令和は楽しく、それは神様の思し召し。

シナリオ載せてます。視聴率低迷の昨今。制作会社の方、映像化しませんか?視聴率?どうなるか?それを実験企画で!ぜひ!

第34回創作テレビドラマ大賞へ向けて

2010-05-20 23:50:01 | 日記
浅野妙子さん脚本の「八日目の蝉」がどうしても欲しくて、月刊ドラマ(映人社)のHPにいったら、脚本はなかったが、創作テレビドラマ大賞の募集を見た。

これは、NHKで放送されるやつだ!

今、二作の作品を仕上げるつもりだが←それまでブログはやらないつもりだったが・・・、オークスは書く

ショートはスプリンターとか、最近は走り幅跳びに例えることが多いが←俺の語りによるつかみの擁護みたいなもの、語りさえも更に脚色すればいい!と思ったが、語りにまさる脚色なしだったなぁ~

しかし、ショートを書いていて思うのは、

「どうも、ショートはドラマではないような気がしてきた」

ショートはドラマにあらず・・・
今頃、それに気がつくのが遅いのか早いのかわからんが、去年、小説(長編までは行かなかったが、中編かな)を書いたこともあって、どうも、ショートはドラマではないなぁ~
と思えてならない。

確かに、今、書いているやつとその次のやつは、今までのようはドラマの描き方だが、どうもショートに限っては、ドラマではない取り組み方がある。
このネタは長いから長編とか、短いから短編とかというドラマではなく、ちょっと施工を変えれば、ショートはなんぼでも作れるのではないだろうか?
と、思えてきた。

けど、今は今書いているやつと次に書く二つしかないが、
この創作テレビドラマ大賞は六月が〆切で、しかも枚数が50~55と、昔は65~80ぐらいあったような気がしたが、とってもやりやすい枚数でもある。

ただ、なんといってもNHKだ!
こないだ放送した「介護ロボット~」は介護が書きたいのか?引きこもりが書きたいのか?誰が主役なのか?わからないような作品だったが、六月〆切の十月下旬発表というのもいい。

もちろん、書くネタがあればだが
手持ちのやつは、来年のヤンシナだし、枚数も60~65枚ぐらいあった方がいいから、ヤンシナになる。
それに、「ショートはドラマではない」という考えを実践で試してみたいので、
少なくとも長編を書くスタンスではない。

まぁ、会社で考えるにはいいもの見つけた感じだ。

ただ、ショートがドラマでないにしろ、まずは絶対に気をつけなければいけないものがある。
今、それを思い出した。
そしたら、今書いている作品はそれ忘れてるし、次の作品にはないし、あかんなぁ

でも、今書いているのを書きながら、出せるかどうかわからんが、創作テレビドラマ用の新ネタを考えてみよう。
そして、「ショートはドラマではない」を実践してみよう。

大体、長編(フルマラソン)と短編(スプリンター)では、同じ陸上でもスタートダッシュの失敗がフルマラソンには影響はないがスプリントはある。
それだけで別物なのだから、同じようにドラマを書くスタンスで書くものではない。
書くことも出来るが、別な手段もあるということ。
それは間違いないと思う。
ショートがドラマではないというのは極論かも知れんが、長編ドラマを書くスタンスとは違う気がする・・・

まぁ、会社で考えるネタとしてはいい。
あんまり、話したくないしなぁ~
人間、相性や価値観が違うとほんとダメなんだなぁ~
少しぐらいはいいが、受け入れられないものってあるんだよなぁ~

とりあえず、創作テレビドラマに参戦出来るように考えよう。

と、その前にまずは1ページ、10分でいい、触れるだけで良いから触れよう。


今日の釣果

2010-05-18 07:59:31 | 日記
会社に行く前に、
どうも昨夜はミクシィやブログを弄って終わってしまった

「ブログ弄って、作品弄らず」

それではダメだ

俺の目標はプロになること。
そのための最低条件は、まず作品を完成させること、

本日はボディコンバットがあるも、それでもせめて繋ぎや作品をちょこっと弄るだけで良い、触れるだけで良いから、やること

作品が出来るまでは、極力、ブログもミクシィも控えないといかん

パターンを決めて、シャワーを浴びたら、作品弄ろう、1ページでも10分でもいい、触れるだけでもいい、
そのあとに何ページ書いたと、コメントに釣果を書けばいいし、書かなくてもいい。

兎に角、五月中に今、書いているのを書き上げよう。
ト書きとかグダグダだけど、まずは書き上げること。

そして、会社では長編ネタを考えるとの、次の作品の構成を考えよう。
ドラマは見えているが、どう見せればいいのか?
それがどうもまとまりがない

そんなことを会社では考えよう。

あと本日から離婚同居が始まるなぁ~

まぁ、弄らなくても触れるだけで良いから、毎日作品作りに触れよう!


コメント (4)

ミクシィ

2010-05-17 22:55:41 | 日記
ミクシィやりはじめました。

おかげさまで、ヘンなコメントを書く人はいないのですが、もっとコアな関係がミクシィにあるのでは?
例えば、感想会とか、切磋琢磨出来る場があるのでは?
と思い、ちょっとミクシィで日記など書きはじめました。

一応、ミクシィとこっち(一応、本家)を、気分で書きます。

まぁ、こっちは、自己啓発の意味が強いのですが・・・
まぁ、ミクシィがどんなものか?
やってみるのもいいかな、と思って・・・

まぁ、どっちにしても、あんまりブログに時間をとられて創作できなければ、

「お前は一体何がやりたいんだ!」

となってしまうので、

このブログを見ている方で、ミクシィもしている方がいましたら、よろしく。

コミュニティとしてはミクシィは充実している感じはします。

けど、こっちのブログの私の書き込みを、読んでくださる方もいるので、ほんとありがとうございます。
ちなみに携帯電話で読まれている人が7割・・・
通勤とかに読まれてるのかな?

結局、ミクシィを弄って、10分書けなかった。

これではダメだな・・・

しばらく、様子見です。


今夜から

2010-05-17 19:03:46 | 日記
今夜から、作品作りを再スタートさせたい。
本日は、風邪が抜けなかったので食っちゃ寝していたら、だいぶ良くなった、と思う。

歯科矯正も基本、終わったし、もう貧乏人生を変えたい

変えると行っても、俺にあるのは、勝てない、お金にならない、そんなもの。
作品作りだけ・・・
自分では、どんどん良くなっている、と思うのだが、全く箸にも棒にもかからない

けど、負けたという気持ちがあまり感じられない・・・

けど、シナリオっていうのは中々、難しい。

TBSの「新参者」には第一回の連ドラ大賞を取った人がしっかりやっている。
ようは初心者といってはなんだが、昨日までアマチュアだった人がしっかり連ドラを書けると言うこと。
しかし、昨日の「龍馬伝」で、勝と龍馬の会話で、幕府が攘夷と叫ぶうるさい長州が外国にやられることを喜んでいることに対して、「日本という国は江戸に幕府、京に朝廷、そして、各藩がそれぞれ好き勝手やっている。ようはてっぺんが沢山あるから攻めるにしても攻めにくい」と皮肉混じりの会話があったが、この会話は作者である福田靖さんの時代を読む洞察力の高さによる会話、セリフだと思う。

お笑いもそうだが、言葉を操る人に必要なものは、言葉に対する反射神経、瞬発力が必要である。
アドリブなんてまさ言葉に対する反射神経と瞬発力の産物といっていいでしょう。
そして、ライターはドラマをかぎつける嗅覚=洞察する力が必要である。
「龍馬伝」では時代を読む力が、勝のセリフに投影されている。
「新参者」では、一つの残された物証を見事にドラマにしている。

創作する者の条件としては、物事に対する洞察力、物事や言葉に対する瞬発力、反射神経の高い人は、おそらく、いい創作家になる要素が高いような気がする。
長くやればいいというものではないが、「これはある程度年齢を重ねないとかけない」というものはあるのかなぁ~

でも、洞察力のないものもある。
例えば、人間ドラマを丁寧に描いて見せる作品は、洞察力はさほど必要ではない。
まぁ、洞察力がもっとも求められるのは、ミステリーや謎多きものだろう。
俺の好きな、おそらく今年NO1候補のドラマ「八日目の蝉」は、洞察力はない。
じっくり、丁寧に作れる人かな←俺みたいに、花火どか~ん、でせっかちではあかんな

「八日目の蝉」って実話がネタになっているらしい。
もっとも愛人が子供を殺してしまうのだが、ドラマはそうはしなかった。
けっこう、実話をアレンジした名作って多いんだよね。
俺の好きなA・デュマの「モンテクリスト伯」も実話で床屋さんがモデルだったとか・・・
実話やほんのきっかけをドラマに持って行くストーリーテラーとしての高さというのはある。

まぁ、実話をネタにするには、取材も必要だし、ちょっと俺向きの実話はないので、自己捻出の完全オリジナルだけど・・・

まぁ、兎に角、本日、会社を休んで寝ていたせいか、風邪は、ずいぶん良くなったと思う。


本日、1ページでも10分でもいいから、作品を弄りはじめたい。
中々、難しいんだなぁ~

でも、貧乏疲れしてるし、俺には創作しかないし、面白いドラマを作りたいし、
まず2作、そして、長編を



今週はどうだった

2010-05-14 19:20:33 | 日記
この寒暖の差で、本日、風邪をひいてしまった。
といってもなんとか平熱、悪寒はないが、鼻から口回りがグダグダで、肉体疲労なのかな、肛門ゆるゆるです

創作の方は、シナリオ弄りが出来なかった。
たった10分なのに、中々出来ない
五月ももう半月、まだおおざっぱで20ページしかいってない。
けど、助走は終わり、これからもうどう書いていくか、も整理してあるのであとは書いていくだけ・・・けど、それが難しい

それと長編を考えていて、良い感じで創作法が生まれたのは非常にいい発見をした。
これが今週の一番の収穫のような気がする。

本日は、ゆっくり暖かくして寝て、土日は休みなので、また10分出来るようにしたいと思う。
ほんとたった1ページ、たった10分でも継続は力です

あと今週の収穫は、ジムでボディジャムというダンスエクササイズがあるのだが、一度行ってみたいと思ったのだが、「ダンスはなぁ」と思ったのだが、行ってみたらめちゃめちゃ楽しかった!
自分の踊れなさ加減が笑える

最近はエアロビもなんとなくカッコがつくようになりつつあるが、なんか始めた頃の出来なささが楽しいかったのを思い出したわ
それにインスの先生はテンションも高い←インスの先生は全体的に元気だね。

でも、ボディジャム、楽しいです!

結局、ジムにいかな日は金、土だけになってしまった。
けど、ストレス解消になるんですよね。

ほんと、今の会社は、人が信用できないし、大人げない大人だし、そこにいる俺もいやだけど、愚痴でしかまとまらない、夢や希望というのがないんだよね・・・
脱サラして何かしたいとか、前向きさがない。
「もう年だから・・・」

俺は20年以上負けてるけど、年だからなんてあり得ない。
墓場まで持って行くし、それに大器は晩成なんだよ!と自分を励ます
即ち、大器晩成、大物は年をとって現れるのだ!

と、その前に体調を整えないとなぁ~


久しぶり

2010-05-09 19:30:33 | 日記


久しぶりのボディコンバットはおもろかった
今日はエアロビも大入りというか男性が多かったけど、ボディコンバットはえらい混みようだった。
60人以上いたかも知れない。

上板橋サラは、全然見かけないが、でも、お客さんが大入りというのはテンション上がるね。
ただ難点だったのは、前列にボディコンバットをやりはじめた人がいたということかな。
インストラクターの動きを見ないと動けない人はなるべく後ろでインストラクターが見えるところにいた方が良い。
しかし、動きを見ないと動けないから前列の人がどんどん下がってくると、後ろはスペースがないのだから、下がられると動きがさらにとれなくなる。
スタジオでのコツというか初心者とかインストラクターの動きを見れないと動けない人はなるべく後ろの方がいい。
後ろに下がられると、前蹴りとかバックキックもあるから非常に危ないんだよなぁ~
まぁ、そこは押さえて打つが・・・
下がってくるのが気になっちゃって、もう少し弾けたかったなぁ~

でも、このゴールデンウィークで体重が70キロを超えた
一年三ヶ月ぶりじゃないのかな。
やっぱ運動しないといかんね。
なにせ、服はほとんど資源回収に出してしまったし、今まで自分はLサイズと思っていたが、MでOK、場合によってはSでもいいとのこと
身長176cmあるのに、胸囲だって96あるのにMだもんなぁ~
でも、確かにMの方がすっきり着れるので、もう太れんぞ

ああ、でも、ボディコンバット、

次は火曜日だが、久しぶりに上板橋サラを拝みたいなぁ~
あのスピードボールのお洒落ステップは必見だもんなぁ~
でも、その前に月曜日にボディジャムというダンスのプログラムがあるのだが、会社次第だが、出てみようかな・・・

でも、スポーツっていいね
ストレス解消になるし、Tシャツの汗を見ると自分の努力の結果が汗となって表れるから、なんか嬉しい、汗で濡れたTシャツが誇らしいんだよね

それと、そろそろ梅酒造りの季節なんだなぁ~
中々、お金がかかるので、最近は作り溜した果実酒、珈琲酒を飲んでいるが、作りたいね。
ちなみに、果実酒でおすすめは、11月になるが、ラフランス(西洋梨)の果実酒は凄い!
もうほとんどジュースみたい。
凄いごくごく飲める。
スモモ酒は梅酒っぽいかな。
ちょっと氷砂糖を多めに入れないと味が苦くて飲めないのは、プルーン酒かな。
今年は出来れば(予算がくめれば)、ブラックチェリー酒を作りたいかな。

珈琲では、エメラルドマウンテン(コロンビア)かな、これがNO1、あとインドネシアのトラジャカロンだったかな、味が濃いのかな、良かった。
エチオピアのブルーマウンテンだったかな、あれは珈琲酒向きという感じはしなかったなぁ~
ブラジルの波動コーヒーもかな。

珈琲酒をチビチビ飲みながら、執筆、
「優雅ですな~」

でも来月のW杯は、スモモ酒、ラフランスを飲みながら、観戦しますか

ちなみに、NHKマイルは負けました
月収倍増計画失敗

さて、龍馬伝まで10分でいいからシナリオ弄りますか。

でも、ボディコンバット、おもろかった


いかん!いかんぞ!

2010-05-09 07:19:48 | 日記
二日、作品作りをしなかったのはいかん

昨晩は銭湯に行ってから、作品を弄るつもりだったが、銭湯に入っている途中からドッと疲れが流れ出て来て、浴槽に入るのに足をあげるのも億劫だった

それから、スポーツの、サッカーの結果が知りたくて、スポーツニュースを見たら、寝たいので寝た。

二日、おさわりをしないのは良くない
本日は、おさわりを絶対しなくてはいけない
でないと作品書きが遠ざかってしまう

まず、これから、良い作品、「八日目の蝉」の最終回を見てから、朝市までやって、そして、ジムまでやろう。
そんなに気張らずともいいんだ!
1ページでいいんだ!
10分でいいんだ!
出来れば、助走(=はじめのつかみの語り)が終わってくれるといいかな。

でも、八日目の蝉の脚本が欲しい。
月刊ドラマに出ないかな。

短編を走り幅跳びを考えるのは非常に的を得ている気がする。
飛距離よりも助走の方が長いが、それをシナリオ形式で書いていては、助走(競技としては採点なし、競うところではない)が長く、内容(本題、競うところ)が短い。
語り以外の方法も考えた。
カット割りしたシーンを、パッパッ(フラッシュバックかな)と見せて、語りを最小限に抑える方法。
しかし、つかみの度合いが語り中心より非常に弱いんだよな。

まぁ、八日目の蝉を見て、一番の見せ場、
「その子はまだ、朝ご飯まだなの」

私は、今、いつものように、鮭おにぎりを三つ食べました。
「あの人はもう、朝ご飯食べたの」

名セリフは、バラエティに使われちゃうね

まず、朝いちで一泣きするか

コメント (2)

40ヶ月強

2010-05-08 21:57:24 | 日記
40ヶ月強、歯科矯正の矯正器具(針金)が昨日、とれた

まるで自分の歯じゃないみたいな感じがしたが、今まで噛み合ってなかったので、それが噛み合うというのはほんと凄い!

もう柿ピーもボリボリ食えるし、なんといっても、イカフライが食えるということ。
今まではイカフライを食うと前歯でかみ切れなかったから、丸ごと全部飲み込んで食べるという、ある意味、オットセイぐいだったが、これからは違う
なんか噛み合うせいか、まるで裁断機のようだ!

昨日は、補正器具をまだつけるのかな?おそらくマウスピースのようなものをつけると思うので型をとったが、それが凄い苦しいというか首に力が入り、疲れたので創作の方は弄れずに終わったが、今日は10分でいいから弄るぞ!

本日は土曜日出勤・・・休日出勤させると休日手当が付くから平常出勤日として土曜日も働かせる、一族支配ってほんとせこい、自分が創業したわけではなく、ただの婿なのに、それでいて社長は早退←「やる気あんのか、コラ!」って感じです。

まぁ、でも、針金がとれたということは、いいことが起こるのかも知れない。
噛み合わない人生も、これからは良い方向に噛み合ってくれるといいなぁ~

とりあえず、今月は自動車税に車検と手取り19万ではかなりきつい
そこで、明日の競馬、NHKマイルにかける!
というか、まぁ、遊びは必要、けど、綱渡りです

ちなみにNHKマイルの買い目は、
三連単、サンライズプリンスを1着に、2着にコスモセンセー(逃げ先行馬が少ないので、マイペースでいって、上がり34秒前半で上がれば2着もあると、それに3着にリルダヴァル、エイシンアポロン、ダノンシャンティとまた、2着のコスモセンサーを3着にして、3着候補の三頭を2着において、6点各500円
押さえに三連複、サンライズプリンス、リルダヴァル、ダノンシャンティの1点1200円。

まぁ、当たってくれるに越したことはないが、生活は少し余裕が出ると思うが人生は変わらない。
人生を変えるのは、創作である。
まずは作品を弄り、2作品を、ト書きとかすっ飛んでも良いから、まずは初稿を終わらせること←来年のヤンシナへ向けてだから。
そして、持ち込み長編を書くこと。
持ち込みなんて、受け付けないのが当たり前なので、兎に角、完成させてからTBS連ドラ大賞に送る。
どちらも来年の1月(TBS連ドラ大賞)、2月(ヤンシナ)だが、会社員は時間がないので、金もないけど、今からやっても遅くはないのだ!

でも、明日は二週間ぶりのエアロビに、二週間ぶりのボディコンバット、そうジムです
もう、ボディコンバットで思いっきり汗を流すぞ!

そして、録画したNHKマイルを見て、「龍馬伝」から「新参者」、サンデースポーツで廣瀬智美アナを見て、10分シナリオを弄って寝る。

たった10分・・・されど10分です

さて、銭湯に行って、昨日の歯科医でのクビの疲れ、痛みかな?と労働の疲れを湯につかってとりますか



1日1ページ、さわるだけでいいんだ!

2010-05-05 17:48:07 | 日記
なんとか用事も済ませ、夜は比較的空く。
というか、夜見るテレビは「ニュース9」ぐらい、あと「龍馬伝」、それと「八日目の蝉」が終わったが、18日?からはじまるあと番組「離婚同居」←なんか俺が書きそうなタイプのドラマの匂いがする。
それと1話完結だから見逃してもいい「新参者」←でもこないだの「マキティ」は中々人情もので、人がいたので涙を我慢したゾ、このヒロインを演じたマキティは、大河「風林火山」のヒロイン、諏訪姫をやった人だ!どんだけNHK出演者をそっくり使っているのか!まぁ、それだけ芸が確かな人を使っているということかな、TBSの本気ってやつかな、中々、第一回なのにTBS連ドラ大賞出身者がこの脚本に携わっているところを見ると、ある意味、ヤンシナの強力なライバル的賞になる。しかも、長編の応募作だから、そのまま戦力として連ドラに直結する。短編(コンクール)と長編(実践)では、あきらかに競技が違う、スプリンターとマラソン選手ほどの違いがある。しかし、TBS連ドラ大賞は長編コンクール=連ドラ(実践、主戦場)と直結は大きい

と話がそれたが
でも、このゴールデンウィーク、最後の夜だ

何がゴールデンだったのか、私にはわからない
会社での日々の肉体労働&人間関係ストレスで、体は疲れ切っていた

まぁ、でも、何もないにしても、五日間、体を休めることが出来たんだから、良しとしなくちゃいかん

一昨日から、語りバンバンだがシナリオも書き始めた。
この流れは止めたくない。
止めるとずっととまってしまいそうなので、ほんと

1日1ページ、さわるぐらいでいいんだ!
ちょこ~と、さわるぐらいでいいんだ!

そんな、肩に力を入れて気張らずに、もう、ドラマは頭の中で何度も見ている、それを1ページだけ書くつもりで、いや、書かずともさわるつもりで、ちょこ~と、さわって

今日も、語りがバンバンだけど、進まなくても良い、さわるだけでいいんだ!

10分でいいから

おさわりクラブでいいんだ!

「ん!?そっちのおさわりじゃないぞ」

「ああ、でも、おさわりしたいなぁ~

「ん!?なら、1ページ、さわりなさい」

「さわるのって難しいなぁ~」

お願い、1ページでいいから、さわって、10分で良いからさわって

二つのネタを作品に昇華するまでは、さわって

コメント (2)

再び、「八日目の蝉」、最終話を見て

2010-05-05 09:34:55 | みや文明の創作思考
凄い出来だと思う。
確かに、ファンとしては、きわこ(京子)とえりな(薫)が涙の再会を果たすのを楽しみにしていたロマンチック派と、
「何が、ロマンだ!きわこは、人の子を勝手に連れ出して、人の家庭を苦しめた世界一悪い女だ!」という現実派かな、

現実目線で考えれば、自分の子を誘拐しておいて、その後、残された家族がどんな思いだったか、娘のいない誕生日とか、家族はさぞ苦しかっただろう。
そこで、きわこが叫んだ最後の言葉、「まだ朝ご飯食べてないんです」を聞いて、えりな(薫)が、きわこ(京子)のことを「おかあさん」と泣き崩れるのが精一杯だと思う。
実の母のこと、全てを受け入れるといった母のことを、家族のことを考えれば、それが精一杯、薫はえりなになったんだなぁ~、大人になったんだなぁ~と思う。

きわこ(京子)も、えりな(薫)も、実の母も、女たちがみんな不幸の中を必死でもがいていた、その中でなんとか幸せを見いだそうとしていた。
この八日目の蝉は、きわこ(京子)の目線から描いたドラマだが、残された家族目線のドラマだったら、えりな(薫)のいない5年がどれだけ辛かったが、そのあと戻ってから、どう修復するか、中々辛かったと思う。

俺は、ロマン派だから、例えば、えりな(薫)が家族のけじめをつける為に、京子にいってやりたい、京子の犯した身勝手な罪を非難してやりたい、という思いをもっていたが、京子に対面したとき、涙が止まらなくなり、非難することも出来ず、ただ「母さん、母さん」といって、京子が受け止め、「ごめんね、私を許して」といって、二人の関係は、えりな(薫)の京子への批判で終わるつもりだったのだが、えりな(薫)は何も言えず、逆に京子がえりな(薫)の謝罪でけじめをつける。
そして、えりな(薫)も過去と決別し、未来へ、
また、きわこ(京子)もえりな(薫)との本当の決別をし、きわこも思い出だけを胸に未来へ、
とこんな感じに俺なら書いていたと思う。

しかし、脚本家の浅野さんは、せつない方をいったんだね。
ラストで薫と呼び、お互い見つめ合い、えりな(薫)の顔に戸惑いが表れるも、それを押さえて、えりな(薫)は顔をそらして前に進む。
きわこ(京子)も、なんともいえぬやわらかな表情でそれを見送る。

いいドラマです

でも、ロマン派と現実派に別れるドラマではあるな・・・

ちなみに私はロマン派で、二人とも過去の思いにけじめをつけて、未来へ進んでいく。
きわこ(京子)は、きわこの未来へ、
えりな(薫)は、えりなの未来へ、

かな

コメント (1)