ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

二月

2006-02-28 00:57:57 | 日記
風邪ではじまり本を三冊ぐらい読んだのかな?
あとはトリノ五輪を見ていたかな。
創作は堂々巡りをしないように復習を少々・・・それだけかな。
なんかモチベーションがあがらんなぁ~
今度こそと思っていることが出来そうにないからかな?
三月はBS-iと花火のような作品を一作書かなければいけないがなんのビジョンもない。
アイデアは枯渇している状態なのだから、今こそ丁寧にドラマを作らんといかん。

まぁ、二月はあっという間に終わってしまった感じがするなぁ~
でも、二月はこんなもんでいいでしょう。

三月は何が何でも一作は作らんといかん。
バイトがある内に一作は作らんといかん。
なかなか作品を作るというのは難しいものなのかなぁ~
コメント

絶対悪

2006-02-27 20:49:16 | 日記
う゛う゛・・・
悪だ!絶対悪だ!
今週は魚を中心に食べていこうと思って、家に帰ってきてスーパーにいったのだが、月曜は百円均一の日なのでなんとか野菜や魚を買ってこようと思った。
そして、秋刀魚も二匹で百円だったのだが、マグロの頭が250円が半額になっていたので、グロテスクだけどマグロのかぶとといったら目玉はトロットロだし、ほほ肉はおいしいっていうし、ぜひ食したいと思い買ってきて煮てみたのだが生煮えで、そうだ!マグロは焼くんだ!と思い焼いてみようとしたらガスコンロにマグロの頭が入らず、結局洗い物が沢山増えて捨ててしまった。
かぶとを二つ買って250円を捨てた!
ああ、ショック!
缶コーヒーでさえ自動販売機で買う事なんて出来ないほど貧乏というか、安く安く生活費を抑えてがんばっていこうと思っていたのに、食べれずに結局生ゴミにするしかないなんて・・・悪だ!悪以外何物でもない。

今の俺に料理の応用は出来ない。
まずはきょうの料理で学んでそれから初めて応用が出来るのだ。
コメント

クローズドノート

2006-02-26 23:17:48 | 日記
今週はクローズドノートをぜひ読み終えたい。
本日、日本ファンタジー大賞受賞作の「金春屋ゴメス」を読み終えて、「クローズドノート」を読んで来週からまずはBS-iへの応募作を考えて見たい。
なんか出来そうな気もするのだが、どうだろう。
肝心要のものがないので厳しいかな・・・
それと40ページ程度の作品を作らなければいけない。
そういう意味では三月五週間あるがかなり厳しい。
BS-iはイメージさえ出来れば三日もあれば30ページやっつけることが出来るが、問題は40ページのドラマだ。

しかし、今週はサッカー日本代表のボスニア戦がある。
また、Jリーグも開幕し、今年は横浜Fマリノスを応援したいと思う。
やはりドイツW杯の為にもドラゴン久保にがんばって欲しい!
J2では横浜FCを応援したいが、東京Vもラモス監督が面白そう。
監督が気合いはいっていても作戦というものがないと気合いだ気合いだだけではチームは強くならないし、一応コーチに前ベガルタ仙台の都なみさんがいるから、でもどうなるんだろう。
週末はクラシックトライアルがあるし、WBCもあるのだがどうなんだろう?
プライドもあるし、トリノ五輪は今夜未明に閉幕するが三月もスポーツは面白いし、でも、ドラマを作らんといかん。

とにかく、今週は待望の「クローズドノート」を読み終えたらいいかな。
それと何を作るかおぼろげでいいからイメージが見えてくるといいなぁ~
それをバイト先で暇なときに考えよう。
とにかく、三月でおそらくバイト更新はもらえないと思うので仕事がある内に作品を。

あと食生活が最近、挽肉ばかり食べていて、挽肉も肉なのでもっと野菜と魚を食べないといかん。
去年までは豚こま100g100円が食えていたのだが、最近は鶏挽肉100g88円が半値になって初めて買えるようになった。
どんどん貧乏になっている。
今週はディスカウントでカップ麺が安かったので買ったが、それでもカップ麺なんて買って・・・贅沢してるなぁ~と思ったが、そういえば新商品でそばで太麺と細麺が入った食感を楽しむカップ麺が発売されたが、実は去年フジに応募したのに主人公がラーメン屋をやるというので太麺と細麺のコラボ麺というのを作品の中で描いているので、まさか同じ事を考えている人がいたのに驚いた。
もっとも細麺と太麺の食感を楽しむのは私は20年前からやっていたのだが・・・
貧乏な私はラーメンは必ず一回に二袋食べる。
野菜とかトッピングが何もないと素インスタントラーメンを食べるので同じメーカーのラーメンを茹でて食べるとなんかただ量があるだけで面白みがないというか飽きてしまうので必ずメーカーを別々なものを一緒に茹でるようにして、メーカーによって麺が柔らかいのやらノンフライ麺だと固いので一緒に茹でると明らかに食感が違うので、その食感のちがいでラーメンだけ食べていたので、そのアイデアを作品に反映したのだが、まさか赤いきつねを出しているメーカーが出すとは思わなかった。
アイデアの盗作のようなせこいことはしませんよ
でも、その作品は安易な作品なのでもう落ちてるかな?
まぁ、新作を書いて、応募作も書いたらまたHPで公開しますけど・・・

まぁ、今週は魚を食べよう。
秋刀魚が安いので秋刀魚を食べよう。
コメント

中山記念、阪急杯予想

2006-02-25 23:41:47 | 日記
本日のアーリントンCで三連複当たり!
ぜひ押せ押せで明日も当てたい。
レース前で変わるかもしれないが枠順を見て、中山記念三連複予想。
軸:ダイワメジャー
流し:グレイトジャーニー
流し:ヴィータローザ
流し:ハットトリック
流し:カンパニー
流し:ダンスインザモア
流し:エアメサイア
と15点買いになるが、やはり今年初戦の馬もいるので馬体重、馬場が気になる。
これといった逃げ馬がいないのでスローペースで展開するだろう。
すると前が止まらない感じになり、出遅れクセのあるダンスインザモアは消しか?
エアメサイアは前々で勝負出来ると思うので三着には食い込みそうな気がする。
バランスオブゲームも馬体重を見ていれるかもしれない。
ハットトリックは府中ならくるかもしれないが中山でしかも59キロでハイペースにはならないからこないかもしれないが鞍上がペリエなので押さえたい。
流しで消せるのはダンスとヴィータかな。
それに変わって前々で勝負できるバランスをいれてもいいが明日次第かな。

阪急杯予想。
軸:コスモシンドラー
流し:ビッグプラネット
流し:グランリーオ
流し:オレハマッテルゼ
流し:タマモホットプレイ
流し:ロードマジェスティ
流し:コスモサンビーム
の15点買い。
こちらはローエングリンとニシノデューが逃げると思うので差しが利くかもしれない。
すると三着までにコスモシンドラーが食い込んでくるのではないだろうか?
おそらく人気も低い分、自分のレースが出来ると思う。
鞍上もアンカツというのが魅力的だ!
それともオレハマッテルゼを軸にした方がいいのか?
でも、高配当を狙うのなら軸はコスモシンドラーかな。
アンカツが中山記念GⅡのヴィータローザではなく、阪急杯GⅢの条件戦を勝ったコスモシンドラーに乗るのは最初から決まっていたからか?それとも阪急杯を勝って高松宮GⅠにいけるのか?

そう、ここで忘れてはいけないのが、穴馬を切るな!
外れるのなら穴を狙って外れよう。
コメント

アーリントンC

2006-02-25 15:22:18 | 日記
これが最後のかけになってしまうのか!
アーリントC三連複予想。
軸:ステキシンスケクン
流し:コンゴウキリシマ
流し:アマノトレンディー
流し:ロジック
流し:アドマイヤディーノ
流し:キンシャサノキセキ
の10点買い。

今日はラーメン二郎に初めていった。
大盛りを頼んだら凄い大盛りだった!
どんぶりに山のように麺ともやしと肉の塊がてんこ盛りで箸をどこからつければいいのかわからないほど、いや、見ただけでお腹一杯になって食欲が一気になくなったがせっかく作ってくれたものを残すのは失礼だし、貧乏育ちの為、食べ物を粗末にするのは絶対悪だ!と思っているので、とりあえず食べ始めるも三分の二は食べたと思うが後は胃の中にとても入らないのでお店の人に謝罪して店を出た。
ほんとどんぶりにドッチボールが入っているぐらいの量があって、とても胃の中にドッチボールなんてはいんないし、入ったら妊娠してるんじゃねぇ~か?って思われても仕方のないぐらいの量だった。
行列の出来るお店なのだが、本日は食べることで精一杯なので味を味わうということが出来なかった。
せっかく体重も69キロ強ぐらいになってきたのに、71キロぐらいにもどってしまったのではないだろうか・・・ざんねんだなぁ~
でも、明日は食べなくてもいいかな。
ほんと凄い量だったなぁ~
今度はじっくり味わいたいな。

いい加減、減量のせいかもあってもう大盛りや食べ放題は俺には無理だということを自覚しなければいけない。
コメント

トリノのオリンピックの女神は荒川にキスをしました。

2006-02-24 09:41:17 | 日記
スルツカヤの演技が終わり、荒川選手の金メダルが決まったときのNHKアナウンサーのセリフだが、中々おしゃれなセリフだなぁ~と思った。
それにしても凄い人もいるなぁ~
女王スルツカヤは転倒してしまったが演技を終えても観客に笑顔で答え、女王として振る舞っていたのもなんか良かった。
ソルトレイクでは採点に泣いていたが今回は本人も悔しいと思うがソルトレイクより気分はいいのでは?
安藤選手も四回転に果敢に挑戦し、自分のカラーというのかな、代名詞をオリンピックの舞台で転んではしまったがやれたのは良かったと思う。
ハーフパイプの今井メロ選手も腰痛を抱えている中、自分の名前のついた大技、メロウフリップを出したし、四年後バンクーバーに向けての布石にはなったのでは?
でも、荒川選手も得点に関係ないイナバウアーという上体を反らす技をやったし、またそれで採点に関係なくても観客の歓声が上がったときは、嬉しかったのではないかな?

それにしても、金メダルとは凄いなぁ~
長野に初めて出て、ソルトレイクでは選ばれずにトリノで金メダル。
しかも、得点は今までで自己最高得点を叩き出すなんて凄い。
やはり自分の代名詞があるというのはいいなぁ~

いやぁ~、それにしてもおめでとうございます。
きっと多くの日記を書く人が今日のことを書くでしょう。


そうか、開会式でパブロッティが歌った曲か!
ほんと運命を感じるなぁ~
コメント

BS-i

2006-02-21 23:06:48 | 日記
BS-iのシナリオ賞があるそうな。
〆切は三月中旬で枚数は30ページかな。
30分ドラマだが非常に難しい。
決まり事としてもっともやっかいなのが"携帯電話を魅力的に使う事”だ。
いろいろ考えてみたが魅力的に使えない
シュチュエーションドラマがかけても長編書きにはなれないと思うのであまりやるべきものではないが、まぁ、遊びのつもりでやってみようかな。
でも、携帯電話を魅力的に使うのは難しい。
携帯電話風刺ならともかく魅力という真逆なことは俺には出きんかな。
それでも何か形になれば30ページだし出してはみたいかな。
一応、バイト先で暇な時考え事をするにはいいかな。
でも、本線は完全映像を意識した作品が目的なのだが、中々うまくいかんというかイメージ出来んなぁ~

でも、このBS-iの条件は結構きついと思う。
ありきたりだが犯罪なら写メール、画像が出てくると思うし、ホラーなら「着信あり」みたいなのが(俺は見てないけど)あると思うし、ちょっと難しいなぁ~
昨日考え初めていろいろキーは出てきたのだがそれに見う・・・がないのだ。
それさえ出れば今週中にでも終わらせられるが、今週来週は最後の読書週間なのでまぁ、出せたら御の字かな。
とにかく、バイト中に考える事が出来ただけでもいいのかな。

コメント

なかなか

2006-02-20 20:54:48 | 日記
うまくいかん。
本日はバイトが比較的暇だったので次の作品へ向けてちょっと考えてみた。
が、何も出んかったなぁ~
どうも、もしかすると来月まではバイトあるかなぁ~と思ったのだが、もしかしたら今月で終わってしまうかもしれない。
まぁ、なくなったらなくなったで仕方のないことだが、バイトがある内にどうしても一作は作っておきたかった。
出来れば去年学んだことを作品に反映出来ればと思っているのだが、中々うまくいかん。
それにしてもほんと日持ちしない労働者だなぁ~
賞味期限前に腐っていくなぁ~俺は。
まぁ、学も能力もないからなぁ~
社会不適合者日本代表のようなもんだからなぁ~
中々、プロへの足がかりは得られんし・・・

と嘆いていても何にもならん。
とにかく、まずは一作。
昨日は堂々巡りしないようにちょっと復習をやってみてが、それなりに有意義ではあったが、休みなのに休みがないのは辛いなぁ~

なんか面白い!なんどもリピートしてしまうような作品が作れたらいいなぁ~

でも、今週来週は本をしっかり読まないとな。
コメント

そろそろ

2006-02-18 23:44:05 | 日記
まじ考えなければいけない時期になってきました。
読書は「クローズドノート」が借りれるのでそれを含めてあと二冊読んだら作品を一本作り終える迄、読書はお預けといっても、その次に日テレがくるので読書は七月になるのかな?
でも、「野ブタを。プロデュース」をこの時期に読んでおいたのは実に良かった。
やはり、安易なコメディや娯楽に走ってはいけないと思った。
基本的に説教的なものは個人的にこのまないのだがその要素を取り入れて、シリアスにまとめればいいと思ったし、賞に応募する作品はそういう作品がいいのではと思った。
「わーい、楽しい~なぁ~」的なものは賞受けしにくいんじゃないかなぁ~と思った。
今は映像のみのドラマを書きたいのだが、文章ではなく絵コンテで描く感じのシナリオを書きたいのだが、日本テレビはシリアスを一作、フジにもシリアスを必ず一作入れて応募すること。
テレ朝もシリアス。
とにかく、シリアスかな。
出来れば自分のカラーを具現化出来ればいいのだが、未だにカラーを反映できずだしなぁ~
とにかく、三月第一週で読書は終わりにして、三月二十日までにイメージして三月末には今年の初作品を作りたい。
それをたたき台にして、日本テレビへ向かいたい。

けど、バイトもいつクビになるかわからないので、ほんと今年は厳しいなぁ~
おそらく、三月はバイトがあるかもしれないので三月中に一作は作っておかないといけない。
コメント

野ブタを。プロデュース

2006-02-18 00:51:55 | 日記
を読んだ。
はじめは主人公を紹介に40ページついやされたが、正直、あまり面白さを感じなかったが野ブタが出てきてから、話が動き始め、そして、ラストまでは一気に面白くなった。
読み始めたときは、正直、面白そうと感じなかったが読んでいくと読み始めの主人公の紹介も「ああ、なるほどな」と伏線になっていたのかと思い、ドラマがある本だった。
これはテレビドラマになって今では図書館でも予約率が高い作品だが、前に読んだ同じ予約率の高い「さくら」より、ドラマがある分俺は好きだったし、作者は21才なのに洞察力というか思考力が高いなぁ~と思った。
安易な娯楽に走りたがる俺とは全然違うなぁ~と思った。
この白岩玄さんの次回作にもぜひ期待したい。
良くまとまった作品でした。

テレビドラマのラストはどうしたんだろうか?
見なかっただけにわからないが、この原作の終わり方をそのまま使ったのかな?
いやぁ~、でも、普通、読み始めでそれが面白いかつまらないかだいたいわかるのに、これは意外だったなぁ~
いい意味で肩すかしを食った。
読み始めがちゃんと伏線になっていたのが良かったのかな。
それなら、主人公に40ページもさくのは理解できる。
いやぁ~、面白かった。
読めば誰でもわかることを書くのは芸がないが、この作品は起承転結があって二重構造になっているところが面白いと感じるところかな。
ただのマイフェアレディではなかったところが良かった。

機会があれば日テレで放送したのも見てみたいかな。
視聴率も、なんかCDも売れたみたいだし。

コメント