ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

ダービー、GET

2010-05-30 18:14:30 | 日記
しかし、三連複
エイシンフラッシュの1着予想は出来ないよなぁ~
でも、2、3着は皐月賞がはじまる前まで、二強と言われたローズキングダムとヴィクトワールピサが来た!
ローズキングダムは来ると思ったんだよ!
前回1、2番人気で人気を落とした馬ほどリラックスして乗れる。
でも、エイシンフラッシュが良かった。
ペルーサとルーラーシップは秋を越えてじゃないかな。
秋の天皇賞に行く三歳馬は多いような気がする。

でも、三連複1万弱と、結局430円儲けただけ
来週は安田記念だが、面白いレースとは言えない。
古馬が弱いんだなぁ~
スターがブエナビスタだけだからなぁ~

まぁ、ダービーで馬が走っているころ、私はジムでボディコンバットをしていました。
いやぁ~、気持ちよかった



男の汗のTシャツをのせて楽しんでるブログ書きは俺ぐらいかな
でも、シナリオで一応書けば達成感はあるが、一次落ちすると、なんだったんだろう
と思うけど、これは違う。
それに、努力の結晶が汗となってすぐ分かるし、嬉しいんだよね
それに楽しい

さて、今日は合間に創作メモを書いたが、ドラマは奥が深いが、それを知ることで最短距離がわかるんだなぁ~と思った←抽象的で申し訳ないが、考えは作品をもって示すのが作り手

だんだん、より最短距離が見えてきたような気がする。
人間というのは考え始めると物事を難しく考えるのかな・・・
でも、それを繰り返していく内に、シンプルになるのかな。

まるで迷路だ!
迷路は複雑だが、全部間違えて何度も何度もやっていくうちに覚えて、一番最短距離を見つける。

さて、まだ創作メモは残っている。
それをやって「龍馬伝」を見て、サッカー、イングランド戦を見るぞ

「新参者」は最終回か、その前から見ようと思う。
やっていることは、疑わしき人の行動を明確にするということを阿部ちゃんがやっているだけだから。
一話みれば、あとは最終回だけでもいい。
一番、学ぶべきところは一話だからな。

コメント

米軍問題

2010-05-29 11:37:37 | 日記
みや文明のブログとしては、堅いな

ちょっと、息抜きにテレビをつけたら米軍問題をやっていた。
フィリピンは反米から基地が撤退したら、中国が島を占領したと報じていた。
米軍が沖縄から撤退したら東シナ海のガス田や、沖ノ鳥島だって中国にとられてしまうかも知れない。
中国は沖ノ鳥島は島じゃないといっているんだから。

だったら、いっそ、基地での抑止力ではなく、米軍アジア司令本部庁という省庁のようなものを作ってしまえばいい。
武器ではなく、司令部があれば、中国がフィリピンのように島を占領のような動きをしたら、日本に駐留している米軍が動けるように、武器ではなく、司令部がにらみをきかせるという風にすれば、エマージェンシーの時だけ、空港の一部を米軍が使用できるとか、
極東ペンタゴンのようなものを作れば、いいのでは?

そんな司令部があれば、軍隊が駐留してなくてもにらみをきかせることは出来る。
武器で人をにらむのではなく、人でにらみをきかせる。

そういうではいかんのかなぁ~

民主党は、俺はもがいていると思うけどなぁ~
結局、自民党が与党時代に決めたことに戻ってしまったけど、民主党が移転させるといって、なんとかそれを実現しようとした努力は評価してもいいのでは?
中々、そんなに簡単にはいかない。
沖縄の負担を軽くしましょうといっても、鹿児島は「NO!」
これはほんと難しいよね。
例えるなら、ゴミ処理施設を近所に作るというだけで、住民は反対する。
ゴミは出してるんだけど、自分の家の近くに作るのはイヤ!
ゴミだけじゃない、葬儀場も近所に出来るとなると人は「NO!」という。
いずれ自分たちもお世話になるのに・・・
これは、例えば、臓器移植だって、「日本人は海外で臓器を移植している!」と海外からは批判を受けている。
これだって似たようなもの。

俺もそうだけど、人間って自らのエゴをどうつきあっていくか?
それは人間の永遠のテーマなのかも知れないね。

でも、民主党は、沖縄の負担を軽くしようという行動をし、失敗したけど、沖縄の人の苦しみというのは今まで以上に、俺は気づいた←俺が鈍感だったのかな・・・
でも、アメリカも沖縄の民意を今まで以上に感じることは出来たのでは?
それが、今後の米軍のあり方に影響を与えることが出来るのでは?

沖縄に、武器、兵器でなく、極東司令本部というのを沖縄に作るのならいいのでは?
アメリカ人の司令官がいるだけでも、にらみをきかせることは出来ると思うけどなぁ~

コメント

ダービーの買い目と土日の予定

2010-05-29 09:14:40 | 日記
明日は、ダービー
ただ、ダノンシャンティが骨折にて出走取り消しでずいぶん変わってしまった
ダービーには、先週オークスの三連複1万弱の配当金を全てかける
まぁ、競馬はこれでほぼさよならかな。

三歳馬の春っていうのは、そう馬が成長して変わるものではないから、ある程度、今の成績がそのまま出るもの。
だから、一年を通して、しかも一番当てやすいのが三歳馬の春なのだ。
秋を越すと馬も変わり、古馬になると距離適正もはっきりしてくる。
今ならNHKマイルを日本レコード勝ちしたダノンシャンティでも2400mは通用するはずだったのだが・・・

そこで、私の基本軸はヴィクトワールピサとローズキングダムで行く。
これは二強対決といわれていたのに、ローズキングダムが三歳初戦の中山、皐月賞トライアルのスプリングS、皐月賞と負けたので人気を落としている。
中山というのは、あのディープインパクトも負けるほど、いや、逃げ馬などが波乱を呼ぶようなコース、そこでの二連敗をコース適正がないと判断し、直線の長いまさに実力で決まる東京なら、と、
まずは三連単、厚めに、ヴィクトワールピサ、ローズキングダム、ペルーサと三頭お隣さんをボックスで買う。
それから、ヴィクトワールピサを1着に、2、3着ボックスでエイシン、レーヴ、コスモ、ローズ、ペルーサ、ヒルノを買う。
そして、1、2着をヴィクトワールピサとローズキングダムで、3着をエイシン、レーヴ、ルーラー、アルザオ、コスモ、ゲシュタルト、ヒルノ、リアル、ハンソデ、ペルーサと買う。

そして、三連複押さえにヴィクトワールピサから、エイシン、レーヴ、ルーラー、コスモ、ローズ、ペルーサ、ヒルノ、アルザオと買う。

重なるのは一つにまとめて1万百円も買った

そして、百円残ったので本日の三歳馬OP、白百合Sを1点三連単百円買った。
エクセルサス→ビートフラッグ→コスモヘレノスの1点、
当たったら凄いけど、まぁ、これで競馬はほぼおしまいかな。

本日は、やらなければいけない宿題をまずやる。
それから、創作メモの整理とネタの捻出が出来れば最高かな。

明日はエアロビにボディコンバット、そしてダービーを録画で見て、「龍馬伝」を見て、サッカーイングランド戦を見てと、創作時間はないでしょう

さて、まずは宿題をしっかりやろう。


コメント

深い、深すぎる

2010-05-27 02:04:37 | 日記
今更だけど、ほんとドラマって奥が深い。
もの凄い単純でもあるのだが、もの凄く単純にするためには、ほんと仕込みが必要。

最近気に入っている例えでいうなら、走り幅跳び、
踏みきり台から飛んだ距離が記録、そこで競うのだが、より遠くに飛ぶためにはほんと助走が必要なんだよね。
じゃぁ、助走はどれぐらいとればいいのか?
短くてもダメ、長くてもダメ、
ようは、走って加速がついて、一番加速がマックスになる時、踏み台を踏むぐらいの距離なんだよね。
だから、飛ぶ距離の三倍とかそういう訳ではなく、人それぞれ、走り始めてから加速がついてきたと思えるところ、山の頂で飛ばないと失速してしまう。
助走は記録でもなんでもないのに、助走の大切さというのが走り幅跳びから伺える。

では、ドラマは?というと、確かに手持ちの札、カードは多いにこしたことはない。
しかし、カードの多さよりも、ドラマの深さというのはそれとは違う。

まぁ、兎に角、今、

「なんて奥が深いんだ!」

と思っています。

ドラマというものが分かっていると思ったが、ピントがぼけていてそれをどんどんピントを合わせていくんだけど、今までもさんざん合わせたと思っていたが、まだまだ。
100万画素が200万、500万、1000万、1200万とどんどん続いていくんだよね。
もう終わりだろう、もうこれで分かっただろう、とその都度思うのだが、また深く潜った。

創作の勉強って、人はどんなことをするのだろうか・・・
もちろん、自分の娯楽カラー、痛点というか面白さの快楽点をとことん突き詰めていく。
そんな作業なのかな・・・

もろもろがんばらないとなぁ~



コメント

一時中断&創作テレビドラマを本気でやろう

2010-05-24 18:47:16 | 日記
創作テレビドラマ大賞に本気で向かうために、今、書いているのを中断する
といっても、昨日も疲れて寝て一週間に二回さわれればいいぐらいなスピード

でも、今まで応募作をねかせたことがないので、寝かして、飽きてやめるか、更に発展するかはわからぬが、まずは創作テレビドラマ大賞に向けて、やっていきたいと思う。
もちろん今までは、「あ、このネタならショートだな」とかそういうさじ加減ではなく、
「ショートはドラマではない。少なくとも長編を書くスタンスでもなければ、このネタなら長編、これは短編」という意識でもない。

「ショートはドラマではない」というのはある意味、取り組む意識改革だと思う。

本日も会社で、それを考えていた。
不器用だから、二兎追うことも出来ないし、時間的余裕もない。
少なくとも六月いっぱいは考えたい。

それがダメなら受け皿でテレ朝、更に受け皿でヤンシナ、更に小説と行けるかもしれん。

兎に角、今書いているのは一時中断(結構な自信作ではあるよ!出来れば俺の作品では珍しく、見た人を泣かせることが出来る確立の高い作品、もう一つは、その年でこんの書くなよ!と言われる作品かな)

まぁ、でも、創作で一番楽しいのは、ネタを発掘して、俺の娯楽カラーを投影出来ると思えたときが一番楽しいかな。
まぁ、新ネタを考えるのは楽しいね!

六月〆の創作テレビドラマ、がんばります。

でも、今日はサッカー日韓戦があるが、それは録画で見て、本日はジムでボディジャムというダンスエクササイズがある、非常に楽しみです
テンション、アゲアゲで踊りまくってきます

コメント (5)

オークス当たり

2010-05-23 18:21:29 | 日記
オークスは、1着が同着というGⅠでははじめてではないのかな?
俺のアグネスワルツは三着になったが、俺はこの馬が桜花賞に出ていれば桜花賞馬になると思っていただけに、良かった
でも、はじめは三連単はアグネスワルツとサンテミリオンを軸に考えていただけに、残念だったなぁ~
三連複で一万だが、先週のヴィクトリアマイルも1着がブエナビスタと分かっていて、迷って斬った馬が来たために取り逃したし
ここぞ!というところがほんと弱い

しかし、ダービーへの軍資金が出来た。
ダービーは、ヴィクトワールピサ、ペルーサ、ローズキングダム、ダノンシャンティ、ヒルノダムール(2、3着)で決まり。
そのあとの目黒記念はけっこう当たっている感じがあるのでがんばりたい。

でも、馬が走っているとき、私はジムでボディコンバットをしていました



もうでじめじめだったけど、汗の中でエクササイズしてきました。
いい汗だなぁ~

明日は、ボディジャムというダンスエクササイズ
これがまた楽しい

さて、「龍馬伝」まで、ちょっと創作メモと、創作テレビドラマに向けて、
でも、ヤンシナがU-自称35才となんとなく分かった。
40、50エイジの受賞者がいないというのが←いたのかも知れないが分からん。
これで完璧に一次落ちはしたんだなぁ~と思った。

まぁ、がんばろう。

コメント

方向性

2010-05-23 10:05:45 | 日記
どうも、嫌な予感は、あながちハズレではないような気がしてきた
自分の才能のなさ、力のなさを人のせいにするな!といえばそれまでかも知れない
「すみません」

で、すんでくれればいいのだが、どうもヤンシナで40、50オーバーの人が賞をとったと聞いたことがない・・・

そこで、ここで冷静にならなければいけない。
自分の進む道を、方向性っていうものですな。

まず、二作ショートがある←これは今までのドラマの書き方の作品、旧タイプのショート。
この作品は枚数的に60は行くと思うので、65リミットのヤンシナへ向かうだろう←35才という年齢の壁、自称でも年齢をうたっているのだから、ないとは言えない
語りでつかみ、助走をとる為に、シナリオ界にある語りやナレはいかん、というものをバンバンいれるが、それが一番面白く見せられるのなら、俺はそれを使う。

まぁ、まず、作品を作るだけになっている二作は、ヤンシナへ←年齢詐称をするかしないか?と聞かれたら、迷うが、たぶんやらない。完成度に自信があれば、自信をもって、一次落ちしよう。
大賞より面白いと言われるような一次落ちの作品を作ればいい、それが勲章だ!文壇のゴッホだ!
まぁ、頭の中で何度も見ているが、それなりにいいものにはなると思う。

そして、今、目標としているのが、
創作テレビドラマ大賞だ!
これも年齢というのがあるのかどうか知らんが、これは「ショートはドラマにあらず」(長編を書くようなスタンスではない、短いネタだからショートとか長いから長編とかそういうのもあるが、私のショートはドラマではないというのは、そういう考えではない)
それを試したい。
まぁ、時間的にもモチベーション的にも出来るかどうかわからん。
出来なければ、それをテレ朝へ、でもいいので。

そして、問題というか本題はここから、
年齢制限のあるものは、例え自称でもそれは制限があることを意味する、なければそんなの規程にいれない。
そして、比較的自分の年齢に近い人が賞をとるものへ応募しないと行けない。

サッカーでいうなら、ワールドカップは年齢制限がないが、U-16の大会は16才まで、U-19なら19才と年齢がある←このUはアンダーです。
ヤンシンはU-自称35才だけど、35付近がリミットでしょう。

すると、もう小説しかない
頭の中で映像を見て、それを筆記している俺に文章力や文体という世界観はない。
例えば、芥川賞作家の川上みえこさんの受賞作「乳と卵」は、豊胸手術にきた兄弟との三日間の話?だったかな、
活字を映像変換して本を読む、いや見る俺としては、つまらなくて途中でやめた。
しかし、活字を読む人にとっては文章が面白いという。
文章が面白い?
俺には理解できない世界だ!

最年少芥川賞受賞の綿矢りささんの「蹴りたい背中」も映像的にピンと来ない・・・
直木賞受賞した「私の男」も三章あたりで、なんかごくごく平凡というか、映像的には・・・で断念。

でも、小説しかない。
スーパーダッシュ小説に出したのは、一次落ちだが俺的には面白く、今なら更にいろいろ書けるんで、まずはこれをメインにかいて、年齢制限のないところに送ってみたい。

それと、もう、アラフォーになるとシナリオではなく小説界へ行かないと、門前払いに近いのかも知れない。

とりあえず
二作は、ヤンシナへ、これがヤンシナでの、ラストダンスになるかも知れん。
今年の受賞者に40オーバー、50オーバーがいれば別だが・・・

そして、創作テレビドラマへ、間に合わなければそれをテレ朝へ。

そして、ここからが新しい戦場、
小説の世界へ。

取材やそういう調べが出来ないし、時間もないので、難しいが、それで行くしかない。

でも、まずはラストダンスと創作テレビドラマへ向けて。

そこからは小説へ、
スーパーダッシュ小説は受賞者の年齢が若い、ライトノベルだからかも知れないが、色々、賞を調べないといかん。
原稿用紙100枚ぐらいがいいな!
それぐらいだと時間的にも書けそうな気がする。

でも、まずは創作テレビドラマだ!

そして、これからは小説、それがオーバーエイジだろう。

コメント

嫌な予感・・・

2010-05-23 08:38:46 | 日記
今、創作テレビドラマ大賞に向けて、ショートというものを考えていた。

そこで、たまたま去年のヤンシナの受賞作を見た。
去年は「輪廻の雨」が大賞で、受賞者の年齢は27才だった。

嫌な予感というのは、他、三作佳作が出たが、いずれも受賞者の年齢が34才だった。
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2009/09-279.html

フジテレビは、自称35才以下とうたってはいるが、今まで35才以上の人、40才以上、50才以上の人が選ばれたことがあるのだろうか?

テレ朝の一昨年の大賞作の「ゴーストタウンの花」は、41才の人だったと思う。

嫌な予感というのは、年齢で35過ぎなら、その時点でアウトになってるのではないだろうか?
それとも、自分の力量の無さから、ひがみっぽく見えているのか?
それならいいのだが、ちょっとデータがないのでわからんが、佳作がいずれも34才というのが、かなり気になった

これは年齢詐称で送るべきなのか?
作品の質によっては、年齢、性別まで詐称した方がいいのか?

若いっていうのは、将来への期待値というのもあって、ある程度甘めに見られがちにはなるだろう。
逆に年を食えば食うほど、「なんだ、その年齢で、この程度のものしか作れんのか!」というのはあると思う。

確か、司法試験も、受験し始めて三年以内なら、受験して三年以上の人より優遇されるといか、同じ点数なら三年以内の人とか、という計らいのようなものがある。

このヤンシナにもそんな計らいというのがあるのだろうか・・・

老婆心ならいいのだが・・・


昨日は、作品いじれず
これで二日続けて空いてしまった。
本日こそいじりたいし、創作テレビドラマに向けてネタを捻出出来たらいいなぁ~

でも、ヤンシナも自称でも35才をとってくれないかな・・・
「龍馬伝」の龍馬役の福山さんだって40才ぐらいで龍馬はすでに暗殺されている年齢だし、アイドルだって、30過ぎが当たり前、キムタクさんだって35過ぎてるのでは?
お笑いの若手なんて30才でも若手だし、文芸って職人技だと思うから35才なんてひよこだよ

ヤンシナさん、お願いしますよ。
娯楽を年齢で見る人はいないよ!
ジェームズキャメロン監督が何歳か知らないけど、監督の年齢で作品みないでしょ!

年齢は結婚とかではあるかも知れないけど、
創作とか、スポーツだって四十過ぎの俺が100mを9秒で走れたら、オリンピック目指すよ!
ウサインボルトと真っ向勝負するよ!
スポーツは肉体的限界があるが、想像力に肉体的限界はないよ!

今年、受賞する人の中に40オーバー、50オーバーの人がいてくれると、ヤンシナも作品で選んでいる、と安心出来るんだけどなぁ~

20年以上続いている賞で40オーバー、50オーバーがいないというのはヘンだよ・・・
今年で第22回だもんなぁ~

コメント

離婚同居

2010-05-22 18:13:22 | みや文明の創作思考
今週の火曜日から始まった、NHKドラマ「離婚同居」
「八日目の蝉」のあとですね。



10分しか見れなかった。
阿部サダオさんに、サトエリと好きな役者さんだったのだが、見れなかったなぁ~
どうもつかんでくれなかった。

ほんとドラマははじめのつかみというのが大切で、つかんでくれないと見ていくのがかなりきつい。
こと、飽きやすい俺としては、初手でガツンとつかんで欲しかった

離婚にいたる経緯が、買い物から娘と帰ってくる妻のサトエリ、そこへ、夫でカメラマンである阿部サダにせんざい写真をとってもらった若い子に一言言われて離婚を決意・・・

弱い、弱すぎるだろう。
どうせなら、カメラマンとして良い写真を撮るためにモデルたちを自宅に招いてパーティーをするも、そういうのが苦手な妻が、パーティに来たモデルに店員さんみたいな扱いから、ただの使用人扱いへとだんだんエスカレートして、夫も酔って調子になって、悪のりして妻を使用人呼ばわりして、そんなことがいつもいつもでぶち切れて、妻が出て行き、そして、離婚!
というような、即興書きなのでこんなもんだけど、離婚に至るところで第一話でも十分だと思う。
離婚に踏み切るか、踏み切らないか、踏み切れない自分がいる、いつもいつもずるずるいってしまう自分がいる。
しかし、友人のアドバイスや励ましパーティーで、いつも支度をするばかりだった妻が、ゲストとして呼ばれて、おめかしして、そこで出会いもあって、自分にも世界がある、自分の前に世界が広がっている、
そう思って第一話のラストで離婚!
でも全然OKだと思う。

たった10分しか見てないからなんとも言えないのかも知れないが、今、録画して楽しみにしていたのだが、どうも、甘い、つかんでくれない、そんなはじまりだったなぁ~

箸にも棒にもかからないアマチュアの俺がいうのもなんだけど、
「八日目の蝉」が素晴らしかったから、コメディなら振り幅でみせるようなもの、なのにはじまりの振りも浅い。

ほんと企画会議にでも入れてくれないかなぁ~
編集者というか、そういう立ち位置でもいいから
もう少し良くなると思うよ!

といっても、一次も満足に通らないアマだからダメか
まぁ、一次落ちは俺にとっては勲章のようなものだ!
なんてったって大賞作に負けた感が得られないんだから←強気だなぁ

でも、今のままじゃダメだ!
一次を通らなくても、もっと面白い作品を書かないといかん。

ほんと、創作思考は日進月歩だなぁ~
今日は、どうも風邪が抜けきれないので、咳止めを買った。
思わぬ失費だったが、体調をなんとか万全にしたい。

本日は世界不思議発見にミステリーハンターの宮地真理子さんが久しぶりに出るので、見たいな
最近いいのは、やはり「ゲゲゲの女房」の松下奈緒さんもいいなぁ~
明日はサンデースポーツで廣瀬智美アナが出るし、
なんか気分がいいところで働きたいものです。
まぁ、ジムにいけば前向きな人たちに会えるから、明日が楽しみです

さて、作品作りはぜんぜんしとらん。
掃除して体が疲れているのでウトウトしていた。
咳もいがいと体力を消費するなぁ~

作品は作っているのを弄って、かつ、創作ドラマへ向けて、ちょっと創作思考をまとめたいと思う。
「ショートはドラマではない」という、まぁ、ドラマなんだけど長編を書くスタンスでは全くないということ。
ネタはないが、こんな感じで、というのはある。

六月〆切だからなぁ~
なんとか出したいな。

でも、「離婚同居」は見ない。
これで見るのは「ゲゲゲの女房」、「龍馬伝」、「新参者」かな。
あとは番宣やCMで十分雰囲気は見えるので、どうもなぁ~

中々、「八日目の蝉」を越えるのは出てこない感じがする。

さて、創作テレビドラマへ向けて、創作メモの整理をしよう。


コメント

オークス

2010-05-22 09:01:43 | 日記
三連複、三連単、併せて60点、六千円も買いました

三連複は、私の予想では、逃げ馬のアグネスワルツはかなり強いと思います。
人気も上位人気ではないのもいいし、明日の雨がどうでるか分かりませんが、2400m走って中々差してくる馬はいないような気がします。
アグネスワルツから、
コスモネモシン、アプリコットフィズ、ショウリュウムーン、オウケンサクラ、ニーマルオトメ、トレノエンジェル、エーシンリターンズ、アパパネ、サンテミリオンの36点買い。

やはり桜花賞組は強いのと、トライアルで府中を経験した馬、それとコスモネモシンとアプリコットは怖いのでそれを買う。

三連単は、二頭軸、アグネスワルツとショウリュウムーンから、
オウケンサクラ、トレノエンジェル、サンテミリオンで18点買い。

そして、元地方競馬出身、と現役地方競馬出身の
ウチパク(ショウリュウムーン)、アンカツ(オウケンサクラ)、戸崎(トレノエンジェル)の三連単を買う。

どちらも雨を経験しているのと、地方騎手はなんか雨に強そうなイメージがある。
特に人気はないが、スイートピーSの勝ち馬トレノエンジェルの戸崎騎手はやってくれそうな気がします←カンです。

オークスで怖いのは福永騎手ですね。
横山騎手はブエナビスタで先週GⅠをとりましたが、やはり牝馬に関してはあんまりイメージがないんですよね。

ここらで十万馬券を得ると生活が少しは楽になる

まぁ、60点も買う自体、
「見えないレースは買わないレース」といってもいいでしょう。
買ったのは、
「予想したら、買っとけ!」
から、買いました



さて、まだ咳が出るので、咳止めでも買ってきて、ドラマを作って行こうかな。

コメント