるから、

いやぁ、でも、小説の世界は凄いなぁ

ちょっとびびっちゃうけど、でも、夢は大きく、戦う相手はでかければでかいほど、ファイトが沸く、モチベーションもあがるでしょう。

でも、今はシナリオの出荷準備と、まずは、夜一時には寝れるようにしたい。

俺の創作の敵は、あの大人げない大人がうごめくストレスまんてんの会社と、創作時間の確保、これが難しいなぁ

さて、ちょっと寝て、ボディコンバットでびしょ濡れの汗をかいて、スカッとしたいね

コメント