Don't look back, see only the front.

挑戦的ドラマを見よう。

はじめに作品ありき

2010-07-31 21:47:46 | みや文明の創作思考
兎に角、作品を作らないといけないな
今日は、なんだかヘンな気分だ・・・
自分で本だしておいて、本やにいって、店頭に平積みされている売れっ子、人気、実力、話題のある本が山積みの中、自分の本がこそっと、綺麗にタナに隠れていた・・・
このなんとも言えない現実というか厳しさに、

「ダメだ!もっともっと面白いのを作らないとあかん!」

と、

創作メモの整理も終えたし、まずは作品を書くことから全てがはじまる。
シナリオは「ふたりっ子」を読んで、自分なりに解釈はしたが、どうも、シナリオの学校で教えているのとは少し違う気がする・・・
けど、出来のいいシナリオを、100点満点のシナリオを書くよりも、絶対的な面白さ、娯楽作品を書くことの方が大切な気がする。
そりゃ、プロになりたければシナリオの書き方というのは必要だが、やはり俺は、

「昨晩、何食べたっけ?」

と思われるようでは、いくらシナリオが100点でも面白くないのだ!
満点はとりたいけど、どうも、脚本家の先生によってまちまちな気がして、回想やナレも、TBSで放送した「JIN」のシナリオを見たが、あれをスクール行っている人が見たらどうなるのか?

正直、わからん!

投げ方なんてかっこわるくても、三振とれればいいじゃん!
店がぼろくても、めちゃめちゃうまいラーメン食わせてくれればいいじゃん←取り壊されたがラーメンの神様、大勝軒の山岸さんの店はまさにそれだった。神はすむ場所を選ばず、そこが綺麗だろうが、ボロっちいだろうが、関係ない!

と、自己弁護しているようではあかんが、まずは、作品が9から12(ネタの卵を入れると)もあるから、まずは登場人物表を作ろう!
より具体性を持たせて、そして、会社も暇になったときに、書けるように、

気持ちとしては、規程枚数とか書き方とか、コンクールという存在とか、頭から除外して、まずは、書きたいようにバシバシ書いてみたい。

と、思いながらも、11月のテレ朝、来年のTBS連ドラ、そして、ヤンシナへとやるつもりだが、なんか、何もかも越えたい気がする。

人って、ある程度学習すると、理論(理屈)というのを身につけ、受け売りとか、そういうもので理論武装するが、理論武装もやがて、越えていくような気がする。
特に、ジムでヨガをやっているせいでもないが、インスの先生が「体の声を聞け、ムリしません、自分の出来る範囲で・・・」みたいなことをいう。
今の俺が、会社で疲れたら、体が睡眠を欲しがっているなら寝ればいい、脳が糖分を欲しがっているならチョコレートを与えればいい、となんか、理論よりも声を聞くようになりつつあるからかもしれんが、規程枚数とか書式とか、どうでもええねん、的になりたい、そんなことよりもただ面白いものが書きたい、想像力を超越したい!という自分がいる。

けど、呼び水として理論はある程度必要、しかし抽象的な理論は理論にあらず。
数学でも証明されなければ理論として認められない、という点はあるのかな、

と、だらだらとガス抜きしたところで、登場人物表を作らんといかん。
ざっと、ネタの卵を除いても6はある。
しかも、書きながら想像が膨らんでいくから、これはこれで時間がかかる。
けど、夏休みは、極力作品作りをしたいかな、体が休息を欲しがらなければ・・・

まぁ、今日はヘンな日だったなぁ~
現実の厳しさをまざまざと痛感しました。
というか、厳しさしかしらん
しかし、そういうところからもネタの卵は出てくる。
人の数だけネタがある←「卵が先か、鶏が先か」のドラマ版、「キャラが先か、面白い話が先か」、私はキャラです。1万の話を作れ!と言われたら作れないと思うが1万のキャラを作れと言われれば、話よりかは作れると思う。けど、私のコンクール分析では、はじめにキャラありきよりも、はじめに面白い話ありきの話主導型のような気がする。それがコンクールの傾向のような気がするなぁ~、ジャンルは弁当箱のバレンのようなもの、気にすることはない。端っこにでも置いておけばいい。

ほんと、はじめにキャラありきだと、ネタは無限なりなんだよなぁ~

さて、ガス抜き終わり!


追伸、

あ、ゴキブリが部屋の隅っこあるいている

「歩きたければ、歩いたったらええ!」

「これが自然体なのかなぁ?」


もしかして、悟った?


ずぼらなだけか



初対面

2010-07-31 15:31:29 | イベント
ちょっと池袋に行き、自分の本が出ているのか、見てきました。

ありました!

けど、厳しさというのを痛感しました
大きい本屋さんだとフロアーも大きいだけに、探すのに苦労しました。
そして、あるにはあったが現実というのはなんて厳しいものか、つくづく痛感しました。

また、書店の店頭に平積みにおいてあるということがいかに凄いことなのか、思い知らされました。

今度は、自分の本を立ち読みというか、手にとっている人を見てみたいなぁ~と思いました

まぁ、祝杯というわけではないが、ちょっとダイエット中だけど、ラーメン二郎を食べても、ちょっと贅沢してもいいのではないか?と思いラーメン二郎を食べました
ラーメン二郎で、やさいマシマシ、にんにくを食べてきました。

でも、もっと面白いのを作らなければあかんと思いました!
そのためにも、まずは登場人物を具体化していこうと思う。
兎に角、頭の中から出てくるドラマを全部はき出して、空っぽにして、脱皮したい!

まぁ、限られた時間の中で、一歩一歩、牛の歩みでいいから、進まないといかんのですね

でも、本やさんで、俺の本を手にとって見ている人を見てみたかったなぁ~

がんばらなくっちゃいかん。

いつか書店の前に平積みに置かれるのを夢見て・・・




7月総括

2010-07-31 00:29:31 | 日記
あっという間の七月でした。

というのも、日々残業で
朝、八時に会社にいって、夜八時まで仕事、12時間、1から10までひたすら数えて納品梱包という単純作業です

いとうあさこさんじゃないけど、

「みや文明、41才、イライラする!凄くイライラする!」

とまぁ、そんな日々の繰り返しだったのでほんとあっという間でした。
創作的には主だったことは出来ませんが、シナリオ本は少し読んだかな。
いろいろ技術的に知りたいこともあるが、まぁ、ネタが詰まっているし考えたいので八月は創作に使いたいが、会社の仕事が忙しすぎて・・・

の割にはあんだけ残業したのに22万円と、なんか時間で割ったらほんとバイト並です
まぁ、悔しいけど弱者はしかたないのかな・・・

でも、その悔しさをバネに、想像超越するような作品を書きたいと思っています。
コンクールに置きにいっても負けるけど、それでもまぁ作品は書くし、いつまでも、コンクールという狭い範囲で泳ぐのではなく、自分自身で想像力を超越するような大きなものを書きたいと思っています。

が、まぁ、思い通りには物事は進まないし、おそらく夏休みは日々の残業の疲れなどを、とる、クールダウンに使われるのかな・・・

でも、牛の歩みも一歩は一歩で歩んでいきます。

七月は、仕事に忙殺されて終わってしまいました。
八月もおそらくそうですが、自分の本が出るので、明日はそれを本屋に見に行って、ちょっと大勝軒か吉野家で祝杯というか、久しぶりに外食したいかな・・・←牛丼も安いらしいし、タダ券をもらった春以来いってなからなぁ~

そして、日曜日は「龍馬伝」が楽しみだし、ストレス解消にエアロビとボディコンバットをやる。

今日か明日中に、会社で書いてきた創作メモの整理と、ちょっとした自分のシナリオ書きのパターンをアバウトで良いから、書いてみよう。
そして、日曜日に中断していた作品をちょっこし書き始めたい。
シナリオの形になってなくてもいいから、兎に角、ネタが詰まっているので、どんどん作品に昇華しないといかんし、想像力超越作への準備もしたいし・・・

まぁ、八月はなんとか、溜まっている作品を作れたらいいかな・・・


突然ですが、本を出します

2010-07-29 23:10:39 | イベント
0勝20年敗の男
みや文明
文芸社

このアイテムの詳細を見る


ネット検索で「あれ?」と、
本を出すみや文明と、このみや文明は、同一人物です。

本といっても、内容は20年間、負け続けている自分についてと、20年間夢を追い続けた果てに見た境地、見たいなことを書いています。
そして、自分の夢の媒体がシナリオなので、編集者の方に好評だった二作と、自分の選んだ一作を加筆修正してのせました。

自分にとってシナリオ作品集という気持ちはなく←なんせ「0勝20年敗の男」ですから
どちらかというと体験記の気持ちで書きました。

20年負け続けたことを自分なりに分析したことや、また、夢を追っている人、夢のおっているものは、シナリオでも歌でも絵でも漫画でも、媒体に関わりなく共感するものがあるのでは?
また、夢というもののありか、見たいなこととか。

去年の暮れに、その体験記のようなものを書いたのですが、今までシナリオはへたですが書いていましたが、そういう文章は書いたことがなかったので、かなり大変でした
枚数は少ないのですが、何分、はじめてな経験だったのでドラマを考えるよりも大変でした

一応、8月1日からですが、出ているところはもう出ているとか・・・
といっても、全国310店の本屋に、一冊置いてあるだけですけど←まだ見に行ってないので今週末に見に行きます
一応、本屋さんの配本リストをいただきましたが、全国で、
紀伊国屋さんとか、リブロさん、三省堂さん、大阪のジュンク堂さん(池袋はないです)とか、いろいろあります。

私が町に出る大都市は東京の池袋(豊島区)なので、池袋だと、リブロ池袋本店、東池袋店、東京旭屋書店池袋店(たぶん池袋駅のメトロポリタンかな?)、豊島区だと芳林堂東長崎店というのもあります。
新宿区だと、紀伊国屋書店新宿本店、芳林堂高田馬場店になります。

出すといっても、ほんと本棚に1冊、ちょっこし置いてあるだけだと思いますが、自分にとっては、
売れる売れないではなく、ほんと、

「夢を追って、やっているんだ!」

という結晶だけに、本が出来た時点で満足しました。
国会図書館に保存されるのだから、みや文明という、箸にも棒にもかからない夢追い人の生きたあかしは残るのだから

まぁ、八月の一ヶ月間、本屋の棚に1冊ですが、この八月は私にとって、かけがえのない八月になります。

もちろん、ネタは沢山あるのでドラマを作っていきます。
でも、本を作って思ったことは、

自分の作品はちゃんと保存しなくちゃいけないんだなぁ~と思いました。
これからはバインダーにもいれて保存しようと思います。


「ゲゲゲの女房」を今見ていますが、基本、自分の作品を褒めてくれる人はいません。
だから、今日の回で、水木さんが自分を信じてくれた戌井さんという存在がいるというのはうらやましいなぁ~と思ってみました。

自分は作品集を出すつもりではないので、ブログでいうかいうまいか、迷いましたが、本屋に並ぶ、本屋で見れるのは1ヶ月なので、ちょっこし書いて見ました。

去年の年末に原稿を書いただけに、ヤンシナ応募作の「らぶコメ」とか、一切出てきませんが、今思うと「らぶコメ」は自分のスピリッツを強くあらわれた作品だなぁ~と思います。

週末には出ていると思うので、ちょっこし見てきます


ふたりっ子

2010-07-28 23:17:50 | 日記
「ふたりっ子」の脚本を読んでいるせいか、無性に「ふたりっ子」が見たくなり、完全版ももっているが、さすがに時間がないので、総集編を見たが、

「やっぱいい」

「ゲゲゲの女房」も面白いが、「ふたりっ子」は人間の生き様というのが伺えるような気がする。

こういう良い作品は、ほんと色あせることなく、こういう作品に出演できた役者はほんと素晴らしいと思う。

こういう傑作を書くのは夢だな

大河も朝の連ドラも長編だけにこけると残酷だが・・・

でも、ゲゲゲの女房は最低視聴率から始まり、今は20%を越える全ての視聴率でもトップ3には入っているんじゃないかな。
でも、また、「ふたりっ子」級の傑作を見たいなぁ~


良かった

2010-07-25 20:00:13 | 日記
「ボディコンバット、最高です!」

汗で濡れたTシャツの画像でもアップしようと思ったが、先週と同じオレンジのTシャツだったんでやめた。
会社が忙しく、働いては、家で巨睡しての繰り返しだったせいもあって、あっという間だったのかも知れない。

けど、エアロビもいい汗かいたし、ボディコンバットは良かった
そういえば最近というかずっと上板橋サラを見てないので今週の火曜日のボディコンバットにはくるかも知れない。
やっぱ、動きがシャープなんだよね!
昨日もいつもいっているところではなく、違う体育館でやったが、体育館が狭く、床もフローリングではなく、絨毯みたいで素足だと滑るし、スタジオとトレーニングルームに敷居がないので、部屋になってないので、どうもそれが残念だったなぁ~
うちの近所の体育館はほんと立派だなぁ~と思った。

でも、あっという間の土日でした

まぁ、仕方ない。

あとは「龍馬伝」を見て、サンデースポーツで廣瀬智美アナを見て、和み、そして、自分が今どういうネタを欲しているのか?
それが分かったので、その分析書をまとめたいと思う。

またネタが2、3生まれたのだが、一つは好きだなぁ~と言えるネタで、長編に考えている。
そして、もう一つは恋愛ドラマなのだが、それを考えていて、どうも範疇を越えないというか、惹かれるものがない。
今の俺は、出来のいい作品よりも、出来が悪くとも印象に残るもの。
例えるなら、
「昨晩、何食べたっけ?」
と聞かれて、印象にのこっているから、即答出来るようなそんなもの、そういうのがいい。
しかも、出来ればうまいもので、
「あれ、また、食べたいな」
と思えるものがいい。

しかし、どうも少し見えた恋愛ネタは、確かにテクニック系もいれてはいるが、後味が非常に弱く、おそらく、作って数年したら、それなんだっけ?って感じになりかねない。
そういうのを、なくすためにもちょっと分析書を書かんといかんし、今週はそれを会社でも考えていきたい。
それは、今のテレビ界、ドラマ界など、の市場調査にもなると思う。

さて、「龍馬伝」を見るか!
「ゲゲゲの女房」も楽しい!



うわぁ~

2010-07-24 07:47:13 | 日記
もう、生活がグダグダです

会社が忙しいのと今週はストレス解消のジムのプログラムや残業ででれなかったので、ストレスが暴食の方にいってしまったせいか、体重が1年半ぶりぐらいの71キロになってしまった
ベスト体重の68キロをずっと維持していただけに、ちょっとショックだなぁ~

それと本日は休みという気のゆるみもあったのか、ちょっと横になったら、朝になってしまった。
布団で寝ないとなんか疲れがとれん気がする。

創作もやらんとなぁ~
一応、会社の休憩時間に大石静先生の「ふたりっ子」を読んでいるが、まず驚くのは、ト書きがセリフの中にバンバンある。
いや、そういうものなのかな?
あと前書きで大石先生も「ト書きは読者、演出家の想像力に任せます。どんどん想像してください。だから、私はト書きは少ないです」というようなことが書いてあった。
けど、たまに書いてあるト書きに「そう思った」的な、ドラマの書き方の本では「そう~」は映像では見えないと書いてあったから、シナリオが小説的といえばそう見える。
自分のシナリオを肯定していてはいつまでたってもシナリオが書けないというか、コンクールでは論外になってしまうが、なんか、けっこう書きたいように書いている感じがするなぁ~
大石先生もスクールにはいってないとちゃうかなぁ~

そこで思ったのは、シナリオの勉強は、ベテランの人、特にスクールにいってない人、独学の人のシナリオから書き方を学ぶのはあかん気がした。
審査でシナリオを読むのは最終ならプロが読むことがあっても、千も越える応募作を読むのにテレビでバリバリ活躍している人よりも駆け出しのスクール出身の人が多い気がする。
シナリオの書き方は受賞者から、学ばないとあかんのかな・・・

中々、シナリオの書き方というのは、スクールで叩き込まれている人もいれば、ベテランは独学的なので、どうも意思統一はされてないみたいです。
書き方の本では演出的なことはあかんと書いていたが、演出的なことがバンバン書いてあるし、けっこう迷路に飛び込んだ感じがするなぁ~

まぁ、今日はこの一週間、溜まりにたまったストレスを解消するためにジムに行くぞ!
まぁ、明日は一週間ぶりのボディコンバットがあるし、この休みはジムでストレス解消です

それとネタを考えたいかな。

でも、生活のリズムをなんとか立て直したいが、ちょっと会社が忙しすぎて、九月いっぱいまでは、この忙しさが続くかも知れん。
テレ朝は11月〆だから、なんとか10月には落ち着いて欲しいなぁ~
とりあえず、コンクール用の短編ネタ、作品昇華待ちが6本あるし
でも、どれも今までと変わりないというか、変わりはあるが、おそらく一次落ちだろうなぁ~
今までと同じように発想主導のものもあれば、一本調子もあり、そうでないのもあるが・・・

「強烈なインパクトのあるやつが欲しいんだ!」

やっぱ、作ったあと、読んだあと、見たあとに、印象がいつまでも残るやつ。
見て、それっきりで忘れてしまうような作品では、

「あれ?昨晩、何食べたっけ?」

では、全く味も素っ気もない!

「記録よりも記憶に残る」という言葉があるが、出来の良いのよりも、印象に残るものを書きたいな
でないと、「何食べたんだっけ?」では、あまりにも空しすぎる。
作った料理人、たとえば奥さんや恋人が聞いたら、

「え?覚えてないの」

と、がっかりするだろうなぁ~
それではあかん!

でも、どうも、インパクトが中途半端な気がする!
ハチャメチャ破天荒な、荒くて良い、原石としてとてつもなく想像力、人の範疇を越える力を秘めているような、そんな作品が作りたいですなぁ~

たとえば、スターウォーズとか、

これなんかも楽しみです

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 [DVD]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る


世代ですから
サンライズのアニメはいいなぁ~
ロボットはあくまでもアイテム、人間模様がおもしろいんですよね。

さて、ゲゲゲの女房を見て、生活のリズムを立て直すぞ!
せっかくの休みなんだから



まぁまぁかな

2010-07-20 00:56:21 | 日記
中々思い通りに一日を過ごすのは難しいのかな・・・

まず昼にエアロビに出たが、これはおもろかった
インスの先生は普段は平日の朝に出ている人なので、当然俺は会社で出られないのだが、まぁ、兎に角、凄いインパクトのあるキャラをもった先生だった!
そのキャラに終始圧倒され、おもろかったわ
ほんと、コントが作れるぐらい強烈だったなぁ~

そのあとがなんか思うようにいかんかったなぁ~
池袋にも行きたかったが、どうも、体が睡眠を欲しがっているので寝かせてやった。
まぁ、明日からは夏休みまでめちゃめちゃ、1から10まで数数える単純労働が待っている、しかも今週はジムが少ないしでれないかも知れない。
ストレス解消は、毎日したいものです

でも、夕食前にちょっとネタなどを整理したら、それなりに整理出来たし、ちょっと付け足しというか飛躍も出来たので、それで良しかな。

今週中に「ドラマ脚本の書き方」本を読み終えて、映人社のドラマに目を通したいかな。
でも、夏休みは、シナリオが書けないけど今までの書き方で良いから書くこと。

あと出来ればイメージキャストが浮かぶといいのだが、あんまし浮かばないんだよなぁ~
芸能界に人はいるけど、良くテレビに出ている人は、なんかイメージが出来上がってしまっているせいか、ドラマ向きにはならないし・・・
イメージキャストって難しいなぁ~

さて、明日からは忙しいし、ジムも少なめになるのでストレスが解消出来にくくなるので、ほんと七月は山だな・・・


和み

2010-07-18 23:29:39 | 日記
いやぁ~、やっぱサンデースポーツの廣瀬智美アナは素敵だなぁ
心が和むなぁ~

なんせうちの会社にはそんな人いないし、口を開ければグチばかり←俺もいやだけど、朱に交われば赤くなるってやつなのかなぁ~、極力話したくはないが、すぐ口論になるので、人って価値観のちがう人とそばにいるだけで吐き気がするんだなぁ~

なんかW杯の審判の人が出ていたが、やっぱ人間的に大人だよね。
人間にも質というのが間違いなくあるんだね。
向上心のある人、前向きな人は輝きがちがうなぁ~
グチて「そんなことやってもムダ」と恥じることなく言い切る人たちといると、ほんと辛いですわ

今日はNHKで朝、ようこそ先輩、課外授業という番組で釣り師の児島玲子さんが出ていたが、モデルあがりで綺麗な人だったけど、なんか輝いていたなぁ~

今の俺は、輝く人に会えるのは、ジムしかないけど、ほんと輝き人に会いたいですね。
恋したくなるほど輝く人に、

廣瀬アナはいいなぁ~
どんな人なんだろう。
NHKはプロ集団だからアナも厳しいらしいけど、がんばってる姿はいいなぁ~

あといいのは、やはり「龍馬伝」
本日から第三部、オープニングも少し映像が変わったが、俺は役者じゃないけど、こんなドラマに出演できたら幸せだろうな、と思えるほど高いクオリティがある。
出演出来たら幸せだろうな、
と思えるドラマは素晴らしい。

でも、廣瀬アナにお目にかかれると、テレビ越しですが和みますね

明日はエアロビが午前中にあるから、出ようかな
もう少し、一日の始まりとしては前向きな気持ちを得て、創作に入りたいしなぁ~

早めに寝るか


結晶

2010-07-18 17:49:54 | 日記


世間的には三連休なんだね・・・
会社が忙しく連休がなくなるかもと思っていただけに、三連休という意識がちょっと薄かったなぁ~

でも、ジムは大盛況!
ボディコンバットもこの暑い中、みんな汗だく

いやぁ、でも、中々バテバテだったけど、いい汗かきましたわ

なんか、「ロストシンボル」は予約がおさまってから改めて読もうと思う。
なんか、ドラマの本を見て、受賞作や二次審査通過作品のタイトルを見て、なんか、やりたくなった。

なんか、インパクトだけの、100点満点なら1点でも2点でもいいから、インパクトのある、記憶に残るもの、印象に残るものが作りたい。
そんな創作欲が出てきました

書くネタとして六作あるが、印象的といえるかどうかわからない。
なんか、ドラマのカラーはだんだんついてきた感じがするが、破天荒さが失われてきているのかも知れない・・・

前に参考になる話で、宮崎駿監督の作品でも、必ずしも最新作が一番というわけではない。人には好みがあるから、「崖の上のポニョ」や「ハウル~」よりも「天空の城ラピュタ」が好きという人もいるし、宮崎駿監督はナウシカが一番という人もいる。

でも、何か賞ばかり応募していたせいもあって、なんかこじんまりしてきた感じがする。
発想が小さくなっているのかな・・・

中断ばかりだが、なんか、インパクトしか残らない娯楽作品が欲しいなぁ~

ちょっと、ロストシンボルを読むのは読む時間がしっかりある時に読もう。

明日はちょっと作品を考えよう、
というか今日の夜から考えていきたい。
なんかよくわからないハチャメチャなものを、頭の中でみたい。
もちろん、娯楽カラーを仕込んで・・・