ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

四月総括

2008-04-30 20:14:28 | 日記
やはり、フジテレビ、ヤングシナリオ大賞落選!
一次も通らずは、かなりショックだったなぁ~
今まで一次は二回ほど通ったことがあるが、ここ数年それなりにいいかなぁ~というのが、一次も通らず!
今回のに至っては(ひかりの雫)、ある種、現代ドラマで描くには!と自分なりの理論、理攻めで2007年ではよくできたと思うのだがダメだった。

本日もドラマの売りを考えていたらちょっと短めなのが出来上がった!
しかし、小説を書こうと思っているのと似ている!
まずは小説を書いてから、いけるならもう一度フジのヤンシナへ向けて作るかも知れない。

まぁ、四月総括としては、四月も勉強だったかな。
しかし、小説ネタが1つ出来て、ドラマも見えている。
あとは書くだけ。

それとやはり三月から考えていたネタは凍結というかやめた方がいいのかなぁ~
ちょっと、拘りすぎてそれがかえって悪い方向へ出ている。

あとは昨日の釣りがめちゃめちゃ気分転換になったせいか、休日は創作で過ごせるかも知れない。
その前に直木賞受賞作の「私の男」を読んでおきたい!
芥川賞の「乳と卵」はドラマが見えなかった。
売りが見えなかった。
俺みたいな文章の読むのがヘタというか活字マニアではないので辛いものがあったなぁ~

兎に角、五月から1つずつネタを形に、作品にしていこう!
でないとなんか似てしまう。

これでもまだ学ぶことがあるのだろうか?
あとは発展系だと思うのだが・・・

五月からは設定ではなく作品を書いていくぞ!


コメント

本牧ふ頭

2008-04-29 20:50:43 | 日記
本日は飛び休日ですが、朝六時開店で、六時半には駐車場は満車!


そして、本日の釣果は、朝は岸壁でやっていたのだが、俺は坊主!
そして、昼になって沖桟橋にいったら、まいわしが大量に釣れていた!
ので、俺もいったら釣れた

↑途中でこのあと魚がはねて飛び出すぐらいはいった。
そして、もう1つのボックスにもいれた。

サビキでつっていたがはじめはカゴ網にこませをいれていたのだが、なくなってからは何も入れずに釣りをしたら釣れた
もう入れ食いでした。
正直飽きるほど!
仕掛けを海に入れたらすぐ釣れて、いれたらすぐ釣れてという状態!
しかもハリが5本ついているから、軽く3匹はついている。
タナさえ押さえればポンポン釣れる。
もう飽きるほど入れ食い状態!
おそらく250~300匹は釣ったと思う。

でも、良い気分転換になりました
やっぱ海はいいなぁ~

コメント

まずは、TBSドラマ原作大賞

2008-04-29 00:55:19 | 日記
小説、これ一本に絞って行こう!
TBSの連ドラ・シナリオ大賞にも目が行ってしまうが、今は確実に作品が見えてるのはどうみても小説向きだし、小説を書いたことがないといっていい。
一回、ヤフー向けとブログドラマでシナリオ形式をとらなかったものがあったが、シナリオはもう二十年やった!
そして、プロへはなれなかった!
それが現実!
かといって、小説がなれるか?といえばおそらく墓場まで持っていくだろう。
でも、俺がやっていきたいのは長編なのだ!
シュチュエーションやスタミナなしのパワープレイでこなせるショートではない。

しかし、連ドラ・シナリオは気になるなぁ~
まぁ、明日はちょっと釣りに行ってくるので、ワクワクして眠れん!
海が見れる!

いいなぁ~、海は

コメント

やっぱ大河はいいなぁ~

2008-04-27 21:15:21 | 日記

篤姫はほんと面白い!
面白くて、ああ、こんなドラマに携われる人はほんと幸せだなぁ~と感じる。

それと、昨日の「トップセールス」も本日見たが、やっぱNHKは浮いたところがないというか、まぁ、浮いた話しではないのだが、しっかりした脚本だなぁ~とつくづく感心してしまう。
脚本家は山本むつみさんという方だが、丁寧でうまいと思う。
しかも、オリジナルだもんなぁ~

がんばろ!


PS、
事前認証、いわゆる検閲つきですがコメント受けることにしました。
ここでドラマや小説、エンターティメントもろもろのコミュニケーションが出来ればいいかなぁ~と思ってます。

打たれ弱いので(二十年も落選すると打たれすぎて)、ひかりの雫をもし読んだ人がいたら感想など聞きたいものです。
まぁ、ジャンルなし、いわゆる軸なしといわれるかな。

ああ、誤字脱字はなしね

ちなみに、
今年、面白いドラマは
「篤姫」→ダントツですね!
「フルスイング」→終わってしまったが、サイコーでした、とくに好きだったのが第四話の「キャッチ」かな、帰国子女と英語教師の話はでしたね。
「未来講師めぐる」→フランクでよかった!
「鹿男あをによし」→おもろかったよ!視聴率はパッとしなかったみたいだけど。

今、見たいなぁ~と思う映画、
ほんとここ数年とレンタルの会員にもなってないせいか映画から遠ざかっていますが、今見たいのは、昨日めちゃいけで笑えて、なんか興味をもった「少林少女」
あと「紀元一万年」とかいうやつかな。
「隠し砦の三悪人」も見てみたいかな~

小説で読んでおすすめは
「犯人に告ぐ」や「天使と悪魔」「ダヴィンチコード」が面白いとよく行っているので、「女教皇ヨハンナ」もいっているかな。
結構、受賞作や話題作は読んでいるのかな。
海外の作品で「荊の城」「半身」も読んだし、児童文学っぽいけど映画化された「世にも奇妙なできごと」レモニースニケットは面白いよ!
あと、競馬が好きな人が読んでも満足していただけるエンターティメント作品として、松樹剛史さんの「ジョッキー」は面白いよ!

でも、俺はテレビっこでもなければ、漫画っこでもないし、小説っこでもない。
じゃぁなに?と言われたら、NHKのラジオドラマっこで、しかも青春アドベンチャー(昔はアドベンチャーロード)っこなので、ラジオドラマでいうと、最近は再放送ばかりで・・・
本日は、録音したが聞いてなかった萩原規子さんの「これは王国のかぎ」を聞いたが、イマイチだったなぁ~
ジュールベルヌの「皇帝の密使」にはかてないな!←俺がこの創作世界へ入るきっかけを与えた、見ようによっては残酷な作品だ!なんせそれ以来、二十年間落選しっぱなしなんだもん

でも、いい仕事、したいよね!

おっと長々と書いていたら時間が・・・
「私の男」も読まなくちゃいけないし、創作の方も・・・

風呂入ってがんばろ!






コメント

乳と卵

2008-04-27 11:16:50 | 日記
今年の芥川賞受賞作品を今、読んできた。
というか、速読っぽいマネで読んだのかなぁ~

感想は、本をベンチに置いておいたら、風がページをめくって終わった・・・
そんな感じだった。

内容が全く見えないというか、あれはなんだったんだろう。

よく言えば、ピカソの抽象的な絵かな?
わかる人にはわかるが、俺には良さがわからなかった。
少なくともピカソの絵には迫力はあるが、淡々とページをめくることしか出来なかった。

わからんなぁ~
小説っていうのは・・・

でも、わかったのは俺は映像向きな書き手ではないのではないか?
ということかな。
メンタル面を描きたいという気持ちがあるのかな。

次は直木賞受賞作「私の男」を借りてきた。
ゴールデンウィーク前に読みたいが、どうかなぁ~

でも、「乳と卵」から学んだことは、「好きなように書けばいい!」ってことかな。




コメント

悩みどころ

2008-04-26 21:30:53 | 日記
三月から考えていた設定が、なんとかドラマとして形を得ようとしている。
そして、理論を考えているときに、例えば話でわかりやすく考えたネタが、それも作品として頭の中に出来上がっていてラストも見えている。
今、この時期に二つのネタが見えてきた。

そして、1つの面白い募集要項を発見!
第一回TBS連ドラ・シナリオ大賞http://www.tbs.co.jp/rendora-scenario/
これは悩む!
第一回は出来ているが全話書かないと面白くない!というか評価が出来ない。
いわゆる内面もあるから・・・
ただ6月〆の10月発表はあこがれるが、三月からの作品は殺人ミステリーだと思うし、もう一つはノスタルジック的なものだと思うので一話だけのシナリオっていうのはちょっとなぁ~
これで落ちると全くの完結を見ずして落選は、自分の中で消化不良で怖い!
落ちるにしても落ち方というのがあるのかなぁ~

ただ、小説はけっこう募集が多く、要はフリーに作品を書ける、書いていけるというのが楽な気持ちになれる。
いつも10月のフジで4月に落選してまた、10月というサイクルは結構辛い!

さわりだけ書いて落選は今までにない落選を思い知らされるだろう。
まさに未体験ゾーン!

ここは1つの作品を完結させたいというのが理想かもしれん。
本当は持ち込みが一番なのだがなぁ~

長いことやると、若手と違うところは場数、場数落ちているのもそれは経験しないと得られない体験ではある。
一作ヒットで二作目書けないは長くやっていれば一作も当たらないが二作目は書けないなんてことはない。
ただ二作目も当たらんが
でも、目だけはこえてきているのは確かだと思う。

今はまず五作小説を書いてから、それから応募がベストというか、書かなくちゃいかんし書けなくちゃもっといかん。

まぁ、落選ばかりだけど書けないって事は俺にはないんだなぁ~と感じた。

ただ、つまらないだけだ

明日の競馬、フローラSはレッドアケードとシングライクバードが軸でそれで、買った。
去年はベッラレイア→ミスティエアーの馬単で一番ガッツリ稼がせて頂いたレースだけに今年もなんとか行きたいなぁ~

ほんと五月になるのに作品つくってないのもいかんな。
まずは五月は書いてみよう。
ゴールデンウィーク中に10ページでいい。
未公開ブログドラマのスタイルで書いていこう。
まずは書くことが大切!

コメント

ドラマは難しなぁ~

2008-04-24 22:36:16 | 日記
なんか結構、冷静にはなれた。
やはり長編小説を主戦場にしなければいけない。
自分が今まで書いた中では理にかなった形になった今回落ちた「ひかりの雫」は悪くはない。
しかし、審査員から見れば、ジャンルは?テーマは?とか、ようはそれがない!と言われるだろう。
長編ならもっと、長くのんびり心情も描けていたし、その中で青春の一ページ的なドラマとして作れたと思う。
どうも恋がはじまって成就するっていうのは、終わり方としてはいいが、そういう路線をはっきり作品に投影すればよかったのかもしれない。

まぁ、長編が主戦場になっていく中で、人間ドラマを描くのか?ミステリーを描くのか?冒険を描くのか?
またまたわからなくなってくるが、まぁ、ジャンルっていうのもなんだかなぁ~っていう感じがするが、それなりに入れていこうとは思う。

今年は応募にこぎつけることは出来ないかも知れない。
創造性のないグチしか出てこない職場で息をするのは辛いが仕方ないのかなぁ~
逆に教えるのがうまくて作るのがヘタなのかなぁ~とも思う今日この頃。
名選手、名監督にあらず。で選手としてはダメだったけど教えるというかサポートではいい!というのもあるからなぁ~

三分間ぐらいラストフレンズっていうのを見たが、これはよくできた丁寧なドラマの味がしたなぁ~
ネタは最近言われる恋人ないでのDV、いわゆるデートDVがネタなのかな。
まぁ、俺のカラーではないかな。
でも、今、ちょっと書けるかな、と思うネタはDVもありきのネタだな。

兎に角、書くことだ!
三月から練っていたネタは中々、動いたかなぁ~と思いきや、「ああ、これは壁だな~」というのがある。
でも、なんぼかネタがあるからやっつけられるのから、最低100ページ以上を目標に書いていこうと思う。
ゴールデンウィークには今、考えているのは書き始めることが出来るだろう。


コメント

スケールはでかく

2008-04-23 22:51:13 | 日記
夢は大きくスケールはでかくもつ方がいい。
でないと、その小ささに虚しくなってくる。

目指すなら江戸川乱歩賞、宝島の「このミステリーが凄い」を目指すべきだ!
どうも、シナリオ、シナリオって来ているせいか、どんどん小さくなっているような気がする。

TBSが今年の目標ではあるが、来年の「このミス」五月〆切、そして再来年(2010年)の江戸川乱歩(一月〆切)を目指すべきだ!

確かにつまらんのかもしれん。
こんだけ理攻めで創作している奴もいないと思うが、やはり、肉の焼き方だって、ただ焼くのではなく、しっかりとして手法=理論というものがそこにはある。
と俺は思っている。

まぁ、冷静に考えると一生、プロになれないだろう。
あの職場で年老いていくのだろう。
しかし、あきらめない。
自己満足は嫌いだから、なんとか発表はしたいが、やはりあきらめない!

スケールはでっかく、負けるんならでかい相手と戦いたいもの。
小さい相手と戦って負けるのは、忍びないものだ。

今は作品を書くことしか出来ないのだから、書こう!


コメント

ああ、でも、

2008-04-23 02:28:55 | 日記
小手先だなぁ~
確かに作品が小手先だ・・・

賞に出す前に(賞には出すけど)、もっと自分が楽しめる作品を書こう!

ネタの整理もしたし、ちょっとこのゴールデンウィークは、やろう!


コメント

フジテレビ、ヤングシナリオ落選!

2008-04-23 02:13:21 | 日記

何もこんな時間に・・・
たまたまフジのドラマにいったら第20回ヤングシナリオの一次、二次通過作品がのっていた・・・

俺のはなかった・・・
「ひかりの雫」と「勇気ある逃走」の二作応募した中で、「ひかりの雫」は、書いた時点ではいい出来だったのだが
二作品ともHPにアップしましたので、どんな作品か興味のある方は見てみてください。
まぁ、一次も通らなかった作品になってしまった・・・

これで、今年はマジでがんばらなくてはいけない。
設定作りから進まなかったネタもなんとか壁をぶち破れそうだし・・・
ああ、でも、深いキズを受けた~
このキズを癒すためにも作品を作らなくては
作品だけが俺のキズを癒してくれる。

目標はTBSドラマ原作大賞において、今、今年の芥川賞の「乳と卵」を借りてあるのでそれを読んで、直木賞受賞作の「私の男」の予約が回ってきたのでそれも読んで小説の勉強をしよう。

確かに「ひかりの雫」は小説のネタのつもりだっただけに今思えば言葉少ないが、それだけではないな・・・

でも、ほんと賞を目指すのは恐ろしいなぁ~
この落選というか奈落に落とされるのはどうも何十回と落とされてもなれない・・・
体が震えてるよ・・・
もう、寝よ。



ああ、チクショー!
まぁ、もう過ぎたことだ!
ようは面白いのをかけばいいだけ・・・
炸裂した作品を作ってみろ!


コメント